ノースロップ・グラマンが軌道上の古い衛星の再生に成功、衛星の寿命を5年延ばす

今回は「ノースロップ・グラマンが軌道上の古い衛星の再生に成功、衛星の寿命を5年延ばす」についてご紹介します。

関連ワード (Northrop Grumman、人工衛星等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


宇宙防衛産業大手のNorthrop Grumman(ノースロップ・グラマン)が新しい衛星テクノロジーを開発した。同社のミッション延長のための衛星、MEV-2をインテルサットのIS-10-02衛星にドッキングさせ、同衛星の寿命を5年延長することに成功した。これによりオービタルサービスと呼ばれる衛星サービス業務がビジネスとして極めて大きな可能性を持つことを証明した。

2020年8月に打ち上げられたMEV-2はインテルサットの通信衛星の軌道に同期した。インテルサット衛星は打ち上げ後18年で当初の運用予定期間をすでに5年も超過しており、まもなく退役が予定されていた。しかしOSAM(軌道上サービス・組立・製造)ビジネスが指すのは、まさにこのような状況で衛星を再生することだった。成功すれば運用者には数百万ドル(数億円)の効果がある。

関連記事
・2021年には軌道上での燃料補給や製造が理論から現実へ変わる
・運用時間を延長するミッションの成功で小型衛星群化がさらに進む

米国時間4月13日の軌道上作業でMEV-2衛星はIS-10-02に慎重に接近、ドッキングに成功した。MEV-2はそれ自身が燃料をフルに搭載した新しいエンジンとなり、インテルサット衛星の寿命を5年間延長した。ノースロップ・グラマンの広報担当者は「MEV-2は、10-02衛星の新しい動力原と考えてください」と語った。同社のプレスリリースによればドッキングの仕組みは次のようなものだ。

MEV-2のドッキングシステムはインテルサット衛星の後端にある位置制御用液体アポジモーターの噴射ノゾルに挿入するプローブを備えています。軌道上にある衛星の8割近くがこうしたノズルを備えているのでMEVは多様な衛星にサービスを提供することができます。液体アポジモーターの噴射ノズルはドッキングシステムのプローブを捕獲するための誘導コーンの役割を果たします。ドッキングプローブはモーター内部に入ったところで拡張されてカスタマー衛星を捕獲します。続いてプローブは3本の支柱を備えたドッキングリングによって両衛星を確実に結合します。

MEV-2に先行するMEV-1は2020年インテルサットのIS-901衛星とドッキングし軌道変更に成功している。

関連記事:ロボットが軌道上で部品から宇宙船を組み立てるMaxarとNASAの実験

しかし、その場合、衛星は活動を停止しており、復帰に適した軌道に軌道に入っていなかった。そのためMEV-1には、ミッションの最初の部分でのアプローチに少しだけ余裕があった。

MEV-2の場合、IS-10-02衛星は通常の軌道上で運用されていたため、サービスを提供する宇宙船は対象となる衛星の運用を妨げないようにアプローチを調整する必要があった。もちろん、稼働中の衛星にサービスを提供できるようになることは、死んだ衛星にしか対応できない状況から大きなステップアップになる。

そして当然のことながら、目標は、数年も衛星にしがみつくことなく別の衛星をドッキングして燃料を補給できる宇宙船を作ること、そして故障した部品を修理して、99%機能する衛星を燃え尽きることなく軌道上に留めておくことだ。Orbit Fabのような新興企業は、これを実現するために必要な部品やポートの製造と標準化を目指しており、Northrop Grummanは2024年に打ち上げ予定の次のトリックでロボットによるサービスミッションを計画している。

画像クレジット:Northrop Grumman


【原文】

Northrop Grumman hit a new milestone in extending the life of active spacecraft as a purpose-built spacecraft, MEV-2, docked with Intelsat’s IS-10-02 satellite to give it another five years of life. It’s a strong demonstration of the possibilities in a growing field of orbital servicing operations.

MEV-2 launched in August and matched the orbit of Intelsat’s 18-year-old satellite, which would have soon been due for decommissioning, having exceeded its original mission by some five years. But it’s precisely this type of situation that the new “on-orbit service, assembly and manufacturing,” or OSAM, industry intends to target, allowing such satellites to live longer — likely saving their operators millions.

In today’s operation, the MEV-2 spacecraft slowly approached IS-10-02 and docked with it, essentially adding itself as a spare engine with a full tank. It will stay attached this way for five years, after which it will move on to its next mission — another end-of-life satellite, probably. “You can think of MEV-2 as a jetpack for the 10-02 satellite,” said a Northrop Grumman representative.

The docking process is really more of a clamping-on than a docking, since while there’s a mechanical fit between the MEV-2’s probe and the IS-10-02’s engine cone, it’s not like they’re making a seal and exchanging fluids or power. The representative explained:

The MEV-2 docking system consists of a probe that we insert into the liquid apogee engine on the aft end of a satellite. Nearly 80% of satellites in orbit have this featuring, allowing the MEV service a variety of customers. The liquid apogee engine acts as a “cone to capture” to help guide the probe which once it passes through the throat of the engine, expands to capture the client satellite. The probe is then retracted pulling three stanchions, or feet, up against the launch adaptor ring, securely clamping the two vehicles together.

Last year the MEV-1 mission performed a similar operation, docking with Intelsat’s IS-901 and changing its orbit.

But in that case, the satellite was inactive and not in the correct orbit to return to service. MEV-1 therefore had a bit more latitude in how it approached the first part of the mission.

In the case of MEV-2, the IS-10-02 satellite was in active use in its accustomed orbit, meaning the servicing spacecraft had to coordinate an approach that ran no risk of disrupting the target craft’s operations. Being able to service working satellites, of course, is a major step up from only working with dead ones.

And naturally the goal is to have spacecraft that could dock and refuel another satellite without hanging onto it for a few years, or service a malfunctioning part so that a craft that’s 99% functional can stay in orbit rather than be allowed to burn up. Startups like Orbit Fab aim to build and standardize the parts and ports needed to make this a reality, and Northrop Grumman is planning a robotic servicing mission for its next trick, expected to launch in 2024.

 

(文:Devin Coldewey、翻訳:滑川海彦@Facebook)

Northrop Grumman completes successful first flight of ...

Northrop Grumman successfully completed the first flight of Japan's RQ-4B Global Hawk on April 15, 2021, from Palmdale, Calif. With an unmatched combination of range, endurance, and payload capability, Global Hawk is the only platform that provides greater data collection flexibility than space or medium-altitude assets.

Northrop Grumman Awarded $99 Million Contract for France ...

Northrop Grumman Systems Corp., Military Aircraft Systems, Melbourne, Florida is awarded a $99,038,122 modification to a previously awarded fixed-price-incentive-firm contract. This modification adds scope to procure long lead items and associated services in support of the production and delivery of three E-2D Advanced Hawkeye aircraft for the ...

Northrop Grumman And Ultra Demonstrate Unmanned ASW ...

Northrop Grumman Corporation and UK-based Ultra have equipped a modified, manned Bell 407 (acting as an MQ-8C Fire Scout surrogate) platform with Ultra sonobuoys, receiver and processor to complete…

Northrop Grumman flies Japan's RQ-4B Global Hawk for first ...

Northrop Grumman has flown Japan's RQ-4B Global Hawk unmanned air vehicle (UAV) for the first time. The initial example of Tokyo's high-altitude UAV finished its first flight on 15 April at Northrop Grumman's Palmdale, California facility, the company says on 16 April.

25 Blue Chips With Brawny Balance Sheets | Nasdaq

The story on Northrop Grumman (NOC, $344.59) might start and finish with the U.S. military budget, which at $740 billion for fiscal 2021 is one of the largest ever. Northrop Grumman is among the ...

Japan's RQ-4B Global Hawk takes to the skies for first ...

Northrop announced the first flight milestone after rumors emerged in August 2020 that Japan could walk away from its plan to buy three Global Hawks.

Satellite new life | Modern weapons

Northrop Grumman is the only provider of flight-proven life extension services for satellites, and this is the second time the company has docked two commercial spacecraft in orbit. The company's MEV-1 made history when it successfully docked to the Intelsat 901 (IS-901) satellite in February 2020.

Will the Mars Helicopter Persevere? - Aviation Today

The Mars helicopter Ingenuity encountered a problem during a high-speed spin-up test of its rotors on April 9 delaying its planned first flight.

Defense & Aerospace Podcast [Washington Roundtable Apr 16 ...

Northrop Grumman Cyber Report: Jennifer Walsmith on the Evolving Cyber Environment; Jim Lewis on Recent Cyber Nominations April 14, 2021; DEFAERO Report Daily Podcast [April 13, 2020] Dr. Evelyn Farkas on Putin's Ukraine Test of Biden April 13, 2021

SpaceX wins NASA contract to develop human landing system ...

Since then, both Blue Origin (which bid alongside a "national team" that included Lockheed Martin, Northrop Grumman and Draper) and Dynetics have built full-scale models of their system and submitted proposals detailing their plans for the functional versions to NASA for consideration. Meanwhile, SpaceX has been actively testing functional ...

Northrop Grumman Wins $100M French E-2D Hawkeye Contract

Northrop Grumman Wins $100M French E-2D Hawkeye Contract

The New NX Sketch vs. The Old NX Sketch | NX CAD Tutorial

Get some insight toward the new NX Sketch Solver and User Interface, and compare it to the old NC Sketch pre-NX 1926 process. Learn more...

Report: NASA Chooses SpaceX to Send Astronauts to the Moon ...

The company was one of three finalists for this high-profile, multi-billion dollar award.

Northrop P-61 Black Widow - Wikipedia

The Northrop P-61 Black Widow, named for the North American spider, was the first operational U.S. warplane designed as a night fighter, and the first aircraft designed to use radar. The P-61 had a crew of three: pilot, gunner, and radar operator. It was armed with four 20 mm (.79 in) Hispano M2 forward-firing cannon mounted in the lower fuselage, and four .50 in (12.7 mm) M2 Browning machine ...

Successful first flight of Japan's RQ-4B - Alert 5

Japan's first RQ-4B Global Hawk made its maiden flight on Apr. 15, 2021 from Palmdale, California. Photo: Northrop Grumman For more information, hit the Source below Source

Global VHF Software Defined Radio Market Insights ...

Apr 16, 2021 (Heraldkeepers) -- The VHF Software Defined Radio market report provides a detailed analysis of global market size, regional and country-level...

Japan's RQ-4B Global Hawk Makes First Flight

Northrop Grumman has won $489 million contract for the supply of three RQ-4 Global Hawk block 30i air vehicles to Japan. The contract includes enhanced integrated sensor suite payload for all the ...

Avfuel: Telluride Regional Airport introduces SAF to ...

In partnership with its branded fuel supplier, Avfuel Corp., Telluride Regional Airport became the first fixed base operator (FBO) in Colorado to make sustainable aviation fuel (SAF) available to its customers.

Spacecraft Bus (JWST) - Wikipedia

The spacecraft element is made by Northrop Grumman Aerospace Systems. The sunshield and Bus are planned to be integrated in 2017. In 2014, Northrop Grumman began construction of several spacecraft bus components including the gyroscopes, fuel tanks, and solar panels. On May 25, 2016, the spacecraft's panel integration was completed. The overall spacecraft bus structure was completed by October ...

Elon Musk's SpaceX beats Bezos' Blue Origin in NASA ...

Elon Musk's SpaceX beat out teams led by Jeff Bezos' Blue Origin and Leidos subsidiary Dynetics to win a nearly $3 billion contract to build NASA's next crewed lunar lander, The Washington Post reported on Friday.

"NASA Rules": Elon Musk After SpaceX Wins $2.9 Billion ...

Musk's SpaceX bid alone whereas Amazon.com founder Bezos's Blue Origin partnered with Lockheed Martin Corp, Northrop Grumman Corp and Draper. Dynetics is a unit of Leidos Holdings Inc. "NASA Guidelines!!" Musk wrote on Twitter after the announcement.

Public Events Security And Safe City Market Growth ...

The market research report by Kenneth Research on Public Events Security And Safe City Market that has been analysed for the forecast period 2021 2025, includes a detailed segmentation of the market by SEGMENTS. The market research report predicts that the Public Events Security And Safe City Marketwill grow at a significant CAGR during the […]

Discussão:Acidente do Northrop Grumman E-11A da Força ...

Esta é a página de discussão de Acidente do Northrop Grumman E-11A da Força Aérea Americana em 2020, destinada ao debate sobre melhorias e tarefas relacionadas ao artigo.Isto não é um fórum para discussão geral sobre o assunto tratado nele.; Coloque o texto novo embaixo do texto antigo. Assine suas mensagens usando quatro tiles (~~~~) ou com o botão .

三菱スペース・ソフトウエア株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2022

【リクナビ2022】三菱スペース・ソフトウエア株式会社の2022年度新卒採用・企業情報。日本の宇宙開発を支える技術力で無限の夢を実現させよう!!

伊能忠敬顕彰記念事業 伊能図完成200年記念の集い - 東東京イベント情報

地図のミウラ折りは、人工衛星の太陽電池パネルのたたみ方考案者である東京大学名誉教授の三浦公亮氏が考案されたものです。 あーら不思議、折りたたまれた地図の対角線部分をもって左右に引っ張れば一瞬にして一面の地図に広げられ、戻せばたため ...

大学・教育関連の求人| 准教授の公募(通信情報工学分野) | 金沢大学 | 大学ジャーナルオンライン

[機関の説明(機関概要(設立年、資本金額、従業員数等)、事業内容の詳細、募集の背景、プロジェクトの説明等)] 金沢大学理工研究域電子情報通信学系では、最新の信号処理・情報処理技術を駆使して、限られたリソースで最大限の有用情報を取得する計測技術や、スパースなデータからより多くの重要知見を抽出する情報処理技術の研究を推進しています。これらの技術は、理工研究域先端宇宙理工学研究センターが推進する、太陽系・地球近傍宇宙や宇宙から地球環境を計測する超小型衛星や衛星搭載用計測器の研究・開発への応用が期待されています。また同技術は、電子情報通信学系において取り組んでいるIoT、人工知能(AI)、サイバーセキュリティを融合させた情報通信技術やネットワークシステムの研究・教育における主要技術の一つです。そこで、このような通信情報工学分野における優れた研究者を准教授として公募します。 [仕事内容(採用後の業務・職務内容、担当科目等)] 専門分野: 通信情報工学に関する先端的な技術分野 最新の信号処理・情報処理技術を駆使して,限られたリソースで最大限の有用情報を 取得する計測技術や,スパースなデータからより多くの重要知見を抽出する情報処理技術(たとえばスパースモデリング,圧縮センシング,逆問題解析,電波応用・電波計測,雑音除去,ディジタル信号処理など)の研究を推進頂きます。また,研究課題グループ「人工衛星による先端的宇宙理工学研究」に所属し,上記の専門分野を活用して,太陽系・地球近傍宇宙あるいは宇宙からの地球環境計測を可能とする技術開発にも貢献頂くとともに,先端宇宙理工学研究センターの兼任教員として,宇宙理工学分野を志す学生の教育・研究指導も担当頂きます. 教育担当: 共通教育科目,理工学域電子情報通信学類(学士課程)情報通信コース, 大学院自然科学研究科電子情報科学専攻,大学院自然科学研究科宇宙理工学コース 担当科目: 計算機・プログラミング関連(機械学習,数値解析・シミュレーションなど), 信号処理,電磁波工学,衛星通信工学などの科目(講義や実験) ※ 英語による講義を担当いただく場合があります. [勤務地住所(就業場所の詳細等)] ⽯川県⾦沢市⾓間町 [募集人員(職名・採用人数等)] 准教授 1名 [着任時期(採用日、着任日等)] 令和3年9⽉1⽇以降のできるだけ早い時期

GEグループの採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2022

【リクナビ2022】GEグループの2022年度採用スケジュール、採用人数、選考基準、福利厚生、給与などの採用情報を紹介。

システム・エボリューション株式会社 新卒採用 企業情報 | Future Finder

システム・エボリューション株式会社 新卒採用 企業情報 | Future Finder (フューチャーファインダー)は、人と企業の双方を、科学的に分析した上で、ベストマッチングを実現する学生・新卒向けの就職 サービスです。ジェイック&レイル提供

ポータブルオーディオ|オーディオ機器|テレビ、オーディオ、カメラ 通販 - Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピング | ポータブルオーディオ、147,687商品を取り扱い中。ランキング/カテゴリ別に商品を探せます。価格比較も可能。PayPay残高も使えてお得。

宇宙船や先進的製造の未来をより良くより早く実現する工場を建設するHadrian | TechCrunch Japan

もし、新しいスタートアップHadrianの8人の仲間がこの道を突き進めば、次の10年で製造業界は一変する。少なくともそれが、サンフランシスコに去年創設されたばかりのこのスタートアップの目標だ。彼らは、人工衛星、宇宙船、先進エネルギー技術を開発する企業が思い描く未来を、より良くより早く実現できる先進製造技術の新モデル..

SpaceXが世界中にインターネットを届けるStarlinkとは!? 通信速度や市場規模まで徹底解説 | 宙畑

組み合わせる人工衛星の数はなんと12,000機! これらを高度340kmから1,325kmの複数の軌道に配置し、地上との通信を行います。このように、複数の人工衛星を組み合わせて1つのミッションを遂行する方法を「衛星コンステレーション」と言います。

通信衛星事業の創造的破壊、スターリンクと「規模の経済」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

宇宙開発企業スペースXの最高経営責任者(CEO)、イーロン・マスクは2021年3月、同社の通信衛星事業スターリンクについて、興味深い発言をしている。低軌道衛星を多数打ち上げて衛星コンステレーション(多数の人工衛星からなるシステム)を形成し、

宇宙空間を漂う「スペースデブリ」を回収する方法はあるのか? - Gigazine

地球の周囲には、人工衛星やロケットの破片である「スペースデブリ」が無数に漂っています。そんなスペースデブリが人工衛星に衝突することで地球での暮らしに大きな影響が出る可能性が指摘されており、スペースデブリを除去するために銛(もり)を用いる方法やレーザーキャノンを用いる方法などが検討されています。しかし、科学系メディアのScientific Americanは「スペースデブリの除去は、スムーズに進んでいない」として、地球の周囲を漂うスペースデブリの現状を解説しています。

人工衛星の墓場「ポイント・ネモ」とは(テンミニッツTV) - goo ニュース

●これまでに8000機以上が打ち上げられている人工衛星旧ソビエト連邦が、世界ではじめての人工衛星「スプートニク1号」を打ち上げてから、60年以上が経ちました。宇宙開発...

Skycharge|ジェピコメディア|エレクトロニクス専門商社ジェピコ

│株式会社ジェピコは、スマートデバイスから人工衛星まで、幅広い分野のお客様に最適のソリューションを提供する電子部品専門商社です。半導体をはじめとする電子部品の輸入販売、自社製品の開発・販売などを行っています。

大日光・エンジニアリングは宇宙工学などで帝京大学との連携が注目され急伸 | 財経新聞

■今年度中に打ち上げ予定のJAXA人工衛星の電源供給回路を設計製造中 大日光・エンジニアリング<6635>(JQS)は4月16日、飛び出すような急伸相場となり、取引開始後に17%高の653円(94円高)まで上げて3月2日以来の600円台に進んでいる。

通信衛星事業の創造的破壊、スターリンクと「規模の経済」

宇宙開発企業スペースXの最高経営責任者(CEO)、イーロン・マスクは2021年3月、同社の通信衛星事業スターリンクについて、興味深い発言をしている。低軌道衛星を多数打ち上げて衛星コンステレーション(多数の人工衛星からなるシステム)を形成し、・・・

米中もし極東で闘わば - 豪州落人日記 (桝田礼三ブログ) : Down Under Nomad

4月16日(金)晴米軍の空母戦闘団が威風堂々と東・南シナ海を目指してやって来ても、中国の中距離弾道ミサイルのために、中国本土まで5000㎞の距離には近付けない。原潜も機雷で接近困難。日本、韓国、フィリピンの米軍基地の戦闘機は野ざらし。大量のミサイルで紛争発生後20分以内にほぼ全滅。米国本土のミサイル基地は大半が人工衛星で補足可能。他方、中国は「地下長城」と呼ばれる全長5000㎞の迷路のような地下基地に大量のミサイルを保持。戦闘機も地下掩体壕から出撃する。海南島の地下・海底には潜水艦基地。どれも人工衛星から査察されない。財政赤字で軍事費を削減している米軍の戦略兵器はどれも時代遅れ。軍事力の差は歴然としている。日中の戦力比較(8年前)米中もし極東で闘わば

となるとミサイルやロケット、人工衛星の開発は優秀な人材の独学なんだろ..

となるとミサイルやロケット、人工衛星の開発は優秀な人材の独学なんだろうか それはそれでスゲーなあ anond:20210416013212 そもそも昔も今も上級職は圧倒的に上流階級出身者で占められて 下流階級はほぼ低学歴で労働奴隷と侮蔑用玩具になってるよ

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】収容所の政治犯が輸出用石炭を採掘 父から子孫へ世代を次ぐ苦役は究極の人権蹂躙 ...

3代世襲の金一族による北朝鮮の独裁体制を支える政治構造の一つが政治犯収容所だ。収容者は20万~30万人とされ、ごく少数の脱出者の証言や米人工衛星による撮影で内情…

万有引力(力学) - 大学受験の王道

②人工衛星. ③重力加速度. ④第1宇宙速度. ⑤第2宇宙速度. ⑥人工衛星の打ち上げ. ⑦楕円軌道と円軌道. ⑧連星 (4)解法パターンチェック →の解法パターン ※この解法パターンがピンとこない方は問題演習が足りていません。

新ルート「北極海航路」 利用大幅増 道内寄港増えるか | 北海道 | KURAGE online

北海道開発局などが人工衛星のデータを使って去年、「北極海航路」を航行した船の数を調べたところ、133隻と前の年と比べて46隻、率にし ...

スコーピオン シーズン2[二] 第14話「ホワイトアウト」 - Gガイド.テレビ王国

「スコーピオン シーズン2[二] 第14話「ホワイトアウト」」の番組詳細。 特殊部隊が敵襲を受け、身動きできなくなった。スコーピオンは救出用ドローンをコントロールする人工衛星を修復するため南極へ。

大日光と帝京大が連携: 日本経済新聞

大日光・エンジニアリング(栃木県日光市)と帝京大学は15日、宇宙工学を中心とした研究開発や人材育成に向けた包括連携協定を結んだ。同社が大学と包括協定を結ぶのは初めて。山口琢也社長は「宇宙工学分野で実績をつくり、安全性が求められる他の分野の製品に活用したい」と自動車や医療分野への応用に期待を寄せた。帝京大は宇都宮市にキャンパスがある。大日光・エンジニアリングは同大が開発する小型人工衛星「Tei

陰謀論は映画で続く | U H U R U 都市伝説 - 楽天ブログ

THE FIRST purge っていう映画を見てるんですけど 人工衛星でスカパーで見てますけども 緊急放送のような そんな場面がありましたね アメリカは負債が多いもので国民を養えないんですね だから 貧困層から殺していくそれの実験をした そういうような映画ですね ホラー映画だと思って見たのに違いましたね まだ英語は終わってないんですけど 国が国民を騙して参加させた実験に 悪くない人全然悪くない人 犯…

ヤフオク! - 高感度 イクリプスgpsアンテナ 新品 Wg1-avn6...

イクリプス : AVN668HD   当商品をご覧いただき、誠にありがとうございます。  当商品は、最新受信素子搭載モデル   イクリプス : AVN668HD 用 GPSアンテナ1点となります。  GPSとは、人工衛星から現在位置の測位・位置・時間を地上に送信するシステムです

量子力学はウソだった 矛盾の実験結果 未知の素粒子を発見する事になる 茨城県の巨大加速器で再検証

ミューロケット - 日本の人工衛星打ち上げロケッ。 マイクロ(英: micro、記号: μ)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、基礎となる単位の 10-6倍(= 百万分の一、0.000 001倍)の量であることを示す。

【相模原市緑区】すわり仕事メイン!人工衛星のパネルシール貼り|派遣の求人検索サイト ジョブチェキ!

【相模原市緑区】すわり仕事メイン!人工衛星のパネルシール貼りの詳細ページです。テンプスタッフの求人検索サイト ジョブチェキ!では、希望の条件にあった仕事を検索できます。派遣から紹介予定派遣・正社員まで様々なニーズにお応えします。

低コストの小型静止通信衛星スタートアップAstranisが約272億円調達 - IT News Checker

宇宙スタートアップのAstranis(アストラニス)が、同社のユニークなMicroGEO衛星の製造を拡大する原...

現場の声を受けて日野自動車が林業専用トラック、日野デュトロ「吉野edition」を開発 | スラド It

日野自動車がネットでの意見をきっかけとして、林業などの事業向けに、急勾配や悪路走行性能の高い新型4輪駆動トラックを開発したそうだ(田中淳夫 Yahoo!ニュース個人、田中淳夫氏別記事)。 このトラックは2016年に書かれた吉野の杣人奮闘記というあるブログで、林業現場で使用する2トントラックが生産中止になり、当時...

金融大手シティ、MakerDAOとDeFiをファンドマネージャーに説明 | 眞殿勝年のMadonoISM

金融最大手シティグループが、ファンドマネージャー向けにレポートを作成。その中で、ステーブルコイン「Dai」のプロジェクト「MakerDAO」の概要と、DeFiのメリットと課題を説明している。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Amazonアプリで障害か、「すぐ落ちる」報告相次ぐ PrimeビデオやKindleも【解決済み】
企業・業界動向
2021-06-25 13:24
京大、全職員と学生の個人情報を誤って閲覧可能に システム改修時のミスに半年間気付かず
セキュリティ
2021-01-20 07:14
人工の皮膚をロボットに–その可能性とさまざまな取り組み
IT関連
2021-06-22 13:50
NEC、「スポーツビジネス推進本部」を新設–企業スポーツのビジネス化を加速
IT関連
2021-07-20 01:05
日本株–大型グロース株の調整続く? 景気敏感バリュー株は「買い場」と判断
IT関連
2021-05-24 14:38
Nixieのドローンを使った水質検査は都市行政の時間と費用を節約する
ドローン
2021-06-26 07:33
巧妙化するサイバー攻撃 「国益守る」警察庁の狙い
IT関連
2021-06-26 16:57
フィギュア高橋大輔がデザインした1R物件販売 かなり青いが「とても落ち着く雰囲気」
くらテク
2021-01-20 21:29
独Berlin Brands GroupがD2CとAmazon加盟店を約318億円で買収
ネットサービス
2021-02-02 15:09
COCOA、“多重下請け構造”解消へ 最新API対応も「重要なテーマ」
社会とIT
2021-03-17 05:40
メッシ、契約金の一部を暗号資産で受け取り 移籍先の仏サッカークラブが発表
ネットトピック
2021-08-14 14:49
「生ジョッキ缶」6月15日に再発売 数量限定で アサヒビール発表
くらテク
2021-05-09 10:04
リチャード・ブランソン氏、ベゾス氏より9日早く宇宙へ
企業・業界動向
2021-07-03 14:53
[速報]「AWS大阪リージョン」正式オープン。大阪ローカルリージョンを拡張し3つのアベイラビリティゾーンから構成、事前申し込みなど不要に
AWS
2021-03-03 23:54