3Dプリント、ロボッティクス、自動化で手頃な価格の家を建てるMighty Buildingsが約42億円調達

3Dプリント、ロボッティクス、自動化で手頃な価格の家を建てるMighty Buildingsが約42億円調達 サムネイル

今回は「3Dプリント、ロボッティクス、自動化で手頃な価格の家を建てるMighty Buildingsが約42億円調達」についてご紹介します。

関連ワード (3Dプリント、Mighty Buildings、住宅、建築、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


その昔、家を3DプリントするというのはSFだった。

近年住宅は、どんどん高価になっている。特にサンフランシスコ周辺の値上がりは極端だ。そこでもっと手頃な価格の住宅を建設しようとテククノロジーの活用に創造的努力を振り向ける企業が出てきた。

オークランドに本拠を置くスタートアップMighty Buildingsは、3Dプリント、ロボッティクス、自動化を利用して「美しく持続可能で手頃な価格」の住宅を建設しようと試みている。同社はシリーズBのラウンドで4000万ドル(約42億円)を調達した。この資金によ、従来の建設よりも「労働時間を95%削減し、廃棄物は10分の1、スピードは2倍」という3Dプリントによる住宅建設が可能だとしている。たとえば350平方フィートのワンルームならわずか24時間で3Dプリントできるという。

創立後4年になるMighty Buildingsの取り組みはKhosla Venturesの目に止まり、今回のラウンドはKhoslaとZeno Venturesが共同でリードした。

Mighty Buildingsは2020年8月にステルスモードから抜け出した。Khoslaの運営パートナーであるRyno Blignaut(リノ・ブリノー)氏は「このスタートアップは住宅建設のコストと二酸化炭素排出量の両方を50%以上削減できる可能性がある」と考えている。

共同ファウンダーであるCOOのAlexey Dubov(アレクセイ・ドゥボフ)氏によれば、同社は3Dプリントとプレハブを組み合わせたハイブリッドアプローチで住宅建設を行っている。現在の住宅建設業界はコンクリートとスチールに大きく依存しているが、Mighty社はLSM(ライトストーンマテリアル)と呼ばれる独自の熱硬化性複合材料を発明した。

同社によれば、この素材は3Dプリンティングに利用可能で、即座に硬化し、積層間の強度も高く、強固なモノリシック構造を作ることができる。つまりコンクリート型枠の工事のようにオーバーハングや天井などの部分にサポート型枠を必要とせず、一挙に3Dプリントできる。つまり建築の壁だけでなく全な躯体を出力できる。

また複合材の後処理に同社はロボットアームを利用する。これにより、断熱材の必要な箇所への注入が自動化される。3Dプリンティングとロボット機能を組み合わせると建設プロセスの最大80%を自動化できるという。

KhoslaはMighty Buildingsのこうした革新的な建設アプローチに強く惹かれた。

ブリノー氏は「Mighty Buildingsは建物を素材の制約から解き放ち、セメントや鋼材の使用量を劇的に削減することでコストを低下させ、手頃な価格の住宅の供給を増やすとともに、全体として資源やエネルギー持続可能性を向上させることができると考えています」とメールで述べている。

同社は創立以後、多数のADU(追加居住ユニット)を出力・設置しており、現在も注文を受け付けている。ユニットの面積は864平方フィート(80平米)から1440平方フィート(134平米)で、価格は30万4000ドル(約3200万円)から42万500ドル(約4420万円)と見積もられている。サンフランシスコ周辺ではこの規模の住宅は100万ドル(約1億500万円)以上することが珍しくない。

ADUは3Dプリントされたがパネルが外殻をなし、浴室などの要素はオークランドにある同社の8万平方フィートの生産施設でプレハブ生産されている。

現在、同社はカリフォルニアでのみ住宅建設を行っているが、ドゥボフ氏は「同様の施設を作るのは簡単であり、他の地域にも進出したい」としている。

2021年、Mighty Buildingsは住宅デベロッパー向けに計画しているB2Bプラットフォームの一部として、Mighty Kit Systemと多層階の建物をプリントできる新しい繊維強化材料を販売する予定だ。同社はすでに一戸建て住宅とのデベロッパーとの契約を確保してる。今回調達した資金の一部はさらなる自動化によって生産能力を増強するため利用される。

Mighty Buildingの中長期のビジョンは建築家が独自のプランを設計者ンしデベロッパーがMighty Factoryを使用してそうした住宅を低価格で大規模に生産することだ。住宅建設のサービス化、つまりPaaS(プロダクション・アズ・ア・サービス)の実現を目指している。

3Dプリントで住宅を建設しているスタートアップは他にもある。2020年8月、オースティンを拠点とするICONは、シリーズAラウンドで3500万ドル(約36億8000万円)の資金を調達した。同社も3Dプリンター、ロボティクス、先端材料を使用して手頃な価格の家を建てることを目指している。ドゥボフ氏によると、両社における最大の違いは、ICONが建設の大部分を現場で行うのに対し、Mighty Buildingsがあらかじめ工場で製造した材料によるプレハブ工法とのハイブリッドだという点だ。

Mighty Buildingの今回のラウンドには、シリーズAの投資家、Bold Capital Partners、Giant Ventures、Core Innovation Capital、Foundamentalに加えて、ArcTern Ventures、Abies Ventures、Modern Venture Partners、MicroVentures、One Way Ventures、Polyvalentなどの新規投資家を含め12社以上の投資家が参加した。Mighty Buildingsは、Y Combinatorのトップ企業リストにも選ばれており、会社評価額は1億5000万ドル(約15億4000万円)を超えている。ただし同社は現在の評価額を明らかにすることを避けた。

Khoslaのブリノー氏は、「建築は都市景観を作る主要な部分であるだけでなく、リソースの消費も巨大です。米国の炭素排出量では建設、建築は運輸交通や一般産業よりも大きい部分を占めています」と述べた。

KhoslaはOri Living、Vicarious、Katerra、Arevoなどこのような課題に取り組む他の企業にも投資している。

画像クレジット:MightyBuildings


【原文】

Once upon a time, the idea of 3D-printed homes felt like a thing of the future.

But as housing gets less and less affordable — especially in ultra-expensive markets such as the Bay Area — companies are getting creative in their quest to build more affordable homes using technology.

One of those companies, Oakland-based Mighty Buildings, just raised $40 million in Series B funding for its quest to create homes that it says are “beautiful, sustainable and affordable” using 3D printing, robotics and automation. It claims to be able to 3D print structures “two times as quickly with 95% less labor hours and 10-times less waste” than conventional construction. For example, it says it can 3D print a 350-square-foot studio apartment in just 24 hours.

The four-year-old startup’s efforts caught the eye of Khosla Ventures, which co-led the financing along with Zeno Ventures. 

Ryno Blignaut, an operating partner at Khosla, believes that Mighty Buildings — which launched out of stealth last August — has the potential to cut both the cost and carbon footprint of home construction “by 50% or more.”

The company takes a hybrid approach to home construction, combining 3D printing and prefab (meaning built offsite) building, according to co-founder and COO Alexey Dubov . It has invented a proprietary thermoset composite material called Light Stone Material (LSM) as part of its effort to reduce the home construction industry’s reliance on concrete and steel. 

The material can be 3D printed and hardens almost immediately, according to the company, while also maintaining cohesion between layers to create a monolithic structure. Mighty Buildings can then 3D print elements like overhangs or ceilings without the need for additional supporting formwork. That way, it’s able to fully print a structure and not just the walls. 

Robotic arms can post-process the composite, which combined with the company’s ability to automate the pouring of insulation and the 3D printing gives Mighty Buildings the ability to automate up to 80% of the construction process, the company claims.

Khosla was drawn to the Mighty Buildings’ innovative approach.

“We believe in dematerializing buildings and non-linearly reducing the amount of cement and steel used, thereby reducing the cost of construction in order to increase affordable access to housing together with improved sustainability,” Blignaut wrote via email.

Mighty Building’s use of 3D printing, advanced manufacturing techniques, modern robotics and “new lighter and stronger materials” gives it an edge, he added.

Since its launch, the company has produced and installed a number of accessory dwelling units (ADUs) and is now taking orders for Mighty Houses — its newest product line that will range from 864 to 1,440 square feet at an estimated cost of $304,000 to $420,500 . (Similarly sized houses in some parts of the Bay Area can sell for upwards of $1 million).

The units are created with a 3D-printed exterior panelized shell while certain elements — such as bathrooms for example — are prefabricated in the company’s 79,000-square-foot production facility in Oakland. 

For now, the company is only building in California, but Dubov says it’s open to exploring other markets as its factory can be replicated.

Also, Mighty Buildings plans this year to market its Mighty Kit System and a new fiber-reinforced material for multi-story projects as part of a planned B2B platform for developers . In fact, the company already has secured contracts with developers for its single family housing product line. It also plans to use the new capital in part to scale its production capacity with increased automation.

Ultimately, Mighty Building’s vision is to provide production-as-a-service, with builders and architects designing their own structures and then developers using Mighty Factories to produce them at scale.

Mighty Buildings is not the only startup doing 3D-printed homes. Last August, Austin-based ICON raised $35 million in Series A funding. The company also aims to reinvent building affordable homes with the use of 3D printers, robotics and advanced materials. The biggest difference between the two companies, according to Dubov, is that ICON does primarily onsite construction while Mighty Buildings prefabricates in a factory.

More than a dozen other investors also participated in Mighty Building’s latest round, including returning backers Bold Capital Partners, Giant Ventures, Core Innovation Capital and Foundamental and new investors including ArcTern Ventures, Abies Ventures, Modern Venture Partners, MicroVentures, One Way Ventures, Polyvalent Capital and others. Mighty Buildings was also included in Y Combinator’s Top companies list, all of which have valuations over $150 million (although the company declined to reveal its current valuation). 

For its part, Khosla’s Blignaut believes that buildings are “a big part of our urban landscape and a large consumer of resources.”

“Construction and building account for more carbon emissions in the U.S. than transportation or industry,” he said. Other portfolio companies addressing such challenges include Ori Living, Vicarious, Katerra and Arevo.

(文:Mary Ann Azevedo、翻訳:滑川海彦@Facebook)

資金調達 - Wikipedia

資金調達 (しきんちょうたつ、 英: financing )とは、事業に必要な 資金 を調達することをいう。. 資金調達という用語は、政府 組織 、民間企業、個人事業主の事業などについて幅広く用いられている。. 「資金調達」という用語は、広義には、自己がすでに有している資本(勘定科目上で 自己資本 にあたるもの)を用いる方法を指すこともある。. 「資金調達」は ...

資金調達とは何? Weblio辞書

資金調達とは?OR事典。 読み方:しきんちょうたつ【英】:financing所要資金を集めることで, 資金には設備などの固定資産に用いる長期資金と, 現預金・売掛金・在庫などの流動資産に充てる短期資金とがある. 前者は主に株式...

資金調達の方法一覧

資金調達の方法は、アセットファイナンス、デッドファイナンス、エクイティファイナンスに分けられます。資産の有無や望む現金化の形態に応じた選び方が求められます。会社にあった資金調達方法を実行することが大切です。

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリット ...

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリットデメリット|資金調達BANKは【資金調達の専門家】が銀行融資・公的融資(制度融資)・ビジネスローン・不動産担保ローン・ファクタリング・手形・助成金(補助金)・出資・株主割当・ベンチャーキャピタル・エンジェル・資産の売却・リースの活用など、様々な資金調達方法について、図解して丁寧に解説しています。資金調達方法の解説だけでなく、「資金繰りを改善するために何をすれば良いのか?」「融資審査に通らないときの対策」「資金繰りを悪化させないための収益性の高い経営方法」「起業直後でも利用できる補助金・助成金の取り方」「銀行融資を受ける交渉のコツ」など、実務的に役に立つ資金調達方法も紹介しています。資金調達・資金繰りに悩む経営者や経理・財務の方必見です!

資金調達の種類、方法、メリット、デメリットまとめ【2020 …

起業を考えている方の大きな悩みになるのはやはり資金。最初は小さく事業をスタートしたとしても、事業が拡大していくにあたって資金が必要になったり、最初に投資をするような事業の場合には自己資金だけでは、なかなか事業が立ち上がらないということもあります。ここでは、資金調達の全体概要と、それぞれのメリット、デメリットなどを丁寧に解説したいと思います。

資金調達freee

資金調達freeeで. あなたに合った調達手段を比較・申し込み. 複数金融機関等の中から、最適な資金調達手段を検索・比較。. freee finance labの独自試算に基づき、審査通過可能性の診断を行います。. さらに、事業でご利用の銀行口座を登録いただくことで、試算条件が自動的に改善していきます。.

スタートアップが知っておきたい資金調達の基礎知識 ...

公開日:2020/11/20 スタートアップが資金調達を検討する際は、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家などからの「出資」の他、金融機関からの「融資」が選択肢としてあがります。最近では、クラウドファンディングを利用する企業も増えてきました。 ...

資金調達の方法12種類まとめ!事業モデルや目的別のメリット ...

資金調達について調べてみたものの、種類の多さにどれが最適なのか迷っている起業家の方も多いのではないでしょうか。本記事では、12種類の資金調達方法の概要やメリットを紹介するだけでなく、事業目的に合った方法を選べるように事例も挙げています。

経営者なら絶対に抑えておきたい10の資金調達と必読記事 | …

社長にとって、資金調達に関しても広く多角的な視点を持ち、事業の可能性を広げるというスキルは非常に重要です。そこで、今回は会社設立前後における資金調達手段をご紹介します。

ファクタリングで即日スピード資金調達 - ベストファクター ...

ファクタリング【即日スピード調達】手数料の安いファクタリング会社を選ぶなら【手数料2~】で資金調達できるベストファクターをご利用ください。「来店不要オンライン審査通過率は90%以上」「即日振込実行率は80%以上」で、「すぐに現金が必要」にお応えします。私たちベスト ...

トップは年間316億円を調達、2020年の国内スタートアップ資 …

新型コロナウイルスが日本経済に暗い影を落とした2020年。こうした中、多額の資金調達に成功した成長著しいスタートアップはどんな会社で、また、どんな事業を推進しているのだろうか? 成長産業支援事業を

【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ資金調達金額 ...

フォースタートアップス株式会社のプレスリリース(2021年2月12日 07時50分) STARTUP DB 調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1月)

今さら聞けない!資金調達とは?事業成功のための調達方法を ...

 · ビジネスをしていく中で、新規事業や設備投資などの資金調達は、経営者が避けられない問題になります。資金調達にはさまざまな方法がありますが、目的に合わせた方法を選択することが大切です。よって、自分達の事業に合った資金調達方法を選べるといいでしょう。

資金調達をする前に資金繰り計画表や財務戦略の再確認を ...

企業は、事業を継続させるためには必ず資金が必要です。事業運転資金や設備資金、仕入資金などを自己資金で賄えない場合、資金調達が必要となってきます。また、調達しただけではなく、その後の資金繰りや財務戦略も大切になってきます。当ページでは資金調達から、財務戦略。そして資金調達の本当の目的までをご紹介。

AI動画編集のオープンエイトが首位に--2021年1月の資金調達 ...

フォースタートアップスは、2020年1月を対象とした「国内スタートアップ資金調達額・想定時価総額ランキング」を発表した。

クラウドファンディング徹底比較!| 資金調達プロ

クラウドファンディングおすすめ比較! クラウドファンディング(Crowdfunding)は、ネット上でプロジェクトに賛同する人・資金を集める方法です。   さまざまな業界が「資金繰り」で頭を悩ませていますが、クラウドファンディングをきっかけに資金を調達し、資金ショートを回避した例が複数あります。   いま資金繰りで困っている方は、資金調達の方法

資金調達に関するプレスリリース・ニュースリリースのPR TIMES

 · Crezit、プレシリーズAラウンドにて追加資金調達を実施、累計2.7億円の資金調達を完了 2021年2月9日 11時00分 Crezit株式会社 【世界初・オープン ...

ファクタリングや資金調達、資金繰りのことなら株式会社 …

ファクタリングをはじめ資金調達や資金繰りのことなら是非ご相談下さい。即日スピード対応はもちろん、きめ細やかなサポートで資金に関するお悩みを解決致します。

【2月第2週資金調達まとめ】ニオイ識別センサー開発を手がけ …

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、2月2週目の“注目のトピック”とし

Weblio和英辞書 -「資金調達」の英語・英語例文・英語表現

「資金調達」は英語でどう表現する?【対訳】fundraising... - 1000万語以上収録!英訳・英文・英単語の使い分けならWeblio英和・和英辞書

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
トランプ前大統領のFacebookとInstagramからの締め出しを監督委員会が審議
企業・業界動向
2021-01-23 11:00
M1 Macは敗れたままなのか? 音楽制作プラグインの負荷を再検証した (1/3)
イラスト・デザイン
2021-01-17 23:19
サービスナウ、新型コロナワクチンの供給・接種を支援するソリューション提供へ
IT関連
2021-01-29 17:10
「お母さん、今日は英会話の日だよね!」 フォートナイトで学ぶ“eスポーツ英会話教室”が小中学生に人気 (1/2 ページ)
くわしく
2021-02-04 19:04
マイクロソフト、「Teams Pro」でウェビナー機能など追加予定か
IT関連
2021-02-16 00:29
“事件”以来3年ぶり コインチェック、テレビCM再開
企業・業界動向
2021-01-14 00:26
真のキャッシュレス社会実現のために必要な5つの改革
フィンテック
2021-01-12 17:08
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-01-12 17:08
インフラ管理を自動化する「GKE Autopilot」が提供開始、ノード管理操作を省略可能に
IT関連
2021-02-26 11:04
3兆6420億円の新エネルギー政策を含む2020年末の米国景気刺激法案
パブリック / ダイバーシティ
2021-01-19 10:54
ユニクロ、公式アプリにスマホ決済機能 「UNIQLO Pay」スタート
最近の注目ニュース
2021-01-20 08:39
埼玉県教委が中学校へのスマホ持ち込み緩和 懸念は? メリットは?
IT関連
2021-01-29 22:39
量子コンピューティングのスタートアップIonQのCEOが考える未来
IT関連
2021-01-21 21:01
マイクロソフトのプレジデントが語った今見直すべきITの倫理、サイバーセキュリティ–CES 2021
IT関連
2021-01-16 03:05
トヨタ出資の電動航空機メーカーJoby AviationもSPAC経由で上場か
モビリティ
2021-02-14 03:49
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-02-14 03:49