クリテオが注力する「AIラボ」とアドレサビリティー戦略

今回は「クリテオが注力する「AIラボ」とアドレサビリティー戦略」についてご紹介します。

関連ワード (マーケティング等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Criteoは、デジタル広告ソリューションなどを提供する独立系のアドテクノロジー(広告技術)企業。フランス・パリで2005年に創業し、現在は世界24カ所に拠点を構える。従業員数は3500人以上、顧客数は1万8000社以上で、1日当たりの広告配信数は50億件に達する。

 2018年6月には、デジタル広告における機械学習(ML)技術の構築、実験、大規模導入に特化した研究開発拠点として「Criteo AIラボ」を設立。汎用(はんよう)性と透明性を確保したユーザー中心型のMLモデルの構築に向けた研究に取り組んでいる。

 Criteo AIラボの所長でエンジニアリング担当バイスプレジデントのRomain Lerallut氏は、「映画のレコメンドサービスを提供していた創業当初からAIを活用してきた」と話す。同氏によると、Criteo AIラボにはエンジニアと研究者を合わせて140人程度が在籍している。AIラボの研究成果は、同社のプラットフォームに反映されていくという。

 「Criteo AIエンジン」は、同社が取り扱う40億件を超える商品SKUと3700種類以上の商品カテゴリーを対象に、毎日7億人に及ぶアクティブユーザーの行動データをリアルタイムに分析している。これにより、消費者に合わせてカスタマイズした関連性の高い広告を作成し、配信タイミングを最適化する。広告キャンペーンの成果を最大化し、それぞれの目標に応じた成果を得ることができるという。

 現在は、生成AIを活用したチャットボット内での広告配信の検証や社内の顧客対応サポートなどに取り組んでいるという。また、将来のサードパーティークッキーの廃止に対応するため、AI技術の積極的な活用を進めている。 AIはアドレサビリティー戦略を支える強力な技術

 Googleは、ブラウザー「Chrome」でのサードパーティークッキーの段階的廃止を発表している。Chromeは国内外で約6割のシェアを占めており、強い影響力を持っている。サードパーティークッキーの廃止後に関連性の高い広告配信を可能にするには、包括的かつ多角的なアドレサビリティーの確保が必要になる。

 アドレサビリティーとは、「デジタル広告の到達可能性」を意味しており、個人情報の保護やプライバシーの強化をはじめとする規制の強化や厳格化により、広告の配信精度が低下するなど大きな影響が懸念されている。

 Criteoは、そうしたアドレサビリティーの課題に対応するため、3つの柱からなる多面的なアプローチをとっている。具体的には、(1)ファーストパーティーデータの活用、(2)Google プライバシーサンドボックスへの参加、(3)クローズド環境の整備――になる。

 プロダクト担当バイスプレジデントのArnaud Chataignier氏によると、同社は独自のファーストパーティーデータネットワークをデマンド側(広告主)とサプライ側(媒体社)の両方で構築している。メールアドレスなどをハッシュ化するソリューションなどを使用することで、プライバシーに配慮したデータの有効活用を可能にしている。

 また、同社はプライバシーサンドボックスでGoogle Chromeチームのリーディング・パートナーを担っており、「Protected Audience API」「Topics API」「Attribution Reporting API」という3つのAPI活用に向けて、さまざまなタイプの広告キャンペーンのパフォーマンスを評価するテストを実施している。これにより、リターゲティングや関心ベースの広告の配信、効果測定を、サードパーティークッキーを使用せずに実現することができるとしている。

 クローズドな環境についても、同社が構築するリテールメディアネットワークを介して200以上の小売業者や、Metaをはじめとするソーシャルメディアへのアクセスを提供している。

 「AI技術は、Criteoのアドレサビリティー戦略を下支えし、より効果を高めることができる」とChataignier氏は話す。Lerallut氏も「クッキーレス時代になったとしても、AIを活用してより関連性の高い情報を提示できると考えている」と強調した。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
取締役とCISOのセキュリティ認識のズレが改善–プルーフポイント調査
IT関連
2023-10-05 07:46
前澤友作氏が家庭用ロボット事業に参入、前澤ファンドが家族型ロボ「LOVOT」のGROOVE X株式の過半数を取得
IT関連
2022-03-16 02:18
第3回:なりすましメール対策の「DMARC」–すぐに実現できる仕組み
IT関連
2022-06-01 18:11
アップル、最高性能のM1チップ「M1 Ultra」を発表–「M1 Max」2基を接続
IT関連
2022-03-10 18:11
サイトコア、SaaS版のヘッドレスCMSを発表–直感的なサイト作成を実現
IT関連
2022-11-26 22:36
コニカミノルタ、働く価値を高めるオフィスづくり–オフィス改革への関心集まる
IT関連
2022-09-23 20:31
BLEスキャンでバスの混雑度を計測 専用サイトにリアルタイム表示 ナビタイムが実験
企業・業界動向
2021-01-13 15:58
富士通ら、オープン化した5G SA仮想化基地局の商用通信に成功
IT関連
2022-02-26 18:01
小規模向け法人税申告支援「freee申告」に税理士支援サービス–税務調査に対応
IT関連
2022-12-07 05:03
申告漏れ174億円 シェアリングエコノミー 国税庁が初の重点調査
IT関連
2021-02-20 19:41
ソニー、撮影用ドローン「Airpeak」の機体公開 ミラーレス一眼αシリーズを搭載可
ロボット・AI
2021-01-13 21:50
日立製作所、タイで電圧・無効電力オンライン最適制御システムの実証事業
IT関連
2021-01-15 03:20
スペース、建設現場のDXを推進する「内装監理システム」開発–作業時間を約7割削減
IT関連
2022-11-09 05:06
三井住友海上の子会社MSIG Asia、情報管理ソリューションを導入–顧客体験の強化へ
IT関連
2022-03-10 09:57