RedisとKafkaのためのサーバーレスデータプラットフォーム構築のためにUpstashが約2.3億円のシード資金獲得

今回は「RedisとKafkaのためのサーバーレスデータプラットフォーム構築のためにUpstashが約2.3億円のシード資金獲得」についてご紹介します。

関連ワード (業界、翻訳、関連記事等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


データ集約的なアプリケーションは、インフラストラクチャのセットアップが高く付き、時間もかかる。特にクラウドでは、実際には使わないリソースに料金を支払っていることもある。そしてそんなとき、サーバーレスのメリットが生きる。使っているリソースにだけ払えばよいし、寝ているリソースに払う必要はない。

アーリーステージのスタートアップであるUpstashは、リソースの消費量をベースとする料金モデルにより、データインテンシブなアプリケーション開発者のためのサーバーレスのデータプラットフォームを開発している。手始めに、人気の高いオープンソースプロジェクトであるRedisとKafkaをサポートしている。

Upstashの創業者でCEOのEnes Akar(エネス・アカール)氏によると、クラウドにただデータベースのインフラストラクチャをセットアップするだけでは、実際にデータを自分のシステムから移送し始める前から、月額数百ドル(数万円)の費用が生じる。そうしたサービスのマネージドバージョンも存在するが、アカール氏がやりたいのは、運用時のもっと多くのオーバヘッドを抽象化してしまうことだ。

「私たちのシステムは何百ものRedisのデータベースやKafkaのクラスターを扱えますが、リクエストがないときは一銭も払わなくてよいものです」とアカール氏はいう。

サーバーレスは、サーバーがないという意味ではない。サーバーはあるが、開発者は自分の需要に合わせるためのプロビジョニングで悩む必要がない。サーバーレスのプロバイダーは、正確に必要な量だけリソースを供給する。少なくとも、そういう理論だ。

さらにUpstashは、データのメモリの要量とストレージの要量のバランスを取ることによっても費用を下げる。アカール氏によると「私たちのやり方では、データをメモリとディスクの両方におき、アクセスのないデータはメモリから外してディスクにおきます。私たちの料金に大きな柔軟性があるのは、そのような秘密のソースがあるためです」。

トルコに本社のある同社は2020年に創業し、2021年にプロダクトが登場した。すでに1万3000の顧客の開発者がプロダクトを使っている。1日に最大1万リクエストまでという無料版もあり、毎秒のリクエストが1000コミットを超えたらエンタープライズ料金になる有料版もある。

有料ユーザーはまだそれほど多くないが、中小のデベロッパーか、大きなエンタープライズか、どちらを主力にするかそろそろ決めたいとアカール氏はと考えている。後者であれば、従来からの営業で対応できる。いずれにしても、まだ検討中の段階だという。

現在、社員は7名で全員が技術者だが、年内に10名に増やしたいとのこと。2023年はその倍を考えている。現在は全員男だが、ダイバーシティが重要であることは認識している。「それは重要なことです。投資家は企業文化もみます。今の7名は残念ながら全員男です。今後はダイバーシティを意識しなければなりません」とアカール氏はいう。

同社は米国時間3月17日、190万ドル(約2億3000万円)のシードラウンドを発表した。投資家はMango Capital、AngelList、ScaleX Venturesそして個人の業界エンジェルたちとなる。

関連記事:Cockroach Labsがサーバーレス版SQLデータベースを発表

画像クレジット:Yuichiro Chino/Getty Images


【原文】

When it comes to data-intensive applications, setting up the infrastructure is expensive and time-consuming. You’re often paying for resources you aren’t using, even in the cloud. That’s where serverless plays best — you only pay for the resources when you’re using them, not when they’re sitting idle.

Upstash, an early-stage startup, is building a serverless data platform for developers of data-intensive applications using a consumption-based pricing model, which should help drive down prices. For starters, it supports Redis and Kafka, two popular open source projects.

As Upstash founder and CEO Enes Akar explained, just to set up the database infrastructure in the cloud costs hundreds of dollars a month, even before you start moving data through your system. While there are managed versions of these services, Akar wanted to abstract away even more of the operational overhead.

“In our system, you can have hundreds of Redis databases or hundreds of Kafka clusters, but if they’re not receiving any requests, then you will pay zero,” he said.

Serverless doesn’t mean there are no servers. They are there, but developers don’t have to worry about provisioning to meet demand. The serverless provider delivers exactly the amount of resources and no more (at least that’s the theory).

Another way Upstash is able to keep prices down is by balancing data requirements between memory and storage. “Our approach is we keep your data in both memory and on disk. And if you do not access your data, we remove it from memory and it resides on disk. So this is the secret sauce that enables us to give very flexible pricing,” he said.

The company, which is based in Turkey, launched at the end of 2020 with the product coming along last year. Upstash already has more than 13,000 developers using the product, according to Akar. There is a free tier available for up to 10,000 requests per day. After that, you have to pay, and if you exceed 1,000 commits per second, there is an enterprise tier.

It’s early in terms of paying customers with a small percentage of users paying for the service, but Akar is looking ahead and trying to decide if he wants to focus on developers and small and medium-sized businesses or on larger enterprise customers, which require more of a traditional sales motion. That is still being worked out, he said.

So far, the company has seven employees, all engineers, with plans to reach 10 this year, and then double again next year. He said so far his team is all men, but he recognizes the need to consider diversity as he builds his employee base.

“That’s important because the founders will set the culture. … Right now, all seven engineers are unfortunately male. So we need to think about diversity,” he said.

The company announced a $1.9 million seed round today from Mango Capital, AngelList, ScaleX Ventures and individual industry angels.

(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ソフトバンク、映像の“超解像”を実証–5G・MEC・「NVIDIA Maxine」を活用
IT関連
2021-04-16 03:46
AIを使ってオンライン上の有害なやりとりを検出するSpectrum Labsが約37億円調達
IT関連
2022-02-06 19:43
人とテクノロジーの関係性構築がカギに–これからのリーダーが取り組むべき7つの要素
IT関連
2022-01-19 01:05
TeamViewer、「TeamViewer Frontline 4.0」リリース–ARによる2D・3D作成機能を搭載
IT関連
2022-01-25 22:23
女性が率いるベンチャー企業への投資はポートフォリオのパフォーマンスを向上させる
パブリック / ダイバーシティ
2021-03-28 18:15
KDDI、スマートグラスとXRを活用した美術館・博物館向け新サービス
IT関連
2022-04-20 06:04
Appleストアでスペースグレイの周辺機器が「在庫がなくなり次第終了します。」に
製品動向
2021-05-16 08:21
マイクロソフト、「Exchange Server」狙う攻撃の影響を緩和するワンクリックのツール公開
IT関連
2021-03-17 07:54
磁石、監視、不妊……SNSで出回る新型コロナワクチンデマ
IT関連
2021-08-18 05:16
ソファーでうたた寝して考えた、Googleフィットネスの未来 :Googleさん
トップニュース
2021-07-13 12:05
NEC、生体認証と連携するIDプラットフォーム 入退室管理や店舗決済を自動化
DX
2021-01-16 02:57
「シン・エヴァ」制作に使った“第3村”のミニチュア公開 「スモールワールズTOKYO」で パンフ持参で入場料を1000円に
くらテク
2021-04-11 08:39
水素関連株に改めて注目:参考銘柄と投資戦略
IT関連
2021-08-03 04:01
筑波大1年生が爆速開発した“オレオレ授業DB”が大学公認に 有志で運用を継続する方針
ネットトピック
2021-05-02 18:39