クリックテックが提案する、SAPデータの活用術

今回は「クリックテックが提案する、SAPデータの活用術」についてご紹介します。

関連ワード (データマネジメント等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 クリックテック・ジャパンは6月19日、企業資源計画(ERP)のSAPを用いた基幹業務システムデータの実現と、ビジネス改革の知見を披露する記者説明会を開催した。

 米Qlik Technologiesのソリューションは2024年2月1日時点で世界5万社以上の企業が利用しているという。SAPを導入する企業が抱える課題に対してクリックテック・ジャパン データ戦略コンサルタントの木口亨氏は「SAP利用企業の多くが、(データレプリケーションとデータ取り込みを行う)『Qlik Replicate』を採用している状況。クリックテック・ジャパンはSAPのデータに正面から取り組みながら、データを活用するためのソリューションを展開していく」と自社の方針をつまびらかにした。

 Qlik TechnologiesおよびAmazon Web Services(AWS)がSAP利用者に向けた意識調査を行ったところ、SAPデータのクラウド複製が組織に良い改善を与えたと回答した企業は約9割。残る約1割は軽微な悪化などを感じているという。シニアリーダーの意思決定に活用している企業は47.2%、やや同意と消極的賛成は40%だった。

 SAPデータ分析で組織の俊敏性が向上したかの問いには、強く同意が44%、やや同意が43.4%だった。SAPデータの活用によるコスト削減は12万5000~30万ドルが最多の27%。以下、6万~12万5000ドル(21.3%)、30万~60万ドル(17.7%)が続く。また、収益向上も最多は30万~60万ドルの26.7%、60万~120万ドルが24.8%と有益性を示している。

 木口氏は「SAP ERPデータの統合にかかる課題を尋ねたところ、ネガティブな意見は少なかった。データ活用を行うための阻害要因を克服するのが重要かつ必須」であると現状を解説した。

 SAP ERPを含めた各データのビジネスインテリジェンス(BI)にも多くの課題が隠されているという。クリックテック・ジャパンによれば、SAP利用企業は「SAP S/4HANA Embedded Analytics」「SAP BW/4HANA」「SAP BusinessObjects」「SAP Analytics Cloud」を場面に応じて使い分けているが、同氏は「SAP自身もSAP HANA Cloud、SAP Data Warehouse Cloudとクラウド化しつつある。現場の皆さんがクラウドに散らばるデータを確認し、SAP推奨のBIフロントツールで見るのはなかなか大変。最終的には『Microsoft Excel』に(データを)ダウンロードして分析するのが実情」だという。

 異なるプラットフォームでデータを扱うと、データガバナンスに限らず正確な分析結果、データの追跡可能性が担保されなくなる。SAPユーザーコミュニティーでも、Microsoft Excelからの脱却を一つの課題と捉える企業は多いそうだ。

 他方でデータ統合の側面においても課題は少なくない。同じく「SAP Data Intelligence Cloud」「SAP Data Services」「SAP Datasphere」「SAP S/4HANA Cloud(のデータ統合機能)」とSAPソリューションは存在するものの、木口氏は「SAPのデータを扱うエキスパートが適材適所でツールを使い回す必要がある。ここに属人化が生まれ、ビジネス速度を加速できない。また、データ統合までに多様なルートが存在するのも、ガバナンスの観点から好ましくない」と指摘した。

 複数のデータソースから収集・分析し、データを理解しやすい形で提示するためのデータパイプラインも「クラウドのデータソースのみならず、オンプレのデータソースもクラウドに持って行くだけで非常に苦労する時代は、ローコードながらもハードコーディングせねばならず、優れた技術者とスケールにも苦労していた」(木口氏)という。

 各所に散らばるデータはバッチ連携や直接参照などシステム負荷の増大、業務対応能力の低下を招きかねない。これらの課題に自社ソリューションが役立つとクリックテック・ジャパンは主張した。「われわれは『SAPアクセラレーターパッケージ』を用意している。SAPの財務分析結果や在庫管理データ、Order to Cash全てを取り込むことで、一切のコーディングを必要とせずに、SAPデータを瞬時に可視化できる」という。

 具体的には、Qlik Replicateのタスクや、データウェアハウスとデータレイクの作成・運用を自動化および最適化する「Qlik Compose」を活用する。データパイプラインに課題を抱えていたNECパーソナルコンピュータは、バッチによる日時更新や「SAP ABAP(Advanced Business Application Programming)」による開発など多くの課題を抱えていたが、Qlik ReplicateとQlik Composeで生産性・保守性の向上や、BIツールの「Qlik Sense SaaS」で幅広いデータ活用を実現したという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「倒産して夜逃げ」「連絡が取れない」非中核業務に圧迫される営業・販売の実態
IT関連
2023-02-23 07:39
MetaにEUのプライバシー規制当局が米国への個人データ転送に関する新たな予備決定を送付
IT関連
2022-02-24 11:39
日本のITとDXの意志決定におけるサステナビリティーの認識はまだ低い–ピュア・ストレージ
IT関連
2023-07-25 12:29
激戦区のクラウドサービス市場に本格参入したAkamaiが弾く勝算とは
IT関連
2023-03-11 11:28
デジタルトランスフォーメーション:バリューを最大化する予算配分を実現するためのヒント
IT関連
2021-08-10 05:31
マイクロソフトの「Windows Virtual Destop」が「Azure Virtual Desktop」に名称変更
IT関連
2021-06-08 05:07
SIMロックは原則禁止、eSIM普及を促進 総務省、有識者会議の報告書案を公表
企業・業界動向
2021-05-26 19:44
センスウェイがLoRaWAN対応暑さ指数センサーで熱中症リスクを見える化する工事現場・工場施設向け対策提供
ヘルステック
2021-06-01 07:50
キヤノンMJ、イーセットと共同でマネージド型脅威対応サービスを拡大
IT関連
2024-02-16 06:20
Boston Dynamics、ピッキングフォークリフトを不要にする倉庫ロボット「Stretch」を披露
ロボット・AI
2021-03-31 17:20
重要なカギを握る5つのテーマ–F5・ジュッド アジア太平洋・中国・日本担当シニア・バイスプレジデント
IT関連
2023-01-13 11:56
急速に進む日本でのAI活用、米国に追いつき新たなフェーズに–PwC Japan調査
IT関連
2022-05-21 13:44
ヤフー、4月からECサイトの配送料を全国一律に 打倒アマゾン・楽天へ、業界3位から巻き返し狙う
くわしく
2021-03-11 02:44
AWSのスタートアップ支援会見に経産省が登壇した意味とは
IT関連
2022-11-03 16:10