NEC、玉川事業場の社員食堂刷新–社内外の交流によるイノベーションの創出図る

今回は「NEC、玉川事業場の社員食堂刷新–社内外の交流によるイノベーションの創出図る」についてご紹介します。

関連ワード (「働く」を変える、HRテックの今、CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 NECは4月8日、同社玉川事業場の社員食堂を「FIELD玉川」としてリニューアルオープンしたと発表した。社員食堂の刷新により同社は、食を通して社内外の人々がつながりを深め、新たなイノベーションを創出することを図る。

 NECは社員食堂の枠を越えた交流空間「FIELD」を展開しており、FIELD玉川は同社本社ビルに続いて2カ所目となる。「食事をするだけの場」だった社員食堂から、「食を伴う共創空間」として社内外の人々が気軽に利用でき、交流を通してイノベーションが生まれる場になったと同社は説明する。

 FIELD玉川はコワーキングスペースとしての機能を有しており、食事をしながらミーティングができる会議室も備えている。3つのミューラルアート(壁画)は幅が10メートル以上、高さは天井に届くほどの大きさで、NECの従業員が有志で制作に携わった。年代や部署が異なる従業員やプロのアーティストと交流しながら制作したという。

 FIELD玉川では、心身の健康に配慮し、栄養バランスや彩りを意識した食事メニューを提供している。顧客企業やパートナー企業などもNECグループの従業員による案内があれば利用可能。そのほか、24時間営業の売店では17~19時に酒類の販売を行っており、夕食の前に軽く飲酒を楽しむフランスの習慣「アペロ」による従業員同士のコミュニケーション活性化に活用できる。2024年秋には、売店に顔認証による決済システムの導入を予定している。

 NECは2023年6月、玉川事業場内に組織や会社の枠を越えてイノベーションを創出する拠点「Innovation Hub」を開設した。2024年度中をめどに、同社従業員による案内なしで顧客企業やパートナー企業がサテライトオフィスのように同拠点を利用可能にすることを目指している。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
売り上げ1兆円を目指す富士ソフト、カギは新規事業と生産性向上に
IT関連
2024-04-09 12:28
インテル、欧州に大規模チップ工場新設へ–まずドイツから
IT関連
2022-03-17 23:24
「Linux」向けTo Doリストアプリ「Errands」を使用するには–使いやすく優れたデザイン
IT関連
2023-11-03 08:57
NTTデータと三菱重工、既存データセンターで活用可能なラック型液浸冷却システム構築
IT関連
2023-06-22 06:22
マイクロソフトとソフトバンク、クラウドと生成AIの日本展開で戦略的協業
IT関連
2023-08-04 06:12
SaaSの“型”を用意して移行を簡素化–AWSジャパン、クラウド移行サービスを紹介
IT関連
2021-06-11 04:31
テラスカイ、Salesforce上で稼働する「mitoco ERP」構想を発表–新サービス「mitoco 会計」を提供
IT関連
2023-09-30 02:18
スナックボックスサービスのSnackMagicが16.4億円調達、人がいなくなった職場向けから広範なギフト市場へ進出
その他
2021-05-09 01:35
住友生命、「Vitality」のデータ分析環境を「Snowflake」で構築
IT関連
2024-04-25 08:56
KDDI、大規模通信障害からの完全復旧を宣言–詳細調査などは今後報告
IT関連
2022-07-07 11:12
中国が飛行士3人打ち上げ 独自宇宙ステーション建設加速へ
IT関連
2021-06-20 22:08
Facebook、メタバース製品グループ立ち上げ 「次のコミュニケーションプラットフォーム」とザッカーバーグCEO
企業・業界動向
2021-07-28 17:34
「Google I/O 2021」開幕直前–Android 12、TensorFlowなど開発者が注目したいテーマ
IT関連
2021-05-19 14:16
ソフトバンクら、PayPayドームをメタバース化–ボールの軌跡を仮想空間に再現
IT関連
2022-05-27 09:24