三菱商事、グループ経費精算システムを採用–営業費精算プロセスを効率化

今回は「三菱商事、グループ経費精算システムを採用–営業費精算プロセスを効率化」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 三菱商事は、グループ経費精算システム「Ci*X Expense」を採用し、2024年秋に稼働を開始する計画だ。電通総研が2月6日に発表した。

 三菱商事では、社員が価値創出に注力できる環境整備に向けて業務プロセスの改革に取り組んでいる。その一環として、営業費精算業務プロセスの見直しと新システムの導入を決定した。複数のシステムとベンダーを比較した結果、電通総研が提供するCi*X Expenseの採用に至った。

 Ci*X Expenseについては、豊富な入力支援機能によって申請不備が低減され、業務効率化が見込めると評価。また同社の業務内容をシステムの標準機能に合わせるFit to Standardを実現できることや、Ci*X Expenseの標準機能だけで必要となる業務要件のほぼ全てに対応できることも採用のポイントとなった。

 三菱商事は、電通総研が開発・提供する連結会計ソリューション「STRAVIS」のユーザーであり、連結会計領域での支援経験による三菱商事の組織や業務への理解度の高さも評価された。

 自動仕訳システム「Ci*X Journalizer」も同時に導入する。これによって、会計仕訳の自動作成や会計システムへのデータ連携、人事システムなどの周辺システムとのマスター連携などが、回数やタイミングに制約なく、ノンプログラミングで実現できる。

 Ci*X Journalizerは、Ci*X Expense以外の業務システムと会計システムのデータ連携も実装可能で、同社ではCi*X Journalizerの利用拡大も検討しているという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
今がオープンソースから「ポストオープン」へ踏み出すとき。オープンソースの中心人物ブルース・ペレンズ氏が提案する、開発者にお金を分配できる新たな仕組み[前編]
オープンソース
2024-04-16 07:12
代替タンパク質開発の豪v2Foodがアジアや欧州進出に向け約58億円調達
フードテック
2021-08-09 15:37
水ing、業務デジタル化で2000人のワークスタイルを変革
IT関連
2021-08-19 06:39
オーシャンテックを育てるOcean Solutions Acceleratorが2021年から後期段階のスタートアップも対象に
EnviroTech
2021-04-11 11:53
IPA、ウェブサイトの脆弱性対策ガイドを8年ぶりに改訂
IT関連
2021-03-31 10:11
「Linux」ならではの魅力–「Windows」や「Mac」にはない優れた機能
IT関連
2022-09-15 08:30
M1 iMacのイエロー、 オレンジ、 パープルはApple Store専用販売
IT関連
2021-04-24 23:28
セレブラスのCEOに聞く、オープンソースでのGPTモデル公開の意義
IT関連
2023-04-06 03:50
いらすとや風のイラストを生成する「AIいらすとや」が正式提供–商用利用も可能
IT関連
2023-08-12 04:07
アップル、最新OS「macOS Sonoma」を発表–ウィジェットのカスタマイズ強化など
IT関連
2023-06-07 19:05
日本銀行が「中央銀行デジタル通貨」(CBDC)の実証実験を開始
フィンテック
2021-04-06 02:28
愛犬家のためのD2Cブランド「WON」が高級おやつの試食セット「ワンソナライズ・キット」を販売開始
フードテック
2021-08-12 04:43
ロボットが飲み物をオフィスにお届け、セキュリティゲートを認証カードで通過 三菱地所が実験
ロボット・AI
2021-02-23 08:02
H2Oと阪急阪神百貨店、「workhub」でオフィスをまるごとデジタル化
IT関連
2022-12-03 05:14