グーグル、「Android Studio」「Jetpack Compose」など開発ツールの改善を発表

今回は「グーグル、「Android Studio」「Jetpack Compose」など開発ツールの改善を発表」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Googleの年次開発者会議が開幕した。同社はそこで新しい「Pixel」ハードウェア、「Android 13」を含むさまざまなソフトウェア製品のアップデート、そして、もちろん開発者ツールも発表した。

 「Google I/O 2022」の冒頭の基調講演では、「Android Studio」「Jetpack Compose」「Android」タブレット向けのアプリ開発、「Wear OS」の改善、「Google Play」、新しい「Health Connect」プラットフォームなど、いくつかの改善と新機能が発表された。

 本記事では、Google I/O 2022で発表された新しい開発者ツール群について、簡単に解説する。

 開発者がAndroidアプリの作成に使用するソフトウェアスイートおよびツールであるAndroid Studioには、2つの新しいリリースがある。「Android Studio Dolphin Beta」と「Android Studio Electric Eel Canary」は、独創的な名前を持つだけでなく、それぞれ独自の新機能も備える2つの異なるビルドだ。

 Googleによると、Dolphin Betaリリースでは、開発者は以下の新機能にアクセスできるようになるという。

 しかし、Android StudioのCanaryビルドでは、開発者は、エミュレーターと物理デバイスの両方において、Compose Previewでの実行中アプリのコード変更をすぐに反映する新しい「Live Edit」機能を先行的に体験することができる。Canaryのそのほかの変更点には、依存関係についての洞察を提供する新しい「Google Play SDK Index」、Android Studioの「Firebase Crashlytics」、サイズ変更可能な「Android Emulator」が含まれる。

 Googleは、Android Studioのすべての新機能について、リリースやより安定したビルドへの移行を実施する前に、開発者からのフィードバックを集めたいと考えている。

 Android Jetpackは、開発者がアプリの改善のために使用するツールとAPIのリソースだ。「Jetpack Compose Beta 1.2」には、開発者がアプリ内で使用できる新しいAPIとツールがいくつか含まれている。新しいAPIには、アプリのパフォーマンス(例えば、フレーム落ち)を分析するための「JankStats」などがある。ダウンロード可能なフォント用の新しいAPI、ドラッグ&ドロップによるアプリ間でのデータ共有、アプリのベンチマークツールの強化も含まれる。

 ベータ版で利用可能なJetpack Composeの新バージョンもある。このバージョンは、GoogleのAndroid Wear OSプラットフォーム(発表されたばかりの「Pixel Watch」も含む)向けアプリの開発を支援することを目的としている。

 Googleは、JetpackとAndroid Studio以外にも新しいツールとイニシアチブを発表した。例えば、サムスンとGoogleのパートナーシップの下で構築された新しいHealth Connectプラットフォームは、ユーザーの健康データにアクセスすることを可能にする。

 「Android TV」OSに加えて、「Android for Cars」にも新機能が追加される予定だが、期待をそそる情報を小出しにしたことを別にすれば、Googleは、米国時間5月12日の各OSの開発者セッションで詳細を明らかにすると話すにとどめた。現時点で判明しているのは、2022年中に、新しいAPIにより、Android for CarsやWear OSアプリで「Google Assistant」をこれまでよりも簡単に利用できるようになるということだ。

 Google Playのアップデートに関しては、Google Play SDK Index、広告主がユーザーのプライバシーを尊重しながら広告を表示できるようにする「Privacy Sandbox on Android」、さまざまなチケットやカードを直接登録したり、分類したりできる「Google Wallet API」(以前の「Google Pay Passes API」)などがある。

 もちろん、Android 13はGoogle I/Oで重要な位置を占めており、開発者が統合できる新しいAPIやツールを多数備えている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
TVアニメ「鬼滅の刃」、ABEMAで全26話を無料配信 ゴールデンウィーク期間に
くらテク
2021-04-28 15:00
テスラの北米向けModel 3とModel Yがレーダー非搭載に
モビリティ
2021-05-27 01:00
Appleフェローのフィル・シラー氏「最も誇りに思うのはiPod」
IT関連
2021-07-30 05:34
AWS Lambda、ローカルの/tmpが最大10GBまで拡張。大規模データ処理も可能に
AWS
2022-03-28 09:04
今そこにある 分業制「サイバー脅迫エコノミー」 企業を狙うマルウェア、脆弱性の放置は格好の標的に :この頃、セキュリティ界隈で
セキュリティ
2021-06-08 07:37
NVIDIAのArm買収、グーグルやマイクロソフトが米当局に懸念表明との報道
IT関連
2021-02-15 10:52
[速報]マイクロソフト、「Windows 365 Boot」発表。起動するとクラウドPCが即利用可能、「Windows 365 Offline」によりオフラインでも利用可能に
Microsoft
2022-04-06 17:02
フォードの電気自動車F-150 Lightningは停電時には家庭に電力を供給
モビリティ
2021-05-22 19:29
2画面スマホ「LG VELVET」は画面が曲がる先進性より、折り畳める実益を重視する方にお勧め
ハードウェア
2021-02-01 17:05
マイクロソフト「脅威と脆弱性の管理」機能、Linuxもサポート
IT関連
2021-05-13 19:19
マイクロソフト「Azure Arc」でAzureのアプリケーションサービスが利用可能に
IT関連
2021-05-27 14:03
【コラム】即日配送サービスがパンデミック後に生き残るためにはスピードだけでは不十分
IT関連
2021-08-22 08:24
顔から感情をリアルタイムで読み取り分類 深層学習技術で :Innovative Tech
トップニュース
2021-03-21 01:39
フィンテック企業は利潤追求とデータ倫理のバランスを取らなければならない
フィンテック
2021-02-23 11:58