業務自動化のUiPathが約790億円調達、IPOもまもなく

業務自動化のUiPathが約790億円調達、IPOもまもなく サムネイル

今回は「業務自動化のUiPathが約790億円調達、IPOもまもなく」についてご紹介します。

関連ワード (RPA、UiPath、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


急成長中のロボット・プロセス・オートメーション(RPA)分野におけるリーダーの1社であるUiPathは米国2月1日、350億ドル(約3兆7000億円)という驚くべきポストマネーバリュエーションで7億5000万ドル(約790億円)のシリーズFラウンドをクローズしたと発表した。

既存投資家のAlkeon CapitalとCoatueが共同で本ラウンドをリードし、Altimeter Capital、Dragoneer、IVP、Sequoia、Tiger GlobalそしてT. Rowe Price Associatesのアドバイスを受けたファンドや個人投資家も参加した。Crunchbaseによると、ニューヨーク拠点のUiPathの累計調達額は20億ドル(約2100億円)近くになった。

UiPathは2005年に設立されたが、2015年まで機関投資家から資金を調達しなかったとCrunchbaseにある。2020年12月にCNBCはUiPathの年間売上高が約3億6000万ドル(約380億円)で、 Amazon(アマゾン)やBank of America、Verizonなどを含む6300もの顧客を抱えていると報じている。

自らのミッションは「Fully Automated Enterpriseを使えるようにし、そして自動化を通じて労働者に力を与えることで人間の創造性と工夫を解き放つこと」だとUiPathは謳う。同社のオートメーションプラットフォームは、さまざまな部門でオートメーションを構築して動かす方法を企業に提供することで「人間の働き方を変革する」のが目的だ。

同社は「世界中の企業や行政組織のために何百万回も繰り返される気が遠くなるようなタスクを自動化し、生産性や顧客エクスペリエンス、従業員の働きがいを改善する」のに人工知能(AI)と機械学習を使っている。最終目標は労働者により複雑な業務にフォーカスするための精神面でのエネルギーと時間を与えることだ。競合相手としてはMicrosoft Power Automate、Blue Prism、Automation Anywhereなどがある。SAPも最近この分野に進出した。

UiPathは信じられないほど成長してきた。筆者が2019年4月に5億6800万ドル(約600億円)のシリーズDについて記事を書いたとき、同社は200カ国に40万ものユーザーを抱えていた。当時、同社は2017年4月に800万ドル(約8億4000万円)だった年間経常収支(ARR)が2億ドル(約210億円)に増えたと語った。その後同社は、従業員数を2年間で16倍の2500人超に増やしたと明らかにした。またIPOを検討していることも匂わせた。

言葉どおり、同社は証券取引委員会にIPOのためのドラフトを提出した。そのため、大きな資金調達をこのタイミングで行ったというのはなおのこと興味深い。

UiPathの上場は2021年版のSnowflakeのIPOとなるかもしれない。後払い決済サービスを提供するAffirmも最近、IPO申請前に5億ドル(約520億円)を調達するという似たようなアプローチを取った。

UiPathは今回のラウンドについてプレスリリースにある以上のコメントは拒否している。

画像クレジット:Noam Galai/Getty Images for TechCrunch / Getty Images


【原文】

UiPath, one of the leaders in the quickly growing robotic process automation (RPA) space, announced Monday that it has closed on $750 million in Series F funding at a staggering post-money valuation of $35 billion.

Existing backers Alkeon Capital and Coatue co-led the round, which also included participation from other returning investors such as Altimeter Capital, Dragoneer, IVP, Sequoia, Tiger Global, and funds and accounts advised by T. Rowe Price Associates, Inc. The financing brings the New York-based company’s total raised to nearly $2 billion since inception, according to Crunchbase .

UiPath was founded in 2005 but didn’t raise institutional capital until 2015, according to Crunchbase . CNBC reported in December that the company had annual revenue of about $360 million and over 6,300 customers including Amazon, Bank of America and Verizon.

UiPath’s self-proclaimed mission is “to unlock human creativity and ingenuity by enabling the Fully Automated Enterprise™ and empowering workers through automation.” Its Automation Platform aims to “transform the way humans work” by giving companies a way to build out and run automations across departments.

The company uses artificial intelligence (AI) and machine learning in an effort to “automate millions of repetitive, mind-numbing tasks for business and government organizations all over the world, improving productivity, customer experience and employee job satisfaction.” Its goal is to give workers the mental energy and time to focus on more complex jobs. Competitors include Microsoft Power Automate, Blue Prism, Automation Anywhere. SAP also recently entered the space .

The company has been growing like crazy. Back when I covered its $568 million Series D in April of 2019, UiPath had 4 00,000 users in 200 countries. At the time, the company said it had increased its annual recurring revenue (ARR) from $8 million in April 2017 to over $200 million. UiPath said then it had grown its headcount by 16 times over a two-year period, to more than 2,500 employees. It also hinted that it was considering an IPO.

True to its word, UiPath in December submitted a draft registration to the Securities and Exchange Commission for an initial public offering. So it’s especially interesting that it raised such a huge round now.

For some, UiPath’s going public could be the Snowflake IPO of 2021. Alternative payments provider Affirm followed a similar path recently — raising $500 million before filing for an IPO weeks later.

UiPath declined to comment on its latest funding round beyond a press release .

(文:Mary Ann Azevedo、翻訳:Nariko Mizoguchi)

RPAとは | ソフトバンク

RPAとは何かをわかりやすく説明します。RPAは「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略称で、ソフトウェアロボットが定型業務を自動化するソリューションです。単純な事務作業を自動化し、業務の効率化、スピードアップ、コスト削減を実現します。

RPA(ロボティックプロセスオートメーション)とは - IT用語辞 …

RPA【ロボティックプロセスオートメーション / Robotic Process Automation】とは、人間がコンピュータを操作して行う作業を、ソフトウェアによる自動的な操作によって代替すること。主に企業などのデスクワークにおけるパソコンを使った業務の自動化・省力化を行うもので、業務の効率化や低コスト化を進めることができる。

【超・初心者向け】RPAとは?図解でわかりやすく簡単に説明 ...

「RPAとは何か」をテーマに、図解を用いながら初心者向けに分かりやすく解説します。RPAとは簡単にいうと、「人の代わりに単純作業をこなしてくれるツール」です。詳しいメリットやデメリット、仕組みについてはぜひ本記事をご覧ください。

RPAとは? メリット・デメリットをわかりやすく解説 (1 ...

RPAとは、オフィス業務を自動化・効率化する仕組み。本稿では、そもそもRPAとは? という所から、導入のメリット・デメリット、導入の成功事例、失敗事例、実際の導入の手順や人気のツールなどについて紹介します。

RPA(Robotic Process Automation) 概説

ホワイトカラーの業務で行うPC操作をソフトウェアでロボット化するRPA(Robotic Process Automation)が注目されています。そのRPAを解説します。

ロボティック・プロセス・オートメーション - Wikipedia

デスクトップ作業のみに絞ったものをロボティック・デスクトップ・オートメーション(RDA)と呼び、RPAと区別することもある 。

RPAツールでできることとは?マクロとの違いを詳しく解説 - …

RPAはテレワーク時代における人材不足の解消に取り組む企業での導入が加速しています。ここでは、RPAツールでできることやマクロとの違い、事例や導入の進め方のポイントを紹介します。

RPAとは?基本から導入の進め方までまとめて解説 | RPA 国内 ...

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による定型業務の自動化に興味はあるけれど何から調べればいいかわからない人へ、こちらのページではRPAの概念や業務効率化を図る仕組みを一から丁寧に解説します。

RPAツール徹底比較12選|導入のメリット・デメリットや選び方 …

本記事では、RPAのツールについて詳しく解説しています。「RPA」とは何か、導入のメリット、選び方などをわかりやすく説明。さらに、厳選した12個のRPAツールについて、機能・価格・企業のどのような課題に適しているのか紹介していますので、ぜひ自社に適したツールを選ぶ参考にして下さい。

【入門編】RPAツール10選(2020年12月更新) | RPA BANK

現在日本で利用できる10種の主要RPAツールについて解説|RPAソフトウェアそれぞれの違いや特徴、そして実績まで、自社の業務の効率化にとって、最も適したソフトウェアをご紹介します。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
WhatsApp対抗のインドHikeがメッセージングアプリからの撤退を発表
ネットサービス
2021-01-20 18:36
デジタル資産「NFT」を今、フォローすべき理由
ブロックチェーン
2021-03-02 19:35
Paytmがインドのモバイル決済市場で過去最高12億件の月間取引を記録しトップの座を獲得
フィンテック
2021-03-03 08:32
自動車の窓に動画広告 道行く人にプロモーション ベンチャーが都内でβテスト
企業・業界動向
2021-01-27 11:58
大分交通、バス運行の障害情報などを「LINE WORKS」で素早く共有
IT関連
2021-02-04 18:43
日本株、再び高値圏でも投機筋は弱気–先物「空売り」いつまで持てる?
IT関連
2021-02-08 19:50
アップルがインドで最高の四半期を迎える、150万台のiPhoneを販売し市場シェアは2倍に
ハードウェア
2021-01-28 07:29
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-01-28 07:29
2024年までにLAでの都市型エアタクシー導入を目指すArcher Aviation
モビリティ
2021-02-25 03:59
APIをプロダクト化する「ノーコード」企業Blobrがプレシードで1.5億円を調達
ソフトウェア
2021-01-24 09:37
「シン・エヴァ」公開日は3月8日に IMAX、MX4D・4DXも同時公開
くらテク
2021-02-27 23:26
マカフィーが2021年の脅威を予測、モバイル決済やSNSの悪用も
IT関連
2021-01-27 17:04
ローカル5Gで想定されるセキュリティの脅威と対策
IT関連
2021-02-25 11:27
Flutter開発で使うDart言語での関数・クラスの使い方を理解しよう
IT関連
2021-02-16 01:37
玄関ドアに後付けできる宅配ボックス、LIXILが発表 ワイヤー付きの置き配バッグを収納
くらテク
2021-02-17 16:14
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-02-17 16:14