ロケット打ち上げ用OSを元SpaceXエンジニアの企業Epsilon3が開発

ロケット打ち上げ用OSを元SpaceXエンジニアの企業Epsilon3が開発 サムネイル

今回は「ロケット打ち上げ用OSを元SpaceXエンジニアの企業Epsilon3が開発」についてご紹介します。

関連ワード (Epsilon3、OS、ロケット等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Laura Crabtree(ローラ・クラブツリー)氏は、子供の頃からロケットの打ち上げをテレビで見るのが大好きで、仕事も最初に入社したNorthrup Grumman(ノースラップ・グラマン)から、次に移ったSpaceX(スペースエックス)で、ずっとロケットの打ち上げに携わってきた。

SpaceXのシニアミッションオペレーションエンジニアを務めていた彼女だが、現在はロサンゼルスに拠点を置くEpsilon3(エプシロンスリー)という宇宙関連スタートアップ企業の共同設立者兼CEOとして、打ち上げオペレーション用のオペレーティングシステム開発を手がけている。

「私が欲しかったツールは存在しませんでした」と、クラブツリー氏はいう。そこで、次の機会を求めてSpaceXを離れたとき、自分が持っていなかったツールキットを開発しようとするのは当然のことだった。「私は、宇宙産業がより効率的になりエラーが減ることに貢献できる方法を探し始めました」と、初めて起業家となった同氏は語っている。

クラブツリー氏とともにこの新事業に参加した人物は、前に起ち上げた会社のEpirus(イピロス)で、8VC、Bedrock Capital(ベッドロック・キャピタル)、L3 Harris Technologies(L3ハリス・テクノロジーズ)などの投資家から少なくとも1億4470万ドル(約157億6000万円)を調達した連続起業家のMax Mednik(マックス・メドニック)氏と、元Google(グーグル)でチーフソフトウェアエンジニアを務めていたAaron Sullivan(アーロン・サリバン)氏だ。メドニック氏も起業に目を向ける前にはGoogleで働いていた経験がある。同氏がそれまで手がけてきた事業は、金融サービス用ソフトウェアから法律サービス用ソフトウェアまで多岐にわたるが、メドニック氏は航空宇宙にも興味を持っていた。学校を卒業して最初に求職したのはSpaceX、JPL、Googleだった。

SpaceX出身者が起業したネットワークの中でも、Epsilon3は、First Resonance(ファースト・レゾナンス)やPrewitt Ridge(プルウィット・リッジ)と同様に、ロケットの設計、製造、ミッション管理、運用のうち、これまで手作業や特別に作られたツールで対応していた部分をプロダクト化している。

「この会社は、ロケット打ち上げ会社やそのペイロードとなる衛星会社に向けて、ミッション管理ソフトウェアを製作しています」と、最近のシードラウンドに参加したStage Venture Partners(ステージ・ベンチャーズ・パートナーズ)の創業者でマネージングパートナーであるAlex Rubalcava(アレックス・ルバルカバ)氏は述べている。「設計や仕様だけではなく、実際に動作しているとき、データのアップリンクやダウンリンク、ソフトウェアの変更をしているときに、何をしているのかが重要なのです」。

ルバルカバ氏は、Epsilon3の市場はまったく新しいものだが、急速に成長していると認めた。

「これは、かつて宇宙へのアクセスは非常に高価で、各国政府の機関や世界で10〜20社の商業衛星事業者にしか提供されていなかったという事実に基づく分析でした。そして実際に打ち上げが可能な企業は、ごく限られていました」と、ルバルカバ氏はいう。「しかし今では、突然、30もの異なる宇宙飛行が行われるようになりました。30もの異なる会社がロケットを所有しているのです。宇宙へのアクセスは、かつては希少で、高価で、非常に制限されていましたが、今ではもはや、そうではありません」。

画像クレジット:Relativity Space

宇宙サービスの需要は爆発的に増加しており、2026年には打ち上げサービス産業が180億ドル(約1兆9600億円)を超えると予測するアナリストもいる。

「とてもよく似た話ですが、私たちはみんなSpaceXの異なる部署の出身です」と、クラブツリー氏は語っている。First Resonanceは試作から製造までのソフトウェアを提供し、Prewitt Ridgeはエンジニアリングおよび管理ツールを提供し、Epsilon3は打ち上げオペレーション用のオペレーティングシステムを開発している。

「設計開発、製造、統合試験、運用という段階があり、私たちはその統合試験と運用をサポートしようとしています」と、クラブツリー氏はいう。

First ResonanceとPrewitt Ridgeは航空宇宙や製造業にまで広く応用されているが、クラブツリー氏の目、そして彼女の会社の使命は、依然として星に向けられている。

「私たちは宇宙に焦点を絞り、最も困難で複雑な環境でもソフトウェアが機能することを証明しています」と、メドニック氏はいう。「原子力発電所の建設や操業、エネルギー、採鉱、航空など、複雑なワークフローを必要とする他の分野にも応用できますが、今のところ、そして予測可能な将来のことを考えると、宇宙ビジネスがすべてなのです」。

メドニック氏は、このソフトウェアを、ワークフローや手順を制御・編集するための電子ツールキットと表現した。「Asana(アサナ)のプロジェクト管理とGitHub(ギットハブ)のバージョン管理を融合させたようなものだと思っていただければよいでしょう」と、同氏はいう。「サブシステムやシステムと、システムの運用を統合させるためのものでなければなりません」。

SFドラマ「Babylon 5(バビロン5)」に登場する惑星にちなんで名付けられたEpsilon3は、将来的に他の世界を探査するロケットミッションに欠かせない存在になるかもしれない。少なくとも、Stage Venture PartnersやMaC Ventures(マック・ベンチャーズ)などの投資会社は、180万ドル(約1億9600万円)の初期投資を行って、この事業に賭けている。

現時点で、Epislon3の初期の顧客は、打ち上げ時に同社のプラットフォームを使用している初期段階の宇宙企業で、Stoke Space(ストーク・スペース)のような新規参入のロケット企業などだ。

関連記事:再利用型ロケットを次の段階へ引き上げるStoke Spaceが9.7億円のシード資金調達

「我々にとって、宇宙とディープテックはホットなテーマです」と、MaC Venturesの共同設立者でマネージングパートナーであるAdrian Fenty(エイドリアン・フェンティ)氏は述べている。この前ワシントン市長は、メドニック氏の連続起業家としての信用と、クラブツリー氏のこの分野における極めて深い専門知識の組み合わせに注目した。

「私たちは一般的なオペレーティングシステムを見てきて、良いものが出てくるのではないかと考えていました」とフェンティ氏はいう。彼の会社は、深宇宙、深技術、そして垂直統合型オペレーティングシステム開発にともなう命題という、すべての条件を満たす組み合わせを、Epislon3に見つけた。

MaC Venturesの前身であるM Venturesの共同設立者で、フェンティ氏とともにマネージングパートナーを務めるMichael Palank(マイケル・パランク)氏は「この会社を調査してみると【略】宇宙がいかに大きなビジネスであり、今後もそうなるだろうということがわかります」と語る。「地球上の課題の多くは、宇宙でしか解決できません。そして、宇宙への往来を管理するためには、より優れたオペレーティングシステムが必要です」。

AstraのRocket 3.2第2段から見た宇宙(画像クレジット:Astra)

画像クレジット:NASA/Bill Ingalls / Getty Images


【原文】

Laura Crabtree spent a good chunk of her childhood watching rocket launches on television, and her entire professional career launching rockets, first at Northrup Grumman and then at SpaceX.

Now, the former senior missions operations engineer at SpaceX is the co-founder and chief executive of a new LA-based space startup called Epsilon3, which says it has developed the operating system for launch operations.

“The tools I had wanted did not exist,” said Crabtree. So when she left SpaceX to pursue her next opportunity, it was a no-brainer to try to develop the toolkit she never had, the first-time entrepreneur said. “I started looking at ways in which I could help the space industry become more efficient and reduce errors.”

Joining Crabtree in the new business is Max Mednik, a serial entrepreneur whose last company, Epirus, raised at least $144.7 million from investors including 8VC, Bedrock Capital and L3 Harris Technologies, and Aaron Sullivan, a former Googler who serves as the chief software engineer. Mednik worked at Google too before turning his attention to entrepreneurship. His previous businesses ranged from financial services software to legal services software, but Mednik also had an interest in aerospace. His first job offers out of school were with SpaceX, JPL and Google.

Part of a growing network of SpaceX alumni launching businesses, Epsilon3, like its fellow travelers First Resonance and Prewitt Ridge, is creating a product around an aspect of the design, manufacturing mission management and operations of rockets that had previously been handled manually or with bespoke tools.

“They make mission management software for the launchers and for the satellite companies that are going to be the payload of the rocket companies,” said Alex Rubalcava, the founder and managing partner of Stage Venture Partners, an investor in the company’s recent seed round. “ It’s not just the design and spec but for when they’re actually working what are they doing; when you’re uplinking and downlinking data and changing software.”

Rubalcava acknowledged that the market for Epsilon3 is entirely new, but it’s growing rapidly.

“This was an analysis based on the fact that access to space used to be really expensive and used to be the provenance of governments and 10 or 20 commercial satellite operators in the world. And it was limited by the fact that there were only a handful of companies that could launch,” Rubalcava said. “Now all of a sudden there’s going to be 30 different space flights. Thirty different companies that have rockets… access to space used to scarce, expensive, and highly restricted and it’s no longer any of those things now.” 

Image Credits: Relativity Space

The demand for space services is exploding, with some analysts estimating that the launch services industry could reach over $18 billion by 2026.

“It’s a very similar story and we all come from different places within SpaceX,” said Crabtree. First Resonance provides software that moves from prototyping to production; Prewitt Ridge provides engineering and management tools; and Epsilon3 has developed an operating system for launch operations.

“You’ve got design development, manufacturing, integration tests and operations. We’re trying to support that integration of tests and operations,” said Crabtree. 

While First Resonance and Prewitt Ridge have applications in aerospace and manufacturing broadly, Crabtree’s eyes, and her company’s mission, remain fixed on the stars.

“We’re laser focused on space and proving out that the software works in the highest stakes and most complex environments,” said Mednik. There are applications in other areas that require complex workflows for industries as diverse as nuclear plant construction and operations, energy, mining and aviation broadly, but for now and the foreseeable future, it’s all about the space business.

Mednik described the software as an electronic toolkit for controlling and editing workflows and procedures. “You can think of it as Asana project management meets GitHub version control,” he said. “It should be for integration of subsystems or systems and operations of the systems.”

Named for the planet in “Babylon 5,” Epsilon3 could become an integral part of the rocket missions that eventually do explore other worlds. At least, that’s the bet that firms like Stage Venture Partners and MaC Ventures are making with their early $1.8 million investment into the business.

Right now, Epislon3’s early customers are coming from early-stage space companies that are using the platform for live launches. These would be companies like Stoke Space and other new rocket entrants. 

“For us, space and deep tech is hot,” said MaC Ventures co-founder and managing partner, Adrian Fenty. The former mayor of Washington noted the combination of Mednik’s serial entrepreneur status and Crabtree’s deep, deep expertise in the field.

“We had been looking at operating systems in general and thinking that there would be some good ones coming along,” Fenty said. In Epsilon3 the company found the combination of deep space, deep tech and a thesis around developing verticalized operating systems that ticked all the boxes. 

“In doing diligence for the company… you just see how big space is and will become as a business,” said Michael Palank, a co-founder and managing partner at MaC Ventures predecessor, M Ventures alongside Fenty. “A lot of the challenges here on Earth will and only can be solved in space. And you need better operating systems to manage getting to and from space.”

The view from Astra’s Rocket 3.2 second stage from space. Image Credits: Astra

(文:Jonathan Shieber、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

OS(オペレーティングシステム)とは - IT用語辞典 e-Words

OS【オペレーティングシステム / 基本ソフト / Operating System】とは、ソフトウェアの種類の一つで、機器の基本的な管理や制御のための機能や、多くのソフトウェアが共通して利用する基本的な機能などを実装した、システム全体を管理するソフトウェア。

オペレーティングシステム - Wikipedia

OSは、 パーソナルコンピュータ から スーパーコンピュータ までの各種のコンピュータや、更には スマートフォン や ゲーム機 などを含む各種の 組み込みシステム で、内部的に使用されている。

OSって何?OSの種類と、自分のパソコンのOS確認方法 ...

OSには様々な種類があり、WindowsとMacが代表的なOSです。当記事では普段よく耳にする言葉「OS」の意味と、WindowsとMac以外のOSの種類と使用しているパソコンのOSの確認方法についてもご紹介します。

OSとは - コトバンク

ASCII.jpデジタル用語辞典 - OSの用語解説 - コンピューターの管理やユーザーへのインターフェースとその動作などを実現するソフトウェアの総称。基本ソフトウェアとも呼ぶ。OSによって実現できる機能に差はあるが、入出力機能、ファイル管理、メモリー管理、ネットワーク機能などは、基...

株式会社オーエス【プロジェクタースクリーンを ... - os ...

2021年03月10日 店舗の窓口や受付カウンター、会社の事務所や会議室、保育園や幼稚園、学校、病院などへ、簡単に設置出来て収納して持ち運びが可能な感染予防用のシールドスクリーンを新発売。 2021年03月01日 周囲の景観にマッチ ...

OSとは パソコン初心者講座

OSとは、コンピューターを動かすためのソフトウェアのことです。 Operating System オペレーティング システムの略。�

OSとは何か?初心者向けに基本的な知識や種類をわかりやすく ...

こんにちは! インストラクターの佐野です。 OSってなに? って思っている方は多いのではないでしょうか。調べて説明を読んでもわからない、理解ができない...そんな声を多くいただきます。そこで、今回は「OS」について徹底的に解説します。 いままでモヤモヤしていたものが、一気に解消されること間違いないでしょう!

オペレーティングシステムの一覧 - Wikipedia

OS/VS(Operating System/Virtual Storage、OS/360の System/370 仮想記憶 対応版、「 OS/370 」の名称は間違い) OS/VS1(Operating System/Virtual Storage 1、OS/MFTの仮想記憶版) OS/VS2(Operating System/Virtual Storage 2、OS/MVTの仮想記憶版) OS/VS2 R1(別名Single Virtual Storage、SVS)

ざっくりとOSの種類まとめました【初心者向けに簡単解説!】

OSにはたくさんの種類がある。このページでは初心者の方向けに、OSとは何かと、OSの種類についてざっくりと解説した。参考にしていただければと思う。

スマホやパソコンのOSとは?初心者にもわかりやすく役割や種 …

PCやスマホに搭載されているOSは、Windows・Mac・Linux・Android・iOSなど多岐に渡ります。そもそもOSの役割とは何か、機能は何かについて1つ1つITの基礎知識として解説します。

COMMENTS


11672:
2021-03-21 00:53

【交換・譲渡】 ツキウタ。 ツキプロショップ ツキショ 缶バッジ 譲) 春 新 涙 海 陽 夜 郁 求) 同異種始雪 or1点400円 夜は2枚目など初期傷多めのため、250円 もしくは複数提供可能で2階コースター始 譲渡は出来るだけキャ…

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
強気の米国株に全集中?–「長期金利の上昇」は下落のきっかけになるか
IT関連
2021-02-19 14:00
ドコモ、請求書などの再発行を有料化 4月請求分から
企業・業界動向
2021-02-09 03:16
赤ちゃんから老人の顔まで、1枚の顔写真で合成 深層学習で加齢変化を予測 :Innovative Tech
トップニュース
2021-01-29 20:09
老舗Christie’s初のNFTオークション、デジタルアートが約75億円で落札
ブロックチェーン導入事例
2021-03-13 15:46
Squareの決済端末、日本で販売開始 iPhoneやiPadが不要に
IT関連
2021-03-18 23:14
クラウドキッチンで次世代のレストランフランチャイズを作る台湾のJustKitchen
IT関連
2021-01-25 03:34
Clubhouseに群がる芸能人 ルール違反の報道に藤田ニコルは「少しイラ」
IT関連
2021-02-17 11:28
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-02-17 11:28
「かもめーる」終了 21年度から発行せず 日本郵便が発表
くらテク
2021-03-31 11:26
ソフトバンクが社長交代 宮川副社長が昇格 宮内氏は会長、孫氏は「創業者取締役」に
企業・業界動向
2021-01-27 09:37
国立情報学研究所 喜連川所長が懸念する「スマートシティーでのデータの“お作法”」
IT関連
2021-01-29 18:36
マイクロソフト、無料でRPAをWindows 10ユーザーに提供開始/Excelの数式をプログラミング言語にした「Power fx」登場/「Flutter 2」公開、ほか2021年3月の人気記事
編集後記
2021-04-05 01:00
NVIDIAのArm買収、グーグルやマイクロソフトが米当局に懸念表明との報道
IT関連
2021-02-15 10:52
Hyzon Motorsは水素燃料電池車への意欲に米国の2つの工場を追加
モビリティ
2021-03-03 07:36
今週の記事ランキング(2021.1.24〜1.28)
IT関連
2021-01-30 01:36
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
Udemy
2021-01-30 01:36