Adobe、パーソナライゼーションに注力してExperience Cloudをアップデート

今回は「Adobe、パーソナライゼーションに注力してExperience Cloudをアップデート」についてご紹介します。

関連ワード (役立、新製品、統合等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Experience Cloud(エクスペリエンス・クラウド)は、Adobe(アドビ)のデジタルエクスペリエンスソリューションのための包括的なブランドだ。含まれる代表的な機能は、データと分析サービス、コンテンツ管理ツール、コマースプラットフォーム、そして2020年のWorkfront(ワークフロント)の買収によって取り込まれた、完全なマーケティングワークフロー管理サービスなどだ。Experience Cloudブランドは、同社の2017 Digital Marketing Summit(デジタル・マーケティング・サミット2017)でデビューした。このイベントは現在Adobe Summit(アドビ・サミット)と呼ばれていて、ちょうどCreative Cloud(クリエイティブ・クラウド)を中心とするAdobe MAXカンファレンスを、Experience Cloudを中心にしたものに相当すると考えることができる。米国時間3月15日、同社は2022年の(仮想)カンファレンスで同社のデジタルエクスペリエンスプラットフォームの新製品やアップデートを多数発表したことは驚きではない。

今回の発表の焦点は、ブランドとそのために働く開発者たちが、よりパーソナライズされた体験を構築し、Experience Cloud内の異なるサービス間のより深い統合を提供することを助ける新しいツールを提供すること、そして長年要望されていたAdobeのCreative Cloudとの統合も提供することだ。

Adobeの戦略・製品担当副社長であるLoni Stark(ロニ・スターク)氏は「私たちがお手伝いする企業は、その顧客によりパーソナライズされた体験を提供する必要があり、このデジタル経済で成功するためのツールを従業員に提供する必要があると考えています」と語る。「コンテンツとコマースに関する革新において私たちが焦点を合わせているのは、ショッピングとコマース体験をパーソナライズするための機能を提供して、顧客体験を開発する組織内のすべての人が、それを行うために必要な最も豊かな資産と洞察を得ることができるようにすることです。私たちの強みは、最高の技術を提供する一方で、開発者が想像するものを構築することを可能にできることであることを認識しながら、私たち消費者が恩恵を受けることができる、より大きなビジネス成長とエキサイティングな体験を推進する手助けができることです」。

とはいえ、おそらく今回の発表会の目玉は、新しいAdobe App Builder for Commerce(アドビ・アップ・ビルダー・フォー・コマース)かもしれない。Adobeは、これを使って、クラウドネイティブのコンテンツおよびコマースアプリケーションを構築するためのツールを開発者に提供する。これは、開発者が一連の開発者用ツールとSDKを通じて、Adobeのコマースソリューションの機能を拡張することを支援するというものだ。これによって、開発者は新しいユーザー体験だけでなく、企業のITスタックの残りの部分との統合を行うためのマイクロサービスも構築することができる。これは2021年末にローンチされたApp Builder for Experience Manager(アップ・ビルダー・フォー・エクスペリエンス・マネージャー)プラットフォームを補完するものだ。

「開発者がExperience Cloudにアプローチする際に、構築のために多すぎるツールを持たせないようにしたいのです。APIゲートウェイで統一されたエクスペリエンスを提供する必要があります」とスターク氏はいう。このApp Builderによって、開発者はより簡単にユニークなストアを構築したり、既存のeコマースツールを拡張してストア内での選択を可能にしたりすることができると指摘した。

画像クレジット:Adobe

統合機能としては、同社のマーケティングワークフロー管理サービスAdobe Workfront(アドビ・ワークフロント)」が、マーケターによるオムニチャネルキャンペーンの管理・分析を支援するJourney Optimizer(ジャーニー・オプティマイザー)と連携するようになった。また、企業内のより多くの従業員がキャンペーンや体験の構築に積極的な役割を果たすようになる中で、同社はCreative Cloudとのより深いつながりを構築して、組織間のサイロを打破し、Adobe Experience Manager Assets(アドビ・エクスペリエンス・マネージャー・アセット) とAssets Essentials(アセット・エッセンシャル)サービス内にあるCreative Cloudライブラリのコンテンツへのアクセスをより多くのユーザーに提供するようになる。

ここでのアイデアは、同社が「エクスペリエンス・フラグメント」と呼ぶものを構築することだとスターク氏は指摘する。これは基本的に企業のコンテンツライブラリを構成する最小単位のことで、これをさまざまなチャネルで再利用することで、ユーザー自身の好みや使用しているプラットフォームに基づいて高度にパーソナライズされたコンテンツを提供することができる。

画像クレジット:Adobe

パーソナライズ化への注力の一環として、Adobeは本日(米国時間3月15日)、B2CやB2Bブランドが顧客行動や製品売上、人気トレンドに基づいてより良いレコメンデーションを提供できるようにする、AI主導の新しい製品レコメンデーション機能をAdobe Commerce(アドビ・コマース)内に組み込んだことも発表した。同社は、この新製品をすでに試用している企業では、受注額が25%以上増加したと主張している。同様に、Adobe Sensei AI(アドビ・センセイAI)プラットフォームを採用した同社の新しいLive Search(ライブ・サーチ)機能は、コンシューマーブランドに、より高速でよりパーソナライズされ、より適切な検索結果を提供するのに役立つ(検索結果がしばしば笑ってしまうほどナンセンスなAmazon[アマゾン]も、おそらくこれを試した方がよいだろう)。

画像クレジット:halbergman / Getty Images


【原文】

Experience Cloud is Adobe’s umbrella brand for its digital experience solutions. These include, among other things, its data and analytics services, content management tools, a commerce platform and, with the 2020 acquisition of Workfront, a full marketing workflow management service, too. The Experience Cloud brand made its debut at the company’s 2017 Digital Marketing Summit. This event is now the Adobe Summit — you can think of it as the Experience Cloud counterpart to the Creative Cloud-centric Adobe MAX conference — and it’s no surprise that the company is announcing a slew of new products and updates to its digital experience platform today at this year’s (virtual) conference.

The focus of today’s announcements is on providing new tools to help brands — and the developers that work for them — build more personalized experiences and provide deeper integrations between the different services inside the Experience Cloud, as well as some long-requested integrations with Adobe’s Creative Cloud, too.

“The companies we work with are seeing that they need to deliver more personalized experiences to their customers — and they also need to really give their employees the tools to be able to be successful in this digital economy,” Loni Stark, Adobe’s VP of Strategy and Product, told me. “A big part of our focus in these innovations around content and commerce is to provide those capabilities to personalize the shopping and commerce experiences to allow for everyone in the organization that builds customer experiences to be able to get to the richest assets and insights they need in order to do that — and to recognize that while we provide some of the best technologies out there, that one of our strengths is the ability to enable developers to build whatever they imagine, to help drive greater business growth and exciting experiences that we as consumers can all benefit from.”

Maybe the highlight of today’s launch is the new Adobe App Builder for Commerce, though. With this, Adobe provides developers with tools for building cloud-native content and commerce applications. The idea here is to help developers extend the capabilities of Adobe’s commerce solutions through a set of developer tools and SDKs. With this, developers can build both new user experiences as well as microservices to build integrations with the rest of a company’s IT stack. It complements the existing App Builder for Experience Manager platform, which launched at the end of last year.

“We don’t want to have developers — when they approach Experience cloud — have so many different tools for building. They should have a unified experience across the API gateways,” Stark said. With the App Builder, she noted, developers can now more easily build more unique storefronts, for example, or extend existing e-commerce tools to also now offer in-store pick-up.

Image Credits: Adobe

As for integrations, Adobe Workfront, the company’s marketing workflow management service, is now connected with the company’s Journey Optimizer, which helps marketers manage and analyze their omnichannel campaigns. And as more employees within a business now take an active role in building these campaigns and experiences, the company also now built a deeper connection to Creative Cloud to break down these silos and give more users access to content in a company’s Creative Cloud libraries inside of the Adobe Experience Manager Assets and Assets Essentials service.

The idea here, Stark noted, is to build what the company calls “experience fragments.” These are basically the atomic units that make up a company’s content libraries that can then be repurposed across different channels to serve highly personalized content to users based on their own preferences and the platform they are using.

Image Credits: Adobe

As part of this focus on personalization, Adobe also today announced new AI-driven product recommendations in Adobe Commerce that allows B2C and B2B brands to offer better recommendations based on customer behavior, product sales or popular trends. The company argues that those companies that have already trialed this new product saw 25% or greater increases in order value. Similarly, the company’s new Live Search feature, which is powered by Adobe’s Sensei AI platform, is helping consumer brands provide faster, more personalized and more relevant search results (maybe that’s something Amazon should try, too, given that its search results often trend toward the comically inept).

(文:Frederic Lardinois、翻訳:sako)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
画質を追求したミニマムカメラ、シグマ「fp L」 便利で遊べる新機能も :荻窪圭のデジカメレビュープラス(1/6 ページ)
くらテク
2021-05-04 12:58
グローサリー配達のInstacartが新CEOにフェイスブック幹部のシモ氏を指名
シェアリングエコノミー
2021-07-10 18:05
電車・バスのVisaタッチ決済、コロナ後にらみ地方で広がる 都市部へ逆流も
IT関連
2021-05-09 23:18
Perfume、NFTアート第2弾をオークション出品 第1弾は約300万円で落札
企業・業界動向
2021-08-17 15:06
ベルリンのVC「MorphAIs」はアーリーステージファンドにAIアルゴリズムを活用する
VC / エンジェル
2021-02-27 23:32
Apple、Apple Musicで“新しい音楽体験”を予告 ハイレゾ配信開始?
IT関連
2021-05-18 05:20
Twitterが学術研究者向けの新しいAPIプラットフォームを公開
ネットサービス
2021-01-28 15:19
第1回:3つのフェーズで理解する「メタバース」の定義と社会的意義
IT関連
2022-02-04 08:19
生徒の習熟度に合わせ難易度を調整するAI学習システム「Monoxer」を中国語教室「waysChinese」が本格導入
EdTech
2021-05-25 21:31
まだ死んでいないよ、IBMの第4四半期における収益の伸びが加速
IT関連
2022-01-26 10:45
バイデン大統領の民主主義サミットのコミットメント拡大にはパートナーシップが鍵となる
IT関連
2022-02-15 02:08
iCloudで「機能停止」 一時「Apple Music」なども【復旧済み】
製品動向
2021-02-05 07:26
eBayがトレカ鑑定サービス開始、まずは約8.6万円以上の価値があるカードが対象
IT関連
2022-01-28 20:17
関空に自動PCR検査ロボット 川崎重工、今夏ごろ稼働
IT関連
2021-05-22 16:59