アルゴリズムを利用して賃貸住宅の特定や管理を支援し大家の頭痛を解消するKnox Financialが10.8億円調達

今回は「アルゴリズムを利用して賃貸住宅の特定や管理を支援し大家の頭痛を解消するKnox Financialが10.8億円調達」についてご紹介します。

関連ワード (Knox Financial、アルゴリズム、ボストン、不動産、住宅、賃貸、資金調達等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


賃貸物件を所有して収入を得る方法を表す「受動的所得」という言葉は、誰もが知っているだろう。受動的に収入が得られたらいいなと思う米国人は多いが、大家になるための手続きは恐ろしいほどに厄介で複雑なものだ。

つまり、土地を売った途端に地価が上がって、売ったことを後悔する人がどれほど多いことか、という話だ。

すでに大家であっても、不動産管理の複雑さには押し潰されそうになる。

アルゴリズムを利用したプラットフォームで賃貸住宅の特定や管理を支援するボストンのスタートアップKnox Financial(ノックス・ファイナンシャル)は、1000万ドル(約10億8000万円)のシリーズA投資を調達し、目標をさらに拡大した。ボストンを拠点とするG20 Venturesがこのラウンドを主導し、Greycroft、Pillar VC、2LVC、Gaingelsなどが参加している。

この投資により、2018年創設以来のKnoxの合計調達額は1470万ドル(約16億円)となった。同社は2020年1月、Greycroft主導によるシード投資ラウンドで300万ドル(約3億2500万円)を調達している。

Knoxの共同創設者でCEOのDavid Friedman(デイビッド・フリードマン)氏は、スタートアップ初心者ではない。同氏は2004年、不動産会社や代理店のための総合マーケティングプラットフォームとオンラインマーケティングサービスBoston Logic(ボストン・ロジック)を創設している。2016年、フリードマン氏は、現在はPropertybase(プロパティーベース)と呼ばれるその会社を、非公開の価格でProvidence Equity(プロビデンス・エクイティー)に売却した。

Knoxは2019年5月にプラットフォームをローンチしている。その目標は、今住んでいる家から退去して投資不動産に変更しようと決意した住宅の所有者に「完全にお任せ」の移行を提供することだ。また、賃貸物件の管理をより簡単に効率的にする手助けもするという。

2020年初めのシード投資ラウンドでは、同社の事業はボストンに限られ、プラットフォーム上の物件は50件しかなかった。現在では7つの州に展開され「数百件」の投資不動産がプラットフォーム上にあり、1億ドル(約108億円)を超えるポートフォリオを監督している。

では、どんな仕組みなのだろうか?物件がKnoxのFrictionless Ownership Platform(フリクションレス・オーナーシップ・プラットフォーム)に登録されると、この物件の財務、税金、保険、賃貸と法務、賃借人と土地建物の管理、銀行口座管理と請求書の支払いといった処理を自動化し監督する。

Knoxではまた、その物件から長期的に得られる投資収益率を計算する、賃貸料と予測のモデルも開発した。

画像クレジット:Knox Financial

「投資家のための大幅な節約を行い、ほぼ確実にポートフォリオの収益性を高めます」とフリードマン氏はいう。「大きな家に引っ越す人がいれば、私たちはその物件を信じられないほどのROI発生器、つまり収入源に生まれ変わらせます」。

同社の収益モデルは単純だ。

「賃貸料が1ドル、このシステムを通過するごとに、私たちは10セントもらいます」とフリードマン氏はTechCrunchに話した。私たちは、顧客の状況に合わせて利益を調整します。賃貸料がまったく入らないときは、私たちも売上げはありません」。

Knoxでは、今回の新しい資金でサービス対象地域を広げ、もっと多くの人たちに知ってもらおう計画している。

G20 Venturesの共同創設者でパートナーのBob Hower(ボブ・ハワー)氏は、大学を卒業して数週間後に、母親の援助でボロ家を購入したことを話してくれた。改修を終えた1週間後に、彼はその家を売りに出した。それから5カ月の間、市場が軟調になるにつれて価格を次第に下げざるを得なくなり、とうとうわずかな儲けで売却してしまった。

「あの家は、今では私が出資した数倍の値がついています」とハワー氏は振り返る。「今思うと、敗因は、そもそも家を売ろうと決めてしまったことにあります」。

その経験からハワー氏は、Knoxのビジネスモデルにある、彼がいうところの「思考の明確さ」を大切にするようになった。

「Knoxが数十年前にあれば、大学卒業後に買ったあのボロ家を、今でも持っていたはずです」と彼はいう。「Betterment(ベターメント)などの投資プラットフォームは、いくつものアドバイスと最適化のための作業を、シングルサインオンの簡単なサービスに凝縮しています。Knoxは、この手のモデルを住宅不動産投資に持ち込んだ、最初の企業なのです」。

関連記事:

画像クレジット:Nanette Hoogslag / Getty Images


【原文】

We’ve all heard the phrase “passive income” to describe how people can make money by owning rental properties. Many Americans would love to passively earn money, but the process of becoming a landlord can be intimidating and complicated. 

I mean, how many people have looked back and wished they hadn’t sold a property after seeing its value rise years after selling it?

And those who are already landlords can get overwhelmed by the complexities of managing properties.

One startup out of Boston, Knox Financial, aims to help people identify and manage residential rentals with its algorithm-based platform, and it’s raised a $10 million Series A to help it further that goal. Boston-based G20 Ventures led the round, which included participation from Greycroft, Pillar VC, 2LVC, and Gaingels.  

The investment brings Knox’s total raised since its inception in 2018 to $14.7 million. The company closed on a $3 million seed round in January 2020, led by Greycroft.

Knox co-founder and CEO David Friedman is no stranger to startups. He founded Boston Logic — an integrated marketing platform and online marketing services for real estate offices and agents — in 2004. He sold that company (now under the name Propertybase) to Providence Equity for an undisclosed amount in 2016.

Knox launched its platform in March of 2019, with the goal of offering homeowners who are ready to move “a completely hands-off way” of converting a home they’re moving out of into an investment property. It also claims to help landlords more easily and efficiently manage their rentals.

At the time of its seed round early last year, the company was only operating in the Boston market and had 50 units on its platform. It’s now operating in seven states, has “hundreds” of investment properties on its platform and is overseeing a portfolio of more than $100 million.

So how does it work? Once a property is enrolled on Knox’s “Frictionless Ownership Platform,” the company automates and oversees the property’s finances and taxes, insurance, leasing and legal, tenant and property care, banking and bill pay.

Knox also has developed a rental pricing and projection model for calculating the investment rate of return a property will produce over time.

Image Credits: Knox Financial

“We save investors a lot and almost always make their portfolios more profitable,” Friedman said. “If someone is moving or upsizing, we can turn properties into incredible ROI generators or cash flow.”

The company’s revenue model is simple.

“ When a dollar of rent moves through our system, we keep a dime,” Friedman told TechCrunch. “We align our interests with our customers. If there’s no rent coming in, we’re not making money. Or if a tenant doesn’t pay rent, we don’t make money.”

Knox plans to use its new capital to continue expanding geographically and getting the word out to more people.

“We want to become the de facto platform for real estate investment acquisition and ownership,” Friedman said. “And we have to be coast to coast to really do that for everybody. So, we’re still very early in our growth trajectory.”

Bob Hower, co-founder and partner of G20 Ventures, shared that weeks after his college graduation, he had bought a fixer upper with his mother’s help. A week after finishing renovations, he put the house on the market. Over the subsequent five months, he gradually reduced the price as the market softened, and eventually the property sold at a small profit.

“That house now is worth a multiple of what I paid for it,” Hower recalls. “In hindsight, the mistake I made was deciding to sell the house at all.”

That experience helped Hower appreciate what he describes as a “clarity of thinking” in Knox’s business model.

“Had Knox existed decades ago, I’d likely still have that fixer-upper I bought after college,” he said. “Investing platforms such as Betterment have collapsed multiple advising and optimization activities into a simple single-sign-on service, and Knox is the first company to apply this type model to residential real estate investing.”

(文:Mary Ann Azevedo、翻訳:金井哲夫)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
アップルがApple Payに後払い決済機能を導入か
フィンテック
2021-07-15 16:10
AIチャットbotを200件のデータで構築 従来の60分の1に 「りんな」開発元が新技術
ロボット・AI
2021-01-26 18:52
災害の最前線で働く人たちを肉体的、精神的そしてその後もサポートするために資金を提供するRisk & Return
VC / エンジェル
2021-06-23 03:39
イスラエル企業のスパイウェア、記者や活動家の監視に使われたとの調査結果
IT関連
2021-07-19 02:53
Snapが提携企業からの情報を2.5億人が利用するソーシャルマップに追加するLayersを導入
ネットサービス
2021-05-24 01:53
腕時計型の「たまごっちスマート」11月発売 懐かしいキャラ収録の25周年モデルも
くらテク
2021-06-18 15:29
サイバーセキュリティ対策、より深刻にリスクを想定するべき–NCSC責任者
IT関連
2021-04-02 11:37
電気自動車のサウンドデザインをAIを駆使して行うPentagramのスズキユウリ氏
モビリティ
2021-06-05 13:30
GarageBand for iOSにデュア・リパ、レディー・ガガや著名プロデューサーのサウンドパック追加
イラスト・デザイン
2021-07-31 19:25
チケット販売のぴあ、ワクチン予約サービスを自治体向けに提供 「数十万件規模のアクセスにも耐えられる」
企業・業界動向
2021-05-14 14:51
手軽にリアルな絵を生成 粗いマスク指定とテキスト入力で :Innovative Tech
イラスト・デザイン
2021-03-25 15:16
「バーチャル渋谷」に新エリア 「渋谷モディ」前を再現
企業・業界動向
2021-04-21 05:28
中国で個人情報保護法が成立–11月施行へ
IT関連
2021-08-23 16:19
SalesforceからAWSのデータベースが直接利用可能に、両社の提携強化により。専用ツールで簡単に接続、オブジェクトとしてアプリケーションから利用可能
AWS
2021-06-29 22:54