フェイスブックがアプリ内でSpotifyをストリーミングできる新機能を導入、日本でも提供

フェイスブックがアプリ内でSpotifyをストリーミングできる新機能を導入、日本でも提供 サムネイル

今回は「フェイスブックがアプリ内でSpotifyをストリーミングできる新機能を導入、日本でも提供」についてご紹介します。

関連ワード (Facebook、SNS、Spotify、音楽ストリーミング等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Facebook(フェイスブック)は先週、アプリ内で直接音楽やポッドキャストを聴く新しい方法を導入しようと、音楽ストリーミングサービスSpotify(スポティファイ)とのProject Boomboxという提携拡大を発表した。そして米国時間4月26日、両社は新しい「ミニプレイヤー」エクスペリエンスとして統合の展開を開始した。この新機能では、FacebookユーザーはiOSとAndroidのFacebookアプリを通じてSpotifyからストリーミングできる。無料のSpotifyユーザー、プレミアム購読者いずれも利用可能だ。

関連記事:フェイスブックがSpotifyとの提携拡大を発表、新プロジェクト「Boombox」の一環で

ミニプレイヤーそのものは、Spotifyのアプリ内ですでにサポートされているソーシャルシェアリングオプションの拡張機能だ。現在、SpotifyユーザーがFacebookで共有したいコンテンツを聴いているとき、既存の「シェア」メニュー(スクリーン右上の3つのドットのメニュー)をタップし「Facebook」か「Facebook News Feed」を選べる。

ユーザーが個人のトラックやポッドキャストエピソードをシェア機能を通じてFacebookに投稿するとき、投稿は新しいミニプレイヤーに表示されるようになっている。これにより、ユーザーの投稿を目にした他の人がコンテンツを再生したり、再シェアしたりできる。

Spotifyの有料購読者はフル再生もできる、と同社は話す。一方、無料ユーザーはクリップではなく、シェアされたトラックを聴くことができる。しかし結局、無料ユーザーはSpotifyのアプリでそうしているように、広告入りのコンテンツをシャッフルモードで聴くことになる。

これがどういう仕組みになっているのか、注意すべき大事なことは、統合によって音楽あるいはポッドキャストのコンテンツが実際にSpotifyのアプリから再生するようになっているということだ。ユーザーがミニプレイヤーでプレイボタンを押すとき、ユーザーがSpotifyにログインできるようにアプリの切り替えが起こっている。ミニプレイヤーはSpotifyアプリの立ち上げと再生を起動してコントロールしている。これがユーザーがFacebookをスクロールしたり、Facebookアプリを最小化しても再生が続く理由だ。

この設定はユーザーがスマートフォンにSpotifyアプリをインストールし、ミニプレイヤーを機能させるのにSpotifyアカウントを要することを意味する。初めてSpotifyを使うユーザーは、ミニプレイヤー経由でシェアされた音楽を聴くために無料のアカウントを申し込む必要がある。

Spotifyは、ミニプレイヤーのエクスペリエンスそのものを通じて有料アカウントを申し込むことはできない、と説明する。そのため、新規購読でFacebookと分け合う売り上げはない(ユーザーはSpotifyアプリをダウンロードし、アップグレードしたければさらに有料アカウントに申し込まなければならない)。

この提携でSpotifyは新型コロナウイルス特需による購読者の増加がなくなりつつある現在、配信を増やし、アカウント申し込みとアプリのリピート使用を拡大するのにFacebookのリーチを活用できる。しかし、ストリーミングを行なっているのは実際にはSpotifyのアプリであるため、これまで同様、ストリームで支払われるロイヤルティには責任を持つ、と同社はTechCrunchに説明した。Spotifyはまた、音楽カタログそしてコンテンツとともに流れる音声広告も全面的に受け持つ。

Facebookにとって、この契約はユーザーがFacebookサイトでもっと時間を費やすようにする貴重なツールを持つことを意味する。過去数年、ユーザーがFacebookで費やす時間は減ってきていると報道で指摘されている。

SpotifyとFacebookは、音楽に関する取り組みで協業してきた長い歴史を持つ。2011年にFacebookは、今回のように音楽サブスクのユーザーがFacebook上で直接音楽を楽しめるようにするアップデートを計画していた。しかしそうした計画は後に振り出しに戻った。おそらく音楽の著作権かテクニカル上の問題のためだ。SpotifyはFacebookのティッカーにおける最初のメディアパートナー企業の1社だった。ティッカーはユーザーに友達がFacebookや他のサービスで何をしているのかをリアルタイムに示すというものだ。Spotifyはかつて、モバイルアプリ向けにFacebookログインをデフォルトで提供してもいた。展開されてもう何年にもなるが、Facebookとの統合のおかげでデスクトップのSpotifyユーザーは、Facebookでつながっている友達がSpotifyで何をストリーミングしているのか知ることができる。

今回の提携の更新と拡張のタイミングは興味深い。FacebookとSpotifyには、Apple(アップル)という共通の敵がいる。Appleのプライバシーにフォーカスした変更はFacebookの広告事業に影響を及ぼしており、またAppleのApple Musicとポッドキャストへの投資はSpotifyにとって脅威だ。ここ数年のFacebookの自社による音楽の取り組みは、音楽レーベルとの合意による音楽ビデオの統合など、提携へとシフトした。Facebookの収益化ツールとクリエイター経済をターゲットとするサービスに関する幅広い取り組みを支える新しいストリーミング機能を稼働させるのに、Spotifyのようなパートナーに目を向けるのは理に適っている。

ミニプレイヤー機能は4月26日のグローバル展開の前にメキシコとタイでテストされた。

今回のインテグレーションは、米国に加えてアルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、ガテマラ、ホンジュラス、インドネシア、イスラエル、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、南アフリカ、タイ、ウルグアイで展開されている。

関連記事
・アップルがポッドキャストの有料定額サービス開始を発表、米国では番組あたり約53円から
・Facebookとユニバーサルミュージックの提携によって、利用者は動画内で許諾された音楽を使うことができるようになった

画像クレジット:Spotify


【原文】

Facebook announced last week an expanded partnership with streaming music service Spotify that would bring a new way to listen to music or podcasts directly within Facebook’s app, which it called Project Boombox. Today, the companies are rolling out this integration via a new “miniplayer” experience that will allow Facebook users to stream from Spotify through the Facebook app on iOS or Android. The feature will be available to both free Spotify users and Premium subscribers.

The miniplayer itself is an extension of the social sharing option already supported within Spotify’s app. Now, when Spotify users are listening to content they want to share to Facebook, they’ll be able to tap the existing “Share” menu (the three-dot menu at the upper right of the screen) and then tap either “Facebook” or “Facebook News Feed.”

When a user posts an individual track or podcast episode to Facebook through this sharing feature, the post will now display in a new miniplayer that allows other people who come across their post to also play the content as they continue to scroll, or reshare it. (Cue MySpace vibes!)

Spotify’s paid subscribers will be able to access full playback, the company says. Free users, meanwhile, will be able to hear the full shared track, not a clip. But afterwards, they’ll continue to listen to ad-supported content on Shuffle mode, just as they would in Spotify’s own app.

One important thing to note here about how all this works is that the integration allows the music or podcast content to actually play from within the Spotify app. When a user presses play on the miniplayer, an app switch takes place so the user can log into Spotify. The miniplayer activates and controls the launch and playback in the Spotify app — which is how the playback is able continue even as the user scrolls on Facebook or if they minimize the Facebook app altogether.

This setup means users will need to have the Spotify mobile app installed on their phone and a Spotify account for the miniplayer to work. For first-time Spotify users, they’ll have to sign up for a free account in order to listen to the music shared via the miniplayer.

Spotify notes that it’s not possible to sign up for a paid account through the mini-player experience itself, so there’s no revenue share with Facebook on new subscriptions. (Users have to download the Spotify app and sign up for Paid accounts from there if they want to upgrade.)

The partnership allows Spotify to leverage Facebook’s reach to gain distribution and to drive both sign-ups and repeat usage of its app just as the COVID bump to subscriber growth may be wearing off. However, it’s still responsible for the royalties paid on streams, just as it was before, the company told TechCrunch, because its app is the one actually doing the streaming. It’s also fully in charge of the music catalog and audio ads that play alongside the content.

For Facebook, this deal means it now has a valuable tool to keep users spending time on its site — a metric that has been declining over the years, reports have indicated.

Spotify and Facebook have a long history of working together on music efforts. Facebook back in 2011 had been planning an update that would allow music subscription users to engage with music directly on Facebook, much like this. But those plans were later dialed back, possibly over music rights’ or technical issues. Spotify had also been one of the first media partners on Facebook’s ticker, which would show you in real time what friends were up to on Facebook and other services. And Spotify had once offered Facebook Login as the default for its mobile app. Today, as it has for years, Spotify users on the desktop can see what their Facebook friends are streaming on its app, thanks to social networking integrations.

The timing for this renewed and extended partnership is interesting. Now, both Facebook and Spotify have a mutual enemy with Apple, whose privacy-focused changes are impacting Facebook’s ad business and whose investments in Apple Music and Podcasts are a threat to Spotify. As Facebook’s own music efforts in more recent years have shifted toward partnership efforts — like music video integrations enabled by music label agreements — it makes sense that it would turn to a partner like Spotify to power a new streaming feature that supports Facebook’s broader efforts around monetizable tools and services aimed at the creator economy.

The miniplayer feature had been tested in non-U.S. markets, Mexico and Thailand, ahead of its broader global launch today.

In addition to the U.S., the integration is fully rolling out to users in Argentina, Australia, Bolivia, Brazil, Canada, Chile, Colombia, Costa Rica, Dominican Republic, Ecuador, El Salvador, Guatemala, Honduras, Indonesia, Israel, Japan, Malaysia, Mexico, New Zealand, Nicaragua, Panama, Paraguay, Peru, South Africa, Thailand and Uruguay.

(文:Sarah Perez、翻訳:Nariko Mizoguchi)

Facebook - Log In or Sign Up

Facebookアカウントを作成するか、ログインしてください。友達や家族と写真や動画、近況をシェアしたり、メッセージをやり取りしましょう。 ... Facebookを使うと、友達や同僚、同級生、仲間たちとつながりを深められます。ケータイ ...

COMMENTS


23888:
2021-04-29 23:06

★700名突破応援感謝★ ~個人紹介編⑳~ \好きな言葉は一期一会/ けいと( 突如現れた応援団長! 僕が日々の目標達成に向け動く時 必ず背中を押してくれる🔥 頑張る人を全力で応援🚩 仲間想…

23886:
2021-04-29 22:03

この前会った社長さんにタダで描いて欲しいと言われて断ったところSNSで「心意気が無い」と愚痴られる事案が発生。そのコメント欄も「アーティストがお金を求めるのはいやらしい」というような意見で溢れる。なんかすごい嫌な気分だけど自分が間違ってない自信し…

23890:
2021-04-29 16:54

2021年4月29日 イオンモール羽生「PUI PUI モルカー」ポテトがやってくる!撮影会。近年厳しいSNSの扱いは他の人の写り込みがなければアップロードOKという措置でした。

23889:
2021-04-29 05:09

でもほんと自分の感覚を信頼して生きることができるようになると 他の人のSNSや本などいろんなものに答えを求めることもなくなり自分と向き合う時間がたくさんできた。 不要なものはどんどん手放して いつのまにかシンプルな生活になる…

23887:
2021-04-29 04:39

ANA、社員のSNSを監視、グループ内の投稿も…愚痴でも社員呼び出し、数時間も説教

23891:
2021-04-29 04:11

以前はSNSに対してスルーの姿勢が、ここに来て「祭り状態」になり、閉口しだしたんでしょう。

23885:
2021-04-29 01:18

「この世の終わりみたいな渋谷」はコラ画像だった。SNSで拡散、作者も困惑 本物の画像だと思い込んだ著名人も沢山居たけど、そういう人はフェイクニュースをあっさり信じ込む恐れがあるので気を付けた方がいい…

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ホンダ、自動運転「レベル3」に対応した新型レジェンド発表 リース販売で1100万円、100台限定生産
ネットトピック
2021-03-05 07:27
Goで書かれたマルウェアが増加傾向–APTと犯罪グループの両方が利用
IT関連
2021-03-03 19:45
日本CPO協会設立、プロダクトマネージャーのためのコミュニティ作りと情報発信を推進
IT関連
2021-01-20 12:19
ゼーレの「モノリスお面」データ公開 講談社「エヴァンゲリオンステッカーブック」販促で
くらテク
2021-01-17 22:21
Clubhouseをジョブ理論で考察、メルカリなどに学ぶプロダクトの企画フロー……PM向けホットトピック(1/23~29)
IT関連
2021-02-06 20:03
アイリスオーヤマ、人事評価システムをクラウド化–現行の仕組みをそのままシステム化
IT関連
2021-04-01 20:14
Javaアプリケーションフレームワーク「Spring Boot 2.5.0-RC1」がリリース
IT関連
2021-04-23 09:07
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-04-23 09:07
「GIGAスクール構想対象自治体の約半数がChromebookを選択」とGoogle
企業・業界動向
2021-02-19 23:46
米国では未成年への電子タバコ「VAPE」販売にTikTokが使われている
ネットサービス
2021-02-17 11:51
「Startup Weekend Tokyo」が4月23より開催、テーマは「地方創生×NoCode」
IT関連
2021-04-03 05:29
プロバイダー10社らがNTT西に要望書 一部地域の光回線工事再開を求め ただし意見に食い違いも
企業・業界動向
2021-03-16 15:08
伊藤忠商事、ウイングアーク1stの「SVF TransPrint」採用–請求書などの発送をデジタル化
IT関連
2021-02-15 10:13
エンジニアのキャリア支援「Forkwell」、コミュニティが5万人を突破
IT関連
2021-01-29 13:10
言語学習サービス大手のBabbelがライブクラスや学習ゲームなどを追加
EdTech
2021-02-04 16:13
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-02-04 16:13