勇志国際高等学校、アバターで登校できるコース開設–高卒資格も取得可能

今回は「勇志国際高等学校、アバターで登校できるコース開設–高卒資格も取得可能」についてご紹介します。

関連ワード (「GIGAスクール構想」で進化する教育現場、CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 アオミネクストは、勇志国際高等学校のコース「メタバース生」の企画とシステムの構築を行ったと発表した。勇志国際高等学校は、地域や時期を問わずに入学できる広域通信制高等学校。メタバース生の生徒はアバターで授業を受け、卒業時は高校卒業資格を取得できる。

 メタバース生では、生徒全員に仮想現実(VR)機器を貸与し、ホームルーム、グループディスカッションやプレゼンテーションなどの協働型学習をメタバース空間内で行う。VRプラットフォームにはプラネタの「Planeta」などを採用している。生徒は、コミュニケーションツールとしてメタバースを活用するだけでなく、メタバース/VR空間自体の作成についても学べる。

 通常の通信制高校のカリキュラムでは、テキストでのコミュニケーションが中心で他者との関わりが薄くなる傾向があるが、3D空間を積極的に活用することで、気の合うクラスメートと出会える環境を整備する。年間行事も複数準備しており、メタバース空間内で出し物を企画・実施する文化祭「勇志祭」やeスポーツ大会などを設計し、オンライン上でも企画力や実行力、協調性の育成を図る。

 座学の授業は、勇志国際高等学校の学習ソフト「you-net DX」を用いて行う。リアルタイムに配信される「ネットライブ授業」に加え、大学受験や各種検定の対策、中学校範囲の復習など生徒が自身の目的に応じて視聴する「オンデマンド授業」も用意している。ネットライブ授業でも生徒自身の顔を映す必要はなく、アバターを表示して受講できる。

 アバターは学校側が無料のものを数種類案内するほか、外部サービスから有料のものを購入して使用することも許可している。実際の性別とは異なるアバターを選択することは可能だが、学校でのコミュニケーションツールという位置付けのため、勇志国際高等学校は人間の姿をしたアバターを推奨している。

 メタバース生は2024年4月の開始を予定しており、現在生徒と保護者向けのオンライン学校説明会を開催している。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
マイクロソフト、航空宇宙業界など狙うマルウェアを注意喚起
IT関連
2021-05-14 20:33
今週の記事ランキング(2021.7.11〜7.15)
IT関連
2021-07-17 05:41
スパコン「TOP500」、米「Frontier」が首位を維持–「富岳」は2位
IT関連
2022-11-19 11:40
SSHを使用してリモートの「Linux」マシンに接続するには
IT関連
2024-03-08 11:20
HomePod miniは湿度温度センサー搭載 用途は不明
ロボット・AI
2021-03-24 15:59
くすりのマルト、公式アプリを開発–健康促進の支援見据える
IT関連
2022-09-22 07:17
Fastlyの大規模障害、原因はソフトウェアのバグ 提供会社が説明
クラウドユーザー
2021-06-10 06:22
AIにビジネスの常識を組み込むことはできるのか–効果的に生かすには
IT関連
2022-02-26 00:36
酵素ベースの独自技術でプラスチック汚染の終結を目指す豪Samsara Eco
IT関連
2022-03-26 14:16
「シン・エヴァ」興収82.8億円、「シン・ゴジラ」超える
くらテク
2021-05-07 08:54
インテル、12量子ビットチップを発表–研究施設に提供へ
IT関連
2023-06-17 13:51
AMD、売上高99%増の好決算–見通しも明るく
IT関連
2021-07-28 12:19
女性起業家を支援するデル幹部に聞く–「“女性”起業家」と言われなくなる日
IT関連
2023-09-13 06:57
ノーブルホーム、クラウド型ワークフローで全社の申請業務を効率化
IT関連
2023-04-20 12:54