練馬区、未納対策業務にAIを活用–富士通Japanと共同開発

今回は「練馬区、未納対策業務にAIを活用–富士通Japanと共同開発」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 富士通Japanは、東京都練馬区と共同で、AIを活用した住民税と国民健康保険料の未納対策業務を支援するシステムを開発した。練馬区は4月から、未納対策業務で同システムの活用を始める。

 富士通Japanと練馬区は、同システムについての実証実験を2023年3月27日から12月末まで実施している。

 同システムには、職員の習熟度に応じた案件の割り当てを提示する機能と、銀行などの財産調査先候補を推薦する機能を搭載している。

 案件の割り当てを提示する機能では、富士通が研究開発したAIを活用し、職員の習熟度と案件の難易度を推定して、職員の習熟度に応じた案件の割り当てを提示する。実証実験では職員全員が実施する調査業務の時間を約7%削減することができたという。AIにより、習熟度の向上に合わせて徐々に難易度の高い案件が割り当てられるため、担当者の育成もスムーズに進められるとしている。

 また財産調査先の候補を推薦する機能では、富士通Japanが開発したAIを活用し、銀行などの財産調査先の候補を推薦する。この機能には未納者の所得や税務情報、過去の調査履歴データと練馬区職員のノウハウを反映させ、それを優先度付けに利用しているという。

 実証実験では、1件当たり職員が平均約30分要していた調査先の選定時間を、約3分に短縮することができた。また、調査先候補数が4倍に増え、預金口座など資産抽出件数が8倍となったという。調査の難易度と職員習熟度のマッチング最適化と組み合わせることで、さらなる業務効率化が期待できるとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
[速報]Oracle Database 23cが正式リリース。JavaScriptストアドプロシージャ、DBに自然言語で問い合わせなど新機能。Oracle CloudWorld 2023開幕
Oracle
2023-09-20 13:08
マイクロソフト、「Edge」のセキュリティを高める「SDSM」機能をテスト
IT関連
2021-08-06 13:02
アクセンチュア、「生成AIスタジオ」をアジア・中南米に拡大–実証からの移行受け
IT関連
2024-01-11 01:49
Dart言語のフレームワーク「Flutter 2」公開。単一コードでiOS/Android/Web/Win/Mac/Linuxのネイティブアプリ実現。WebAssemblyによるレンダリングエンジン搭載
Dart
2021-03-08 17:42
Swiftも学習可能、掃除ロボ「ルンバ」のiRobotがプログラミングロボ「Root」で教育市場参入
iRobot(企業)
2021-01-20 20:32
コンピュータービジョンでレストランのオーダーエラーを解消するAgot AI
IT関連
2022-02-13 18:35
巫女がSNSで寺社の魅力を発信 仁和寺や北野天満宮でも
IT関連
2021-06-02 21:36
ウクライナ攻撃に新たな破壊型マルウェア、軍事侵攻に合わせて実行か
IT関連
2022-03-03 20:14
Facebook、バイデン大統領の「人々を殺している」に反論 「米政府よりワクチン接種に貢献している」
企業・業界動向
2021-07-20 10:23
キョーラクとIBM、AIで難易度の高いハクリボトル外観検査を自動化
IT関連
2023-01-25 03:10
イオンネクスト、AIを活用したオンラインマーケットを開始–買い物をラクに楽しく
IT関連
2023-04-06 06:52
フリート機能が“ツイッタラー御用達”で終わった理由を考える
くわしく
2021-07-16 08:06
GVA TECH、「GVA manage」を「Google Workspace」と連携–連絡先のメールアドレスを自動表示
IT関連
2023-11-18 02:12
マクニカ、芙蓉リースグループと連携–自動運転の社会実装に向けて
IT関連
2021-06-21 22:46