グローバルなデータセンターの電力消費量が4年で2倍以上に急増、国際エネルギー機関が予測。今後のAI分野の競争は電力調達が勝敗を握るようになるか?

今回は「グローバルなデータセンターの電力消費量が4年で2倍以上に急増、国際エネルギー機関が予測。今後のAI分野の競争は電力調達が勝敗を握るようになるか?」についてご紹介します。

関連ワード (十分、進化、関連予測等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


国際的なエネルギー安全保障や経済成長、環境保護などを掲げるIEA(International Energy Agency:国際エネルギー機関)は、2024年から2年後の2026年のエネルギー関連予測を記した「Electricity 2024」において、グローバルなデータセンターの電力消費量は2026年には2022年の2倍以上に急増するとの予測を明らかにしました。

この電力消費量は日本全体の電力消費量に匹敵するとのこと。

figIEA (2024), Electricity 2024, IEA, Paris, License: CC BY 4.0

同機関はこの予測の中で、データセンターにおける電力消費の急増を抑えるには、効率化を含む規制の更新と技術的改善が不可欠であるともしています。

該当箇所のエグゼクティブサマリーを引用します。

Electricity consumption from data centres, artificial intelligence (AI) and the cryptocurrency sector could double by 2026.
Data centres are significant drivers of growth in electricity demand in many regions. After globally consuming an estimated 460 terawatt-hours (TWh) in 2022, data centres’ total electricity consumption could reach more than 1 000 TWh in 2026. This demand is roughly equivalent to the electricity consumption of Japan. Updated regulations and technological improvements, including on efficiency, will be crucial to moderate the surge in energy consumption from data centres.

データセンター、人工知能(AI)、暗号通貨による電力消費は、2026年までに倍増する可能性
データセンターは多くの地域で電力需要増加の大きな原動力となっている。2022年に世界全体で推定460テラワット時(TWh)を消費したデータセンターの総電力消費量は、2026年には1000TWh以上に達する可能性がある。この需要は日本の電力消費量にほぼ匹敵する。データセンターによるエネルギー消費の急増を抑えるには、効率化を含む規制の更新と技術的改善が不可欠である。

長引くロシアによるウクライナ侵攻やイスラエルによるガザ地区への攻撃による中東地域のル安定化は、天然ガスや石油を中心とするグローバルなエネルギーの調達網にとって大きな不安定要因です。

こうした状況で、今後3年間で2倍に急増すると予測される電力の調達は楽観視できるものではないでしょう。大手クラウド事業者やデータセンター事業者にとって、安定的な電力の調達は、今後の成長にとって優先的な課題となりそうです。

今後はAIを動かす大量の電力調達が競争力となってくるか

特にAIの分野における電力消費量の急増は非常に大きなものになることが確実視されています。

OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏は、1月に行われたダボス会議において、今後のAIの進化は「There’s no way to get there without a breakthrough」(エネルギー面でのブレイクスルーが欠かせない)と発言しており、核融合発電に注目していることを明らかにしました。

これはマイクロソフトが世界で初めて、2028年から核融合電力を購入する契約を米ヘリオン・エナジー社と結んだことを念頭においた発言と見られています。

日本国内においても、データセンターにおけるAI分野の電力消費は2027年には現在の1.5倍になるとIDC Japanが予測しています。

現在、AIの活用や進化には大量のGPUもしくは専用のAIチップの調達が競争力の面で重要とされ、大手クラウドベンダやデータセンター事業者は独自のAIチップの開発やNVIDIAからの調達を積極的に行っています。

しかし十分なチップが供給されるようになると、次の段階はその膨大なチップを動かすための大量の電力の調達こそが重要になってくる。サム・アルトマン氏の発言とマイクロソフトの動きは、すでにそうした先を見据えて動き始めていることの裏付けでしょう。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
グーグル、気候変動に取り組む新興企業への支援プログラムを開始
IT関連
2022-12-10 18:57
THK、数百万件の製品情報を一元管理–散在するシステムをノーコード開発基盤に統合
IT関連
2022-05-03 22:40
Valve、Nintendo Switchのようなゲーム機「Steam Deck」12月発売へ 399ドルから
製品動向
2021-07-17 05:40
Facebook、イランのハッカーによる活動に対処–米航空宇宙産業や軍需企業など標的
IT関連
2021-07-16 15:52
さくらのレンタルサーバがリニューアル、価格据え置きで最大で性能5倍の新サーバ提供へ。既存ユーザーの移行も可能
クラウド
2022-01-18 11:14
都市部-郊外移動向けの大型4人乗りeVTOL「VoloConnect」を独Volocopterが発表
モビリティ
2021-05-19 07:12
札幌市、紙帳票のデータ化サービスを実証–精度・時間・費用の全てを評価
IT関連
2022-12-07 22:56
ランサムウェア攻撃で190万人分の医療情報が流出のおそれ–米債権回収会社で
IT関連
2022-07-16 10:16
ウエルシア薬局、広告サービス基盤を導入–買い物客の興味関心に合った広告を配信
IT関連
2024-02-27 08:06
リアルタイムに人材データを把握–データドリブンなタレントマネジメントを支援
IT関連
2021-02-04 11:44
部門間の「溝」を乗り越える共通の認識と言語の力
IT関連
2023-11-17 15:43
日本HP新社長が「第2の創業」を打ち出した理由
IT関連
2022-01-22 14:03
ドコモと徳島県、5Gなど活用の遠隔医療支援システムを県立病院に導入
IT関連
2021-03-23 03:26
現金払いの住宅ローン融資を提供するUpEquityが約26億円を株式と負債で調達
フィンテック
2021-02-15 15:19