自動操縦フライトスタートアップのXwingが約43.5億円の資金を調達

今回は「自動操縦フライトスタートアップのXwingが約43.5億円の資金を調達」についてご紹介します。

関連ワード (FAA、Xwing、自動運転、資金調達等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Xwingのデモ飛行中、安全パイロットは操縦桿から手を離している(画像クレジット:Xwing)

Xwing(エックスウイング)は、商用貨物輸送機によるゲート・ツー・ゲートの自動操縦デモンストレーション飛行を初めて成功させてから2カ月後、もう1つの成功を収めた。同社は米国時間4月15日、4000万ドル(約43億5000万円)の資金を調達したと発表した。

同社はこの資金を使って、エンジニアリングチームを3倍に増やすだけでなく、最終的には完全に無人の商用貨物輸送機を定期的に飛行させることも視野に入れ、事業の拡大を目指している。

Xwingは、広く使われているCessna(セスナ)の「Grand Caravan 208B(グランドキャラバン208B)」などの航空機を、自動操縦で飛ばすための技術を開発してきた。しかし、それにはまず「知覚の問題、計画の問題、制御の問題」といういくつかの問題を解決しなければならなかったと、創業者のMarc Piette(マーク・ピエット)氏は説明する。これらの問題を解決するために、同社は一連のソリューションを考え出した。LiDAR、レーダー、カメラを飛行機に搭載し、舵やブレーキなどを制御するサーボモーターに改造を加え、これらすべてを適切に連携させることで、飛行機が空間内で自分の位置を理解し、自律的に飛行することを可能にした。

同社のAutoFlight(オートフライト)システムは、すでに200回近くのミッションをこなしているが、これらのフライトでは、安全のために人間のパイロットも同乗している。また、コントロールセンターには地上管制官が常駐し、自律飛行する航空機と人間の航空管制官との間を取り持つ役割を担う。

関連記事:無人飛行ソフトのXwingは短距離の地域型航空貨物輸送を目指す

「私たちは、自然言語処理を行ってコンピューターが管制官に応答するというような、(管制官との通信を)自動化することは想定していません」と、ピエット氏はいう。「安全性が最重要視されるアプリケーションでは、そのような方法は有用ではないと考えています。私たちが取っている方法は、航空機に代わって航空管制官と会話できる地上オペレーターを管制室に配置することです。これなら航空管制官にとってなんの障害もありません。管制官にしてみれば、航空機に乗っているパイロットと話すのと変わりませんから」。

画像クレジット:Xwing

自動操縦飛行に関しては、Xwingは米連邦航空局から研究開発用の実験的耐空証明書を取得しており、2020年8月にはOPA(optionally piloted aircraft、操縦士による操縦をオプションで可能とする航空機)用の特別飛行許可も取得している。

同社では、最終的には人間のパイロットを乗せずに飛行することも検討しているが、それは完全な安全の冗長性が確保されてからでなければならないと、ピエット氏は付け加えた。そのためには、すべてのセンサーやコンピューターシステムの冗長性を確保する必要がある。飛行機に乗る私たちにとって幸いなことに、商業航空の安全レベルは非常に高い。それは、航空スタートアップに求められる耐空性基準が高いことを意味する。XwingがターゲットとしているようなクラスIIIの小型航空機は、致命的な故障のリスクが1億飛行時間あたり1回以下であることを証明しなければならない。

Xwingの活動は、投資家からの注目も集めている。今回の資金調達ラウンドは、Blackhorn Ventures(ブラックホーン・ベンチャーズ)が主導し、ACME Capital(アクム・キャピタル)、Loup Ventures(ループ・ベンチャーズ)、R7 Partners(アールセブン・パートナーズ)、Eniac Ventures(エニアック・ベンチャーズ)、Alven Capital(アルブン・キャピタル)、Array Ventures(アレイ・ベンチャーズ)が参加。今回のラウンドを含め、同社はこれまでに総額5500万ドル(約60億円)の資金を調達している。

自動操縦飛行はXwingの事業活動の一部に過ぎない。同社は2020年12月1日に締結された大手物流会社との契約に基づき、有人による商業貨物輸送機の運航も行っている。

「私たちは、事実上の航空会社を設立したのです」と、ピエット氏はいう。Xwingは航空機にセンサーを取り付けてデータを収集することで、貴重な飛行時間を訓練アルゴリズムに反映させたり、パイロットが管制官と交信する頻度や航空機が受ける指示の種類などの有用なデータを収集している。

Xwingは事業の拡大と並行して、今後12カ月の間に従業員の大幅増員も予定している。技術面では、米連邦航空局から実験的な許可と免除を受け、人間の安全パイロットを同乗させた自動操縦による商業貨物便の運行を目指している。このマイルストーンも、今後12カ月以内に達成できるだろうと、ピエット氏は述べている。その後は人間のパイロットを外すことも検討しているが、その場合も空域における移動の制限を完全になくすためには、システムが認証を受ける必要がある。

画像クレジット:Xwing


【原文】

The safety pilot has his hands off the controls during an Xwing demonstration flight. Image Credits: Xwing

Xwing has scored another win two months after it completed its first gate-to-gate autonomous demonstration flight of a commercial cargo aircraft. The company said Thursday it has raised $40 million at a post-money valuation of $400 million.

The company is setting its sights on expansion — not only tripling its engineering team, but eventually running regular fully unmanned commercial cargo flights.

Xwing has been developing a technology stack to convert aircraft, including a widely used Cessna Grand Caravan 208B, to function autonomously. But it’s had to solve a few problems first: “the perception problem, the planning problem and the control problem,” Xwing founder Marc Piette explained to TechCrunch. The company has come up with a whole suite of solutions to solve for these problems, including integrating lidar, radar and cameras on the plane; retrofitting the servomotors that control the rudder, braking and other functions; and ensuring all of these are communicating properly so the plane understands where it is in space and can execute its flight.

The company has already performed close to 200 missions with its AutoFlight system. For all these flights, there’s been a safety pilot on board. In addition, a ground control operator sits in a control center and acts as a go-between from the autonomous aircraft to the human air traffic control operator.

“We don’t anticipate automating [communication with air traffic control], trying to do natural language processing and having a computer make the response to the air traffic controller,” Piette said. “For safety critical applications, we don’t view that as a useful path…but what we do, though, is we have a ground operator in our control room that just talks to air traffic control on behalf of the aircraft. So for the air traffic controller, it’s seamless. As far as they’re concerned, they are just talking to a pilot onboard the aircraft.”

Image Credits: Xwing

For its autonomous flight activities, the company has authorization from the Federal Aviation Administration to fly under an experimental airworthiness certificate for research and development that was expanded in August of last year to include a special flight permit for optionally piloted aircraft (OPA).

The company is looking to eventually remove the safety pilot, but only once full safety redundancies are in place, Piette added. That includes redundancies across all sensors and computer systems. Fortunately for all of us that fly, commercial aviation safety levels are extremely high. It means a high airworthiness standard for aviation startups. Smaller Class III aircraft like the ones Xwing is targeting must demonstrate a risk of one catastrophic failure per hundred million flight hours.

Xwing’s activities have garnered attention from investors. This most recent funding round was led by Blackhorn Ventures, with participation from ACME Capital, Loup Ventures, R7 Partners, Eniac Ventures, Alven Capital and Array Ventures. Including this round, the company has raised $55 million in total capital.

The autonomous flights are only one part of Xwing’s business activities. It’s also been flying manned commercial cargo operations under a contract with a large logistics company signed December 1.

“We set up what’s effectively an airline,” Piette said. By modifying these aircraft with sensors to collect data, Xwing is able to feed this valuable flight time into a training algorithm, and collect other useful data, such as how often the pilots communicate with air traffic controllers and the types of directions the craft receives.

Looking ahead, the company will be significantly scaling its workforce over the next 12 months, in addition to increasing its commercial operations in parallel. On the technology side, Xwing is looking to fly autonomous commercial cargo flights, with a safety pilot onboard, under an experimental ticket and exemption from the FAA. The company will likely reach this milestone also within the next 12 months, Piette said. After that, it would look to remove the safety pilot from the aircraft. Even then, the company would still need to get its systems certified to completely remove any constraints on its movements in airspace.

(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

COMMENTS


19284:
2021-04-18 21:09

ホンダはもはや技術者の会社ではなくMBAの会社だね RTホンダ、自動運転で中国新興と提携 車両提供し共同研究: 日本経済新聞

19285:
2021-04-18 17:53

テスラ車が「ユーザはソフトに払うようになる」と聞くと一体何が機能アップするのか?自動運転くらいしかなくないか?と疑問に思ってましたが、全部同じバッテリを積んで出荷して、安価な車種はバッテリ性能がソフトで抑制されていて、有料でその抑制を取ってあげます、なんで…

19283:
2021-04-18 17:19

ブログ更新:自動運転に関するさらなる規制改革

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Epic Games、AppleをEUで提訴 米英豪での訴訟に続き独禁法違反を主張
企業・業界動向
2021-02-19 06:49
JALとANA、5G電波影響の可能性で米国便を一部欠航
IT関連
2022-01-20 00:24
本物の天窓のような空間演出を実現する「天窓Vision」をパナソニックが開発、照明や音響の連動制御ユニットが夏頃完成
ハードウェア
2021-05-26 15:03
マイクロソフト、サイバーセキュリティ企業RiskIQを買収へ
IT関連
2021-07-13 13:00
ウェブサイトビルダーのSquarespaceがニューヨーク証券取引所に直接上場へ
ソフトウェア
2021-04-18 04:43
【コラム】暗号資産とブロックチェーンは問題を受け入れてサステナビリティを牽引するべきだ
ブロックチェーン
2021-05-18 21:49
平井大臣「ワクチン予約システムを全国共通化する可能性ある」
クラウドユーザー
2021-05-12 05:18
CISA長官にジェン・イースタリー氏–米上院が承認
IT関連
2021-07-15 00:33
コンカー、「デジタルインボイス構想」を発表–インフォマート・LINEと連携
IT関連
2021-02-12 12:47
NFT(非代替性トークン)がアート界にもたらす劇的な変革とインクルーシブな未来
ブロックチェーン
2021-03-28 10:07
AWS、コンテナにWebアプリを置くと簡単にデプロイが完了する「App Runner」リリース。オートスケール、ロードバランス、証明書の管理などすべておまかせ
AWS
2021-05-24 18:00
マイクロソフト、メタバース見据えた巨額買収–なぜアクティビジョンか、背景や課題は
IT関連
2022-01-23 18:14
IoTでフォークリフト事故防止 機体・作業員の動きを可視化 コニカミノルタなど提供
DX
2021-01-19 21:02
アマゾンがインドでアプリ内無料ビデオストリーミングの提供を開始
ネットサービス
2021-05-17 16:55