IBM、AIモデル「Granite」をオープンソース化–商用利用も可能に

今回は「IBM、AIモデル「Granite」をオープンソース化–商用利用も可能に」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 大規模言語モデル(LLM)のオープンソース化は、容易なことではない。Open Source Initiative(OSI)に聞いてみればいい。同団体は、人工知能(AI)に対応したオープンソースの定義に2年近く取り組んでいる。また、Meta Platformsなど一部の企業は、自社のLLMをオープンソース化したと主張しているが、実際にはそうではない。だが、IBMはついに、このオープンソース化をやってのけた。

 IBMは、GitHubで一般公開されているデータセット(「GitHub Code Clean」「Starcoder」、公開コードリポジトリ、イシューなど)で事前にトレーニングされたデータを利用して、コードLLM「Granite」のオープンソース化を実現した。つまり、IBMは著作権や法律がらみの問題を回避するために多大な労力を費やしてきた。Graniteコードベースモデルは、3〜4テラバイトのコードデータトークンや自然言語コード関連のデータセットでトレーニングされている。

 これらのモデルはすべて、Apache 2.0ライセンスの下で研究および商用を目的とする利用が許可されている。この「商用」という言葉こそが、他の主要なLLMのオープンソース化を阻んでいたものだ。他の企業はいずれも、自社のLLMがもたらす果実を共有することを望まなかった。

 しかし、IBM ResearchのチーフサイエンティストであるRuchir Puri氏は、次のように述べている。「われわれは、最もパフォーマンスが高く、コスト効率に優れたコードLLMを公開することによって、ソフトウェアにおける生成AIの現状を変え、オープンコミュニティーが制限を受けることなくイノベーションに取り組めるようにした」

 もっとも、制限はないとしても、想定される用途がないわけではない。

 Graniteモデルは「誰もがあらゆることを試せるようにするものではない」と、IBMでエコシステム担当ゼネラルマネージャーを務めるKate Woolley氏は2023年の段階で述べている。「これ(Granite)は愛犬についての詩を書くためのものではない。当社が企業に使ってもらいたいと考えているビジネスユースケースにターゲットを絞り、調整ができるように厳選したモデルだ。はっきり言えば、これはプログラミング向けだ」

 Graniteはデコード専用モデルで、116種類のプログラミング言語のコードでトレーニングされている。パラメーターの数は30億〜340億だ。複雑なアプリケーションのモダナイゼーションから、メモリーに制約のあるオンデバイスタスクまで、数多くの開発者の用途に対応する。

 IBMはすでに、自社の「watsonx Code Assistant」(WCA)製品のためにこれらのLLMを社内で利用している。例えば、「WCA for Red Hat Ansible Lightspeed」におけるITの自動化や、「watsonx Code Assistant for Z」における「COBOL」アプリケーションのモダナイゼーションなどだ。誰もが高価な「watsonx」を購入できるわけではないが、これからは、IBMとRedHatの「InstructLab」でLLMのGraniteを利用できる。

 RedHatのシニアバイスプレジデントで最高製品責任者(CPO)を務めるAshesh Badani氏によれば、InstructLabは「データサイエンスのスキル不足や必要なリソースの多さなど、ハイブリッドクラウド全体で生成AIが直面する障壁の多くを引き下げる」という。重要な点は、LLMを利用したいと考える開発者が参入しやすくすることだ。

 では、どの程度障壁が下がるのだろうか。RedHatの社長兼最高経営責任者(CEO)であるMatt Hicks氏は2023年の「Red Hat Summit」で、次のように述べている。「ほんの1年前まで、ハイエンドのかなり複雑なハードウェアに組み込まれていた機能が、今ではノートPCで実行できるようになった。これまで数億ドル(数百億円)かかっていたトレーニング技術も、今では数千ドル(数十万円)で同じことができる」

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
渋谷区・新宿区・豊島区のファミリーマート130店がバカンのトイレ混雑抑止IoTサービス「VACAN AirKnock」導入
IoT
2021-07-17 22:44
アップルがSiri改善のためフィードバック収集アプリ「Siri Speech Study」をひそかに提供開始
IT関連
2021-08-22 08:01
全脅威の53%はウェブ以外のプロトコルから–パロアルトネットワークス
IT関連
2021-04-13 05:50
今後のIT運用で不可欠なAI–MLOpsの可能性
IT関連
2022-06-14 20:09
自分で住宅をリフォームする人をサポートするスタートアップOutfit
ネットサービス
2021-02-23 08:12
AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、自動レビュー機能が株式譲渡契約に対応
IT関連
2022-03-09 03:41
パナソニック、画像認識AIの「知ったかぶり」を防ぐ技術を開発
IT関連
2023-07-30 02:13
BMW iDrive 7のApple CarPlay セカンドスクリーン「ターンバイターンの経路案内」機能を実車で確認
IT関連
2021-03-13 09:05
セキュリティを底上げするアタックサーフェスのリスク管理
IT関連
2023-05-11 00:17
日立、健康長寿に向けたスマホアプリ提供–社会参加の度合いを可視化
IT関連
2022-06-11 16:51
Preferred Networksと鹿島建設が建築現場用ロボ向けAI搭載自律移動システム開発、GNSS計測不可の屋内も対応
ロボティクス
2021-03-05 17:28
Dropbox Japan、製品ポートフォリオの拡張を強化–2023年度の事業戦略を説明
IT関連
2022-11-18 12:38
アトラシアンが非同期ビデオメッセージングツール「Loom」の買収を発表。Jiraをはじめとする同社製品に組み込みへ
Atlassian
2023-10-17 02:45
花王と日清食品、「仮想人体生成モデル」の活用に向けて協業へ
IT関連
2022-04-27 20:45