サステナブルに関するポッドキャストはなぜVCも支援する事業に転換したのか

サステナブルに関するポッドキャストはなぜVCも支援する事業に転換したのか サムネイル

今回は「サステナブルに関するポッドキャストはなぜVCも支援する事業に転換したのか」についてご紹介します。

関連ワード (Brightly、ポッドキャスト、持続可能性等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


サステナブルファッションに関するポッドキャストにゲスト参加した際に偶然出会ったLaura Wittig(ローラ・ウィティグ)氏とLiza Moiseeva(リザ・モイシーヴァ)氏。あまりにも意気投合した2人は、Good Togetherと名づけた自分たちのポッドキャストを始めることにした。無理のない範囲で、環境に配慮した消費者になる方法を学ぶ場所を提供するというのが同番組の目的だ。

一消費者がゼロ・ウェイストを完璧に実行できていないからといって、批判的になることのない姿勢が同番組の差別化要因だとウィティグ氏は考えている。「すると次第に、単なるリスナーとして以外に何ができるのかという質問を人々からeメールで受けるようになりました」と同氏。番組開始から1年以上経った現在、共同ホストの2人はこういったリスナーからの言葉に応えるべく、新たに独立した事業Brightlyを立ち上げた。

Brightlyは厳選されたエコフレンドリーなグッズを販売し、環境意識の高い消費者になるためのアドバイスを提供するプラットフォームだ。同スタートアップはSheets & GigglesやJuice Beautyなど、環境に優しいブランドの製品をすでに200点以上取り扱っているが、長期的なビジョンはBrightlyブランドとして独自の製品シリーズを立ち上げることだという。ホームスペースで2~4製品を目安に展開し始めていく予定だ。

製品をホリデーシーズンに間に合わせるため、同社はTacoma Venture Fund、Keeler Investmentsの他、FAB Venturesの支援者で元L’OréalのCEOのOdile Roujol(オディール・ルジョル)氏、Female Founder’s Allianceなどの投資家から100万ドル(約1億500万円)のベンチャー資金を調達したとTechCrunchに語ってくれた。

Brightlyの目まぐるしい12カ月間を締めくくるものとなった今回の資金調達。同社はソーシャルメディア企業Snapの2018年に始まった社内取り組みであるYellow Acceleratorに参加した。プログラムの一環としてSnapは各Yellowスタートアップに15万ドル(約1600万円)を投資して株式を取得している。また、2020年秋にはFemale Founders Allianceが実施したエクイティフリーのアクセラレーター、Ready Set Raiseにも参加している。

新たな資金提供を受けたBrightlyは、優れた製品をレコメンドすることでコミュニティを作り、戦略を転換して熱心なファンが同じブランドの自社製品を購入するようにするというGlossier的なアプローチで次のビッグブランドになろうとしている。

「私たちはショップで直接購入してくれる女性コミュニティにリーチすることができ、また彼女たちのために向けた製品を用意しています」とウィティグ氏。

ウィティグ氏はBrightlyを、ShopifyやAmazonのように一瞬で買い物が完結する「無味乾燥なショッピングページ」よりも深い体験ができるサイトにしていきたいと語る。

同社の製品はすべて、プラットフォームに掲載される前に広範におよぶ検証プロセスを経ている。すべての製品が持続可能で倫理的なサプライチェーンプロセスと持続可能な素材で作られていることを確認し、またブランド誕生までの背景を知るため、Brightlyのプラットフォームに掲載される各ブランドの創設者にインタビューを行っている。また、共同創設者の2人は製品の耐久性や寿命に関しても重きを置いており、ウィティグ氏のいう「Wirecutter(The New York Timesの製品レビューサイト)的アプローチ」を取り入れているという。

「倫理的な方法で作られたレザーのハンドバッグと、レザーではないものの長く愛用できない耐久性の低いハンドバッグなら、どちらが良いかという話です。エコフレンドリーという言葉はあまりにも曖昧なため、顧客とのコミュニケーションを大切にしています」とウィティグ氏はいう。

画像クレジット:Brightly

同氏によると、Brightlyには毎日25万人以上のユーザーがアプリやウェブサイトを経由して訪れているという。同スタートアップは主にブランドとのパートナーシップと、ユーザーを有料製品に導くことで収益化を図っている。

画像クレジット:Brightly

同社の収益化戦略は、アフィリエイトリンクやエピソードの途中で入る商品の紹介などポッドキャストのそれと似ている。現在はこの方法に頼っているが、共同創設者の2人は今後独自のeコマースの立ち上げることで、より多くな収益につながるとみている。

「大きな利益を出すためのチャンスはアフィリエイトリンクではありません。直接取引を行い、私たちが厳選した倫理的で持続可能な商品を販売することに価値があるのです」とウィティグ氏はいう。

環境に優しい商品についてのポッドキャスティングから自社で商品を作ることへの移行は強力なシフトだ。流通コマースチャネルの創造はポッドキャスティングビジネスよりも大きなチャンスであり、利益を生む可能性も高いと共同創設者の2人は考えている。

Brightlyは自社製品シリーズの製造だけでなく、ホワイトレーベルのサステイナブルな製品との提携方法についても思考を巡らせている。他の選択肢としては、大企業と提携し、Brightlyオリジナルのカラーやカスタマイズされた製品を用意することだとウィティグ氏はいう。理想的なパートナーシップの例として、ReformationとBluelandの最近のパートナーシップが挙げられる。

同氏は今後どのようにして勝利を目指すのかについての詳細を明かさなかったが、コンテンツを武器にしてスタートし、コミュニティをコマースプラットフォームに引き込んだGoopやGlossierの戦略に似ていることは確かである。

「サステナブルな製品が無数に並ぶThrive Marketのようなプラットフォームにするつもりはありません。それよりもはるかに厳選されたものとなります」と同氏。

環境意識の高い消費者コミュニティを結びつけるためのプラットフォームの必要性は、新型コロナウイルス(COVID-19)によってより明確になっている。

「何かを購入するということの意味の大きさにみんな気がついています。消費者として地元のコーヒーショップでコーヒーを買うことにより、小さなビジネスを支援するという人は多いですが、これまでAmazonですべてのものを購入するスタイルに疑問を感じていた人は少なかったのではないでしょうか」と同氏は問いかける。

投資家らとの会話は単純なものではないようだ。投資家はコミュニティベースのプラットフォームに確信が持てないため、そこには「触れない」という状況が続いている。ウィティグ氏によると、弱気な投資家の多くはAwayやBluelandなど単一の消費者向け直接販売に賭けているという。

「投資家たちは顧客獲得にかかるコストの上昇について知っており、私たちの事業を支えているコミュニティがないとどうなるかを知っています」と同氏。

Brightlyは、コマースブランドの未来は、市場へ進出してから製品を導入するかたちにすべきだと信じている。ここでの同社の最終目標はZ世代やミレニアル世代の買い物客を惹きつけることであり、ウィティグ氏によるとそのために同社はショッピング体験に人との交流の側面を導入する方法を実験しているという。

Female Founders Allianceの創設者であるLeslie Feinzaig(レスリー・フェインザグ)氏は「構築する以前にすでに需要を実証している」という点がBrightlyの魅力だと話す。

「人と人を結びつけてモノを売るためのソフトウェアの制作はさほど難しくありませんが、何千人もの熱狂的なフォロワーを集めて実際にお互いに関わり合い、そのソフトウェアを有用なものにできる企業はあまり見かけません。Brightlyはそのコミュニティを見事に作り上げました」とフェインザグ氏は述べている。

画像クレジット:Brightly


【原文】

When Laura Wittig and Liza Moiseeva met as guests on a podcast about sustainable fashion, they jibed so well together that they began one of their own: Good Together. Their show’s goal was to provide listeners with a place to learn how to be eco-conscious consumers, but with baby steps.

Wittig thinks the non-judgmental environment (one that doesn’t knock on a consumer for not being zero-waste overnight) is the show’s biggest differentiator. “Then, people were emailing us and asking how they can be on our journey beyond being a listener,” Wittig said. Now, over a year after launching the show, the co-hosts are turning validation from listeners into the blueprint for a standalone business: Brightly.

Brightly is a curated platform that sells vetted eco-friendly goods and shares tips about conscious consumerism. While the startup is launching with more than 200 products from eco-friendly brands, such as Sheets & Giggles and Juice Beauty, the long-term vision is to start their own commerce brand of Brightly-branded products. The starting lineup will include two to four products in the home space.

To get those products out by the holiday season, Brightly tells TechCrunch that it has raised $1 million in venture funding from investors, including Tacoma Venture Fund, Keeler Investments, Odile Roujol (a FAB Ventures backer and former L’Oréal CEO) and Female Founder’s Alliance.

The funding caps off a busy 12 months for Brightly. The startup has gone through Snap’s Yellow accelerator, an in-house effort from the social media company that began in 2018. As part of the program Snap invests $150,000 in each Yellow startup for an equity stake. The company also did Ready Set Raise, an equity-free accelerator put on by Female Founders Alliance, in the fall.

With new funding, Brightly is seeking to take a Glossier-style approach to become the next big brand in commerce: gather a community by recommending great products, then turn the strategy on its head and make your superfans buy in-house products under the same brand.

“We have access to a community of women who are beating our door down to shop directly with us and have exclusive products made for them,” Wittig said.

Brightly wants to be more than a “boring storefront” one could quickly whip up on Shopify or Amazon, Wittig says.

The company’s curation process, which every product goes through before being listed on the platform, is extensive. The startup makes sure that every product is created with sustainable and ethical supply chain processes and sustainable material. The team also interviews every brand’s founders to understand the genesis of any product that lives on the Brightly platform. The co-founders also weigh the durability and longevity of products, adopting what Wittig sees as a “Wirecutter approach.”

“It’s more like, ‘why would we pick an ethically produced leather handbag over something that might be made not from leather but wouldn’t last too long necessarily,’ ” she said. “These are the conversations we have with our audience, because the term eco-friendly is very much our grayscale.”

Image Credits: Brightly

More than 250,000 people come to Brightly, either through their app or website, every day, according to Wittig. The startup monetizes largely through brand partnerships and getting those users in front of paid products.

Image Credits: Brightly

The monetization strategy is similar to what you might find a podcast use: affiliate links or product placement mid-episode. But while the co-founders are relying on this strategy right now, they see the opportunity to create their own e-commerce company as larger and more lucrative.

“The billion-dollar opportunity is not with that,” Wittig said. “The value will be going direct commerce and selling our picks of ethical sustainable goods.”

Marking the transition from podcasting about eco-friendly goods to creating them in-house is a strong pivot. The co-founders consider creating a distribution commerce channel to be a larger opportunity and likely more lucrative than the podcasting business.

Beyond creating a line of their own products, Brightly is thinking about how to partner with white-label sustainable products. Another option, Wittig said, is to partner with big corporations to get products on their shelves with colors and customization for Brightly. An example of an ideal partnership would be Reformation’s recent partnership with Blueland.

Wittig declined to share more details on how they plan to win, but likened the strategy to that of Goop or Glossier, two companies that started with content arms and drew their community into a commerce platform.

“It’s not going to be a Thrive Market where there are hundreds and thousands of sustainable goods on there. It’s going to be much more curated,” she said.

COVID-19 has helped the startup further validate the need for a platform that unites a conscious consumer community.

“We are all so aware of the purchasing power we have,” she said. “As consumers we go out and support small businesses by getting coffee on the go. But before, we did not think twice about getting everything from Amazon.”

The conversation with investors hasn’t been as simple, the co-founder said. Investors continue to be “hands off” about community-based platforms because they are unsure it will work. Wittig says that many bearish investors have placed bets on singular direct-to-consumer brands, such as Away or Blueland.

“Those investors know the rising costs of customer acquisition, and see what happens when you don’t have a community that surrounds our business,” she said.

Brightly is betting that the future of commerce brands has to start with a go-to-market, and then bring in the end-product, instead of the other way. The end goal here for Brightly is attracting, and generating excitement from, Gen Z and millennial shoppers. To do so, Wittig says that Brightly is experimenting with ways to implement socialization aspects into the shopping experience.

Leslie Feinzaig, the founder of Female Founders Alliance, said that what’s special about Brightly is that it “demonstrated demand before building for it.”

“I think a lot of people today could build software to connect people and sell things, but very few people could get thousands of fanatical followers to actually engage with each other and make that software useful,” Feinzaig said. “Brightly built that community with matchsticks and tape.”

(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Dragonfly)

COMMENTS


6250:
2021-02-24 21:15

ポッドキャストの最新エピソードを聴く: EP.14 『続けてよかったこと』GUEST : 河明樹(ソヘグム奏者)

6259:
2021-02-24 19:45

ポッドキャストで大竹まことのゴールデンラジオを聞いていたら、「哲学対話」という単語が出てきた。 omでハナキン0212 の乾杯の音頭のテーマだったあれだった。 梶谷真司教授のお話おもしろかったです。

6257:
2021-02-24 18:47

拙訳『女ふたり、暮らしています。』の見本が届きました。 yes24のポッドキャストで人気のキム・ハナさんと、ファッション雑誌『W Korea』の元エディター、ファン・ソヌさんによる女ふたり+猫4匹の共同生活記。 ポップなエッセイですが…

6256:
2021-02-24 14:48

【予約開始!】 『韓国語学習ジャーナルhana Vol. 39』今回の特集は「おうち時間で韓国語!オンライン時代の今どき韓国語学習-おすすめのYouTubeチャンネル、ポッドキャスト、ラジオからオンライン講座、オンライン留学までを紹介-」 アマゾ…

6252:
2021-02-24 11:55

歴史はそこまで明るくないけど学ぶのは好きなのでSpotifyのポッドキャストを聞き始めました 今は学ぼうと思えば無料でもリソースがたくさんあって素晴らしいね

6251:
2021-02-24 11:26

作業するのにカフェの音楽流すのも良いし、私は落語とかもこれで聴くし、オール◯イト◯ッポンのポッドキャストもあるし、音楽へのハードル下がってとても良いサービスなので楽しんでほしいな。

6253:
2021-02-24 09:15

でブログを書く→文字コンテンツが音声に起こされる→ でポッドキャストとして配信。😮

6255:
2021-02-24 06:34

空気階段の踊り場、ポッドキャストを初回から聴いているけど、まじでラジオは「こちら側」と「あちら側」を繋ぐ橋。

6258:
2021-02-24 05:10

この俺の考えた最高の平沢進ライブアルバムみたいなポッドキャストなんなの…!

6254:
2021-02-24 00:59

ポッドキャスト:Cバンドオークションの話は何ですか?keDanorizon 原文訳: By

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「Rails 6.1.1」がリリース、Active Recordにおけるさまざまな修正を実施
IT関連
2021-01-14 15:58
デジタル時代の組織カルチャーを手に入れるための施策(1)
IT関連
2021-02-17 15:21
Googleが「責任あるAI」部門に新たなリーダーにマリアン・クローク博士を任命
人工知能・AI
2021-02-20 14:19
データ活用の新しいスタイル、価値あるデータ体験を提案–クラウデラ・大澤社長
IT関連
2021-01-15 00:02
新プランで収益悪化懸念 携帯大手増益、非通信に力
IT関連
2021-02-09 07:54
SAPが「RISE with SAP」発表−−サービスとしてのビジネストランスフォーメーション
IT関連
2021-01-28 02:03
世界中からリモートワーカーを見つけるOmnipresentがシリーズAで16.4億円を調達
HRテック
2021-01-23 20:03
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-01-23 20:03
各分野のコラボレーション進む–Appier、AIトレンドの2020年総括と2021年予測
IT関連
2021-01-21 18:53
ファーウェイCEOはバイデン新大統領との会談を歓迎
ハードウェア
2021-02-11 13:25
POSIX向けWindows互換レイヤ「Wine 6.0」リリース、コアモジュールがPE形式に
IT関連
2021-01-19 14:05
イラスト発注サービス「Skeb」運営元、全株式を老舗出版社に譲渡 「1人でのサービス維持が難しい」
企業・業界動向
2021-02-15 06:39
日立Sol、UiPathのロボット開発を支援する製品を展開
IT関連
2021-02-01 17:55
ゲルシンガー氏が率いるインテルのこれから
IT関連
2021-01-20 19:39
河野大臣、テレワークの虚偽報告に「処分の対象となり得る」と警告 霞が関の出勤抑制巡り
ネットトピック
2021-01-14 02:25
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-01-14 02:25