「macOS Sonoma」の「画面共有」機能を使う–別のMacに接続するには

今回は「「macOS Sonoma」の「画面共有」機能を使う–別のMacに接続するには」についてご紹介します。

関連ワード (macOSを使いこなす、特集・解説等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 使わなくなった余分な「Mac」が手元にある人はいるだろうか。古くなった「MacBook」、ディスプレイやキーボードのないデスクトップ(「ヘッドレス」システムと呼ばれる)を持っている人もいるかもしれない。アプリケーションのテストを検討しているソフトウェア開発者、ローカルのMac上の仮想マシン(VM)やコンテナーではなく専用のマシンで、リソースを大量に消費するアプリを実行したい(あるいは、それらのアプリをリモートで実行したい)と考えているソフトウェア開発者もいるのではないだろうか。ローカルまたはリモートネットワーク内の別のMacユーザーをリモートで支援する必要性が生じる場合もある。

 個人的な非商用利用の場合は無料で使用可能な「TeamViewer」や、Edoviaの優れた仮想ネットワークコンピューティング(VNC)ベースの「Screens For Mac」など、いくつかの商用アプリケーションが存在する。Screens For Macは、「iOS」および「Windows」クライアントのサポートを含むマルチプラットフォームの統合制御を提供する。ただし、忠実度が高く、ローカルに近いデスクトップ速度の接続を使用して、別のMacからリモートでMacに接続したい場合は、「macOS Sonoma」に標準で搭載されている、強化された「画面共有」アプリケーションを使用することができる。

 macOSは、2021年のバージョン12.1で「SharePlay」を導入して以来、「Facetime」経由の画面共有をサポートしており、2007年のバージョン10.5からVNCサーバーのサポートを提供している。「Apple Remote Desktop」(80ドル)は大規模なIT環境を対象としている。VNCは無料で広くサポートされているが、最も高速で高品質なリモートデスクトップ体験を提供できないこともある。グラフィカルなアプリを使用する場合は、特にそうだ。

 Sonomaの新しい画面共有アプリ(バージョン4.1)がFacetimeから切り離されたことで、ユーザーはVNCとSonomaシステム固有のより忠実度の高い接続を通して、リモートのMacに接続できるようになった。これによって、ギガビットの高速ネットワーク上でネイティブのデスクトップに近い応答性を享受することが可能になり、グラフィックを多用するアプリの体験も向上する。

 画面共有はWANやVPNなどのリモートネットワーク上でも効果的だが、本来は高速なローカルネットワーク向けに最適化されている。高速Wi-Fiで良好なパフォーマンスを発揮するが、ギガビット以上の有線LANで最も効果的に機能する。より広範なリモートサポートのニーズに対応したい場合は、TeamViewerや「Acronis Cyber Protect Connect」など、ほかの強力なソリューションを検討してほしい。

 MacBookを制御するのと、「Mac mini」「Mac Studio」「Mac Pro」などのデスクトップMacを制御するのはほぼ同じだが、いくつかの違いがある。MacBookは、本体に内蔵された機器を使用してリモート制御することが可能だが、USB-Cのイーサネットアダプターを接続して、安定した有線接続を使用することをお薦めする。

 Macデスクトップの場合、リモートマネージメントの初期セットアップにモニターとマウス、キーボードが必要だ。セットアップ後は、安価なHDMI「ダミープラグ」を使用して、4Kモニター接続を模倣することを検討してほしい。そうすれば、常設のモニターがなくても、リモート解像度を柔軟に設定できるからだ。

 ヘッドレスリモートマネージメント用にMacを設定するには、デスクトップの場合は「Energy Saver」(省エネルギー)、MacBookの場合は「Battery」(バッテリー)から、「Prevent automatic sleeping when the display is off」(ディスプレイがオフのときに自動でスリープさせない)を有効にする。

 これにより、スリープモード中にネットワークが切断されなくなる。さらに、特に無人のマシンで安定したアクセスを可能にするために、「Wake for network access」(ネットワークアクセスによるスリープ解除)や「Start up automatically after a power failure」(停電後に自動的に起動)を有効にする。

 「Lock Screen」(ロック画面)設定で、以下のように設定する。

Start Screen Saver when inactive(使用していない場合はスクリーンセーバを開始):しない。 Turn display off when inactive(使用していない場合はディスプレイをオフにする):しない。 Require password after screen saver begins or display is off(スクリーンセーバの開始後またはディスプレイがオフになったあとにパスワードを要求):それぞれのユーザーのセキュリティのニーズに応じて決めてほしい。

 MacBookの場合は、電源に接続しているときに、「Put hard disks to sleep when possible」(可能な場合はハードディスクをスリープさせる)が無効になっていることを確認してほしい。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
freee、「freee登記」「freee許認可」を発表–変更登記や許認可申請を容易に
IT関連
2022-09-09 18:38
ソニーが「α7S III」ライクな映画撮影用カメラ「FX3」発表、最大13時間連続の4K撮影対応
ハードウェア
2021-02-25 21:07
AWSが示した新たなアプローチによる誤り耐性量子コンピューターの"青写真"
IT関連
2021-04-30 18:42
DX目的で増える「第三者保守」の利用–リミニストリートのラビンCEO
IT関連
2022-06-03 19:47
「DXの自由」を確保するセキュリティに注力–フォーティネット・田井社長
IT関連
2023-01-13 12:36
生成AIによる変化の影響が最も大きいのはキャリア中堅層–Indeed調査
IT関連
2023-10-28 10:06
リモートワークは永続的–2021年、オフィスに何が起きているのか
IT関連
2021-03-27 21:39
Slack内にSREのインシデント管理ソリューションを構築する「Rootly」
ソフトウェア
2021-07-11 04:17
マクニカ、芙蓉リースグループと連携–自動運転の社会実装に向けて
IT関連
2021-06-21 22:46
NEC、「金融機関向けモダナイゼーションプログラム」を提供–運用定着まで伴走
IT関連
2024-02-07 19:24
空を飛び、潜水する「水空合体ドローン」 KDDIが世界初
ロボット・AI
2021-06-11 02:37
同志社大学、ゼロトラストに対応した全学ネットワークシステムを構築
IT関連
2023-05-18 01:47
三菱UFJ信託銀行、情報銀行の本人確認でAI活用した顔認証ソリューションを採用
IT関連
2021-02-01 13:38
コロナ禍はシェアサイクルに追い風? 事業者同士“相乗り”の動きも 交通シェアリング事情の今 (1/3 ページ)
くわしく
2021-02-27 12:53