デザインのマーケットプレイスBrandCrowd拡張のためDesignCrowdが約8億円調達、IPO直前

デザインのマーケットプレイスBrandCrowd拡張のためDesignCrowdが約8億円調達、IPO直前 サムネイル

今回は「デザインのマーケットプレイスBrandCrowd拡張のためDesignCrowdが約8億円調達、IPO直前」についてご紹介します。

関連ワード (DesignCrowd、IPO、オーストラリア、デザイン、マーケットプレイス、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


米国時間2月1日、DesignCrowdはIPO前の資金調達として1000万豪ドル(約8億円)を獲得した。この資金は新規雇用と製品開発に使われ、同社のDIYプラットフォームであるBrandCrowdの成長加速を目標とする。

この新たな投資は、DesignCrowdがオーストラリア証券取引所における近い将来のIPOを準備しているときに訪れた。主な投資家はPerennial Value Management、Alium Capital、Ellerston Capital、Regal Funds ManagementおよびCVCで、以前からの投資家であるStarfish VenturesとAirTree Venturesも参加した。これでDesignCrowdの調達総額は2200万豪ドル(約1億8000万円)ほどとなる。

2007年にオーストラリアのシドニーで創業したDesignCrowdは、デザインをクラウドソーシングするプラットフォームとして評判になった。ユーザーは、世界中のデザイナーからデザインの案をもらうことができる。BrandCrowdはDesignCrowdのクラウドソーシングでマーケットプレイスのようなモデルを補完するもので、ユーザーベースを広げ、99designsやFiverrのようなデザイナーを見つけるための他サイトとの差別化を狙っている。

大小さまざまな企業がデザイナーを見つけて、ロゴなどを作ってもらえるサイトには、Design HillやCanva、Tailor Brandsなどいろいろあるが、BrandCrowdにはDesignCrowd傘下の80万人以上のデザイナーにアクセスできる有利性がある。ライブラリから好きなものを選んでもよい、と共同創業者でCEOのAlec Lynch(アレック・リンチ)氏はいう。。BrandCrowdで好きなデザインを見つけたら、使用料を払う。そうすると、そのデザインはライブラリから削除される。

BrandCrowdでは、ロゴなどのデザインをダウンロードするのに1回かぎりの料金を払うだけでなく、月額ないし年額の料金でサブスクライブもできる。リンチ氏によると、両方のプラットフォーム(DesignCrowdとBrandCrowd)を使っているユーザーが多いという。

「たとえば小さな会社がDesignCrowdのデザイナーにロゴのデザインをもらったら、そのロゴをBrandCrowdのDIYツールを使って、名刺やInstagramのポスト、メールのシグネチャなど、いろんなものに応用することができます。ロゴのエディターツールもあるので、デザインに変更を加えることもできます」とリンチ氏はいう。

企業としてのDesignCrowdの年商は2020年に前年比で54%伸びた。それは主にBrandCrowdのおかげだ。同社によると、BrandCrowdの登録ユーザー数は過去12カ月で500万を超えた。売上の半分以上は米国からだ。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、2020年3月と4月には逆風が吹いたが、その後、オンラインデザインに対するグローバルな需要は回復して増加傾向に転じたとリンチ氏はいう。

「あくまでも仮説ですが、パンデミックによって2020年後半には起業する人が増えて、その結果、ロゴなどのデザインの需要も増えたのでしょう。また、起業ブームと同じく、デザイナーに実際に会うのではなく、オンラインで探す人や企業が増えたのでしょう」。

画像クレジット:DesignCrowd


【原文】

DesignCrowd announced today it has raised $10 million AUD (about $7.6 billion USD) in pre-IPO funding. The capital will be used on hiring and product development, with the goal of accelerating the growth of BrandCrowd, its DIY platform.

The new funding comes as DesignCrowd gets ready for a potential initial public offering on the Australian Securities Exchange. The round’s investors include Perennial Value Management, Alium Capital, Ellerston Capital, Regal Funds Management and CVC, along with returning backers Starfish Ventures and AirTree Ventures. DesignCrowd has now raised more than $22 million AUD in total.

Founded in 2007 and based in Sydney, Australia, DesignCrowd built its reputation as a design crowdsourcing platform, allowing users to get proposals from designers around the world. BrandCrowd was launched to complement DesignCrowd’s crowdsourcing/marketplace model, expanding its potential user base and differentiating it from other sites people use to find designers, like 99designs and Fiverr.

While there are other DIY logo makers aimed at entrepreneurs and small brands, including tools from Design Hill, Canva and Tailor Brands, BrandCrowd had an advantage from the start because it already has access to more than 800,000 designers through DesignCrowd, allowing the company to find the best logo designers from around the world for its library, said co-founder and chief executive officer Alec Lynch. BrandCrowd prefers to buy designs upfront before publishing them, since all logos are exclusive to the platform (users can pay an extra fee to remove logos from its library).

BrandCrowd customers pay a one-off fee to download a logo and can sign up for monthly or annual subscriptions. Many use both platforms, Lynch said.

“For example, if a small business wants to start by getting a custom logo design from a designer on DesignCrowd, we then allow them to use that logo in our DIY design tools on BrandCrowd to make everything else they might need, from business card designs to Instagram posts and email signature,” said Lynch. “They can even make modifications to their logo on BrandCrowd using our logo editor tool.”

DesignCrowd’s net revenues in 2020 grew 54% year-over-year, due primarily to BrandCrowd. The company says BrandCrowd saw over five million sign-ups over the past 12 months, with more than half of its revenue from the United States.

During the COVID-19 pandemic, the company experienced some headwinds in March and April 2020, Lynch said, but then global demand for online design rebounded and began increasing.

“Our hypothesis is that the pandemic led to more people starting new businesses in the second half of 2020 and more people needing design for those businesses, which was helpful for us,” he added. “In addition to this small ‘boom’ in small businesses starting, we think the pandemic has probably accelerated an existing trend of businesses sourcing design online rather than offline.”

(文:Catherine Shu、翻訳:Hiroshi Iwatani)

COMMENTS


2070:
2021-02-04 23:41

ロゴなどのデザイナーとデザインをDIYで選べるDesignCrowdとBrandCrowdがIPO目前

2066:
2021-02-04 22:05

デザインのマーケットプレイスBrandCrowd拡張のためDesignCrowdが約8億円調達、IPO直前 – TechCrunch Japan

2067:
2021-02-04 14:11

ロゴなどのデザイナーとデザインをDIYで選べるDesignCrowdとBrandCrowdがIPO目前 (2021-02-02 05:00 PM)chCrunchJP

2069:
2021-02-04 13:23

デザインのマーケットプレイスBrandCrowd拡張のためDesignCrowdが約8億円調達、IPO直前 | TechCrunch Japan @jptechcrunchより

2068:
2021-02-04 03:01

ロゴなどのデザイナーとデザインをDIYで選べるDesignCrowdとBrandCrowdがIPO目前 (2021-02-02 05:00 PM)chCrunchJP

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
College Cashを設立したダラスの起業家が学資ローンの返済に苦しむ人々を支援するために奮闘中
ネットサービス
2021-02-13 14:48
SBG孫社長、失踪報道のジャック・マー氏とは「個人的な趣味の話をしている」
企業・業界動向
2021-02-09 07:24
レーザー測距技術LiDAR活用し人の屋内位置測位技術の研究開発に取り組むHULIXが1.3億円調達
ソフトウェア
2021-01-29 06:29
クラシックな炭火焼きとモダンなアイデアが融合したNomadのスーツケース型炭火焼きグリル
ハードウェア
2021-01-28 00:13
「AWS IoT デバイスクライアント」リリース、概念実証が容易に
IT関連
2021-01-29 02:55
ベゾス氏退任後のアマゾンはどうなる?–AWSによる革新、ジャシー新CEOが直面する課題
IT関連
2021-02-09 13:36
企業の物流における意思決定を最適化しテストするnextmvが8.4億円調達
ソフトウェア
2021-02-12 03:14
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-02-12 03:14
Shopifyを利用するオンラインショップを助ける専門家のマーケットプレイスStoretaskerがプロダクトを一新
ネットサービス
2021-01-30 05:59
Webアプリ開発のためのPHPフレームワーク「Laravel 8.22」がリリース
IT関連
2021-01-19 21:19
2021年に押さえておきたい8つのアナリティクス業界トレンド
IT関連
2021-01-25 22:03
DX、最初の一歩は「現場」が良い理由 1日で“40万点の棚卸し”を改善した事例も
PR
2021-02-17 03:25
政府の「ワクチン接種記録システム」、ITベンチャーのミラボが3.85億円で受注 4月本格稼働へ マイナンバーとひもづけ
クラウドユーザー
2021-02-20 17:41
ディープラーニングフレームワーク「SmallTrain 0.2.1」がリリース
IT関連
2021-01-28 02:48
オンラインプログラミング学習「Progate」、2020年の人気レッスン1位は「HTML&CSS」
IT関連
2021-01-22 14:04
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-01-22 14:04