26秒でロボットを設計するAIに見る、未来の可能性

今回は「26秒でロボットを設計するAIに見る、未来の可能性」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ノースウェスタン大学マコーミック工学院のSam Kriegman教授は、ちょっとした地元の有名人だ。

 よくテレビ番組に出演して、自分の新しい発明であるインスタントロボットの説明をしている。

 あるテレビ番組に出演したときには、ロボットを手のひらに載せて紹介していた。そのロボットは、灰色がかった紫をしているいくつかの穴が開いたゴム状の物体で、ぱっと見にはサイの祖先のような形に見える。

 Kriegman氏がそのロボットに細いチューブを取り付け、そこに繋がった手押しの空気ポンプを押し始めると、そのゴムロボットの足が動き出し、後ろ向きに動き始める(動画はこのページで見られる)。

 このロボットは、一見すると、科学博覧会のお土産として5歳の子どもに持ち帰った、自作の安っぽいおもちゃのようにも見える。

 しかしこれは、将来、探査活動や救助活動、医療などの、人間生活のさまざまな面に影響を及ぼす可能性がある、ロボット設計における革命かもしれない。

 Kriegman氏は動画の最後で、「このロボットを見た人は、役に立たないおもちゃだと思うかもしれない。しかし私には、まったく新しい生物の誕生に見える」と述べている。

 未来のある時点で、瓦礫の下敷きになった人々を救助したり、手を出しにくい体の部位に生死を左右するような薬を届けたり、重度に汚染された空間で原子炉を停止させたりする必要が出てきたときのことを想像してほしい。

 多くの場合、これらのシナリオでは、解決策となるロボットの構想から製作、導入前のテストまでのプロセスを極めて短時間で行う必要がある。

 しかしこれまでは、こうしたことを低コストで行うことはできず、簡単でもなかった。また、解決策を考案するまでの試行錯誤のプロセスだけでも、数年とまでは言わないとしても、数カ月はかかっていた。

 自然界にヒントを得て生まれた、進化的なアルゴリズムによってロボットを設計する手法もあるが、それには膨大なデータセットを作り出す必要があり、解決策にたどり着くにはスーパーコンピューターでも何日もかかるのが現状だった。

 これまでにロボットを設計するプロジェクトに費やされてきた天文学的な費用や時間については言わずもがなだ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
オンラインプログラミング学習サービスProgateが登録ユーザー数240万人と発表、人気レッスンのランキングも公開
IT関連
2022-01-21 04:42
「ミニ茶運び人形」が付録の「大人の科学マガジン」復刻 今回は洋服も付く
くらテク
2021-08-20 07:03
柔軟なレイアウト機能を備えたスライドデッキ制作ツール「Tome」が一般公開
IT関連
2022-03-25 04:22
お金の悩みを抱える個人とファイナンシャルプランナー・金融仲介業者とのマッチング「お金の健康診断」が1.6億円を調達
ネットサービス
2021-07-14 08:55
大阪公立大にドローン専門科目設置へ 2022年度開学
IT関連
2021-02-16 12:50
マイクロソフト、「.NET 7」にDockerコンテナイメージ生成機能を搭載、Dockerファイル不要に
.NET
2022-09-09 16:37
TikTokが欧州で消費者、子どもの安全、プライバシーに関する訴えを受ける
ネットサービス
2021-03-08 00:47
Teslaの「Model S」、運転席無人走行で木に衝突して炎上、2人死亡の報道
企業・業界動向
2021-04-20 11:31
PythonのコードをWebAssemblyにコンパイルする「py2wasm」、Wasmerが発表
Python
2024-04-22 04:48
メルカリ、顧客情報など2万7000件以上流出 外部ツールへの不正アクセスで
セキュリティ
2021-05-22 20:22
「SparkyLinux」–誰でも使える、無駄を省いたLinuxディストリビューション
IT関連
2023-03-15 16:18
セキュリティ投資、「データ侵害の防止」「リモートワークでのセキュリティ確保」を重視
IT関連
2022-10-21 11:48
サントリー、ビール製造工程をファンタジーRPGに ミッションをクリアして作り方を学ぶ
企業・業界動向
2021-03-05 08:59
マイクロソフト、投票機メーカーHartと提携–「ElectionGuard」で投票をセキュアに
IT関連
2021-06-08 09:08