AWSの新たな「ユーザー視点のパートナー施策」は奏功するか

今回は「AWSの新たな「ユーザー視点のパートナー施策」は奏功するか」についてご紹介します。

関連ワード (松岡功の一言もの申す、経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 「これまで日本のIT業界にはなかった発想のパートナー施策にチャレンジしていきたい」

 AWSの日本法人であるアマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWSジャパン) 執行役員パートナーアライアンス統括本部長の渡邉宗行氏は、同社が3月16、17日にオンラインで開催しているパートナー企業向けの年次イベント「AWS Partner Summit Japan 2022」の初日の基調講演後に応じた筆者のインタビュー取材でこう強調した(写真1)。

 渡邉氏は同イベントの基調講演で、AWSが2021年11月末に米国で開催した年次イベント「re:Invent 2021」で発表した新たなパートナー施策「AWS Partner Paths」(以下、AWSパートナーパス)を日本でも本格的に推進していくことを表明した(写真2)。

 AWSパートナーパスは、パートナーが顧客に提供する「オファリング」に基づいて、AWSとの連携を加速するためのパートナー施策の新たな仕組みを指す。これまで同社のパートナー施策はパートナーを「テクノロジー」と「コンサルティング」の2分野に大別していただけだったが、これをオファリング別に置き換えた形となる。

 オファリングとは端的に言えば「製品・サービス」のことだが、同社がこの言葉を使用しているので本稿でもそのまま表現する。具体的には、写真2および図1に示したように「ソフトウェア」「ハードウェア」「サービス」「トレーニング」「ディストリビューション」の5分野となっている。パートナーは自社の顧客向けオファリングに基づいて、1つ以上のパスに参加することができる。各パスでは、リソース、ベネフィット、プログラムにおいて厳選されたソリューションを提供するという触れ込みだ。

 渡邉氏は基調講演で「パス」という言葉について、「回すパスではなく『道筋』を表す。つまり、お客さまのクラウドジャーニーを支援する道筋を示すと理解していただきたい」と説明した。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
マイクロソフト、スタートアップ支援の「Startups Founders Hub」強化–OpenAIと連携も
IT関連
2022-03-11 07:38
太陽光発電の電力推定に気象解析データのAPIを提供 ウェザーニューズ
企業・業界動向
2021-05-20 22:00
Facebookがオープンソース化した「Time Appliance Project」–高精度な時刻管理目指す
IT関連
2021-08-18 06:19
SolarWinds攻撃のハッカー、米連邦検察官事務所のメールアカウントも侵害
IT関連
2021-08-03 21:47
仕事の未来–仕事場、勤務時間、従業員の意識の変化
IT関連
2022-04-19 09:19
政府が主導した災害復旧施策の現状とその将来
IT関連
2022-02-17 00:47
JAMスタックを実現する国産サービス「kuroco」正式リリース。GitHub Actionsでビルドし、Webホスティング、APIサーバなど提供。月額1100円分まで無料
API
2021-04-20 07:41
マイクロソフト、新たな「Z-code」モデルで翻訳の「Translator」と「Azure AI」サービス強化
IT関連
2022-03-25 11:57
第2四半期のChromebook出荷数は前年同期比75%の増加
ハードウェア
2021-08-01 12:09
北海道森町、Teamsを使った電子契約の実験を開始
IT関連
2021-08-17 15:37
JR西 光ファイバー貸し出し事業に参入 通信需要取り込み狙う
IT関連
2021-07-16 03:34
ボタンやドアに“触れない”オフィスビル登場 屋上に“テレワーク”設備も
社会とIT
2021-01-20 19:01
独立記念日を狙うKaseyaのハッキング、ランサムウェアで何百もの企業に被害
セキュリティ
2021-07-07 11:33
フィッシングの標的にされやすいのはIT、ヘルスケア、製造業界–Avanan報告書
IT関連
2021-07-02 17:32