SREがより発展していくために

今回は「SREがより発展していくために」についてご紹介します。

関連ワード (ようこそSREの世界、特集・解説等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 前回の記事では、Site Reliability Engineering(SRE)におけるデータを測定する重要さ、データの種類と収集方法、システムの運用での活用についてお話しました。

 本連載最終の今回は、SREが抱える悩みである「割り込みタスク」の管理方法、そして、SREがスケールしていくための実装パターンとSRE人材の育成について紹介します。

継続的な運用負荷

 システムが稼働する状態を維持するための作業を、「SRE サイト リライアビリティ エンジニアリング」では、運用負荷と定義しています(※1)。運用負荷は、「ページ」「チケット」の2つがあり、ページはオンコールに当たります。チケットはシステムの利用者(顧客)の要求が関係するもので、即時対応が求められる場合もあります。

※1:「SRE サイトリライアビリティエンジニアリング」Chapter 29 – Dealing with Interrupts

 運用負荷の内訳はこの2点に加え、前回の記事で紹介したトイル(労苦)も含まれます。これらの運用負荷は予測しづらいものであり、チームの作業を妨げる可能性があります。Google SREチームは、目標として「運用作業(トイル)を各SREの時間の50%未満に保つ」を掲げています。これは残りの50%を、将来に向けた「トイルの改善(ソフトウェアによる自動化など)」「サービス機能追加」に充てるためです。

 運用負荷のような割り込みが、残りの50%に該当する生産的作業にどのような影響を与えるのか、どう向き合っていくべきかも同章にて言及されています。人間は、フロー状態(集中している)である時に創造的で積極的に仕事に向き合うことができますが、割り込みが発生するとフロー状態から脱してしまう可能性があります。そこで、目の前のタスクに長時間集中することができるよう、チームで割り込みを管理する方法について提案しています。

 それは、ワークスタイルを二極化することです。例えば、複数のタスクをアサインされている場合は、作業時間の割合を「午前と午後」「日にち単位」で区切るなどが挙げられます。切り替えを最小限に抑えることで、対応すべきタスクに長時間集中することが可能になります。

 また、割り込みのアサインについては、チーム全体に負荷を分散するのではなく、規則性を持った構成にすることが推奨されています。例えば、ローテーションで割り込みが可能なメンバーをアサインし、負荷を局所化します。割り込み対応メンバーの負荷軽減のためにも、ローテーションの間隔、引き継ぎの有無やそのルールの整備も必要です。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
諜報機関のAI利用、その有効性と倫理の議論–英GCHQの取り組みにみる
IT関連
2021-03-10 10:37
IIJ鈴木会長が入社式で送った「魂のメッセージ」とは
IT関連
2022-04-09 09:44
Best Buyがマイノリティ創業者の支援を専門とするVCに最大約11億円を出資
パブリック / ダイバーシティ
2021-08-09 04:41
5G活用に期待する企業–顧客体験の向上や作業の効率化に向けた取り組み
IT関連
2022-03-17 21:17
星が瞬く「ホームスター」夏に登場 川のせせらぎに虫の声 流星もリアルになって「見つけにくい」
くらテク
2021-05-20 01:38
2022年、Linuxとオープンソース開発者の最優先事項はセキュリティ
IT関連
2022-01-19 12:54
高校・大学eスポーツのPlayVSがGameSetaを買収してカナダ進出を加速、一般リーグも計画
ゲーム / eSports
2021-01-24 09:36
ソフトバンク、顧客情報6347件が流出か 代理店の販売員が不正にコピー
セキュリティ
2021-03-05 13:41
「なぜか赤ちゃんが泣き止む」出前館のCMソング、LINE MUSIC限定で配信決定
ネットトピック
2021-05-26 20:35
グアムにある車を2500km先の東京から遠隔操作 ソニー・ドコモが5G活用の実証実験
企業・業界動向
2021-03-24 01:57
ヤフオク!、“いたずら入札”対策に本人確認を検討 ID再取得に対するブラックリスト整備も実施予定
企業・業界動向
2021-07-09 04:55
基幹システムのクラウド移行に向けた「内製化」という表現は適切か
IT関連
2022-06-24 22:49
巨大テック企業を規制する米国の新たな独占禁止法案の方針
ネットサービス
2021-02-06 13:48
学費出世払い方式のプログラミングスクール「Microverse」、世界188カ国の生徒が参加
EdTech
2021-07-04 12:33