知られざるマイクロソフトのLinuxディストリビューション「CBL-Delridge」

今回は「知られざるマイクロソフトのLinuxディストリビューション「CBL-Delridge」」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 MicrosoftのLinuxグループは以前から、社内で利用するためだけのLinuxディストリビューションを持っていることを公言してきた。「CBL(Common Base Linux)-Mariner」と呼ばれるこのディストリビューションは、「Windows Subsystem for Linux GUI」「Azure Kubernetes Service(AKS)on Azure Stack HCI」「Azure Percept」など、Microsoftのさまざまな製品で使われている。しかし実は、Microsoftが社内で利用している自社開発したLinuxディストリビューションには、それとは別に「CBL-Delridge(CBL-D)」と呼ばれるものが存在していることが明らかになった。

 筆者が迂遠な形でCBL-Dの存在を知ったのは、5月に入ってからだ。筆者は、「Windows on Rancher」エンジニアリングチームの責任者を務めていたこともあるSUSEのシニアエンジニアリングマネージャー、Hayden Barnes氏が2月2日に投稿したブログ記事を、たまたま見つけたことでこの情報を得た。この記事の内容は、CBL-Dのイメージを見つけて、構築する手順を説明するものだった。記事によれば、MicrosoftがCBL-Delridgeを公開したのは、CBL-Marinerを公開したのと同じ2020年だという。この2つのディストリビューションの主な違いは、Marinerが「Linux From Scratch」型のカスタムディストリビューションであるのに対して、DelridgeはDebianのカスタム版であることだ。

 CBL-Dは「Azure Cloud Shell」で使用されている。Azure Cloud Shellは、コンテナとしてパッケージ化されたクラウド管理ツールのセットだ。Cloud ShellのGitHubリポジトリにあるドキュメントには、「DebianとCBL-Dの主な違いは、MicrosoftがCBL-Dリポジトリに含まれるすべてのパッケージを社内でコンパイルしていることにある。このことは、サプライチェーン攻撃を防ぐのに役立つ」と書かれている。

 DB-Marinerに話を戻そう。Linuxiac.comの記事を読んで知ったのだが、CBL-Marineは先頃バージョン2.0に達したばかりだった。筆者が知る限りでは、バージョン2.0もMicrosoftの社内で利用するためのものだ。CBL-Mariner 2.0は、MicrosoftのLinux Systemsグループがビルドした最新のLTSバージョンであるカーネル5.15を使用しており、SELinuxのサポートが強化され、NVIDIAのハードウェアとCUDAのサポートに必要な独自のパッケージが追加されている。

 CBL-MarinerとCBL-Delridgeは、MicrosoftのLinux Systemsグループが開発したLinux関連の成果のほんの一部にすぎない。このグループの成果には、そのほかにもWindows 10に付属している「Windows Subsystem for Linux version 2」(WSL2)や、Azure用にチューニングされ、Hyper-Vのゲストとしての性能を最適化したLinuxカーネル、エンタープライズ&セキュリティチームが提案したLinux Security Module(LSM)である「Integrity Policy Enforcement(IPE)」などがある。

 Microsoftは、ほかにも社内で開発したLinux関連プロジェクトを抱えており、これにはLinuxベースのマイクロコントローラーであり安全なIoTサービスを提供する「Azure Sphere」や、Open Compute Project(OCP)の活動の一環として公開されているネットワークスイッチ用のオープンソースOS「SONiC」などが含まれる。

 (私のような)コードネームやプロジェクト名のいわれについて調べるのが好きな者にとって、Delridgeの命名の由来は興味深い。Delridgeは米ワシントン州の西シアトルにある地区の名前であり、Barnes氏によると現バージョンのコードネームは「Quinault」で、これはワシントン州のオリンピック国立公園にある渓谷の名前だ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
佐野学園、人事総務の業務改革で申請処理を大幅削減
IT関連
2021-06-03 12:33
「シン・エヴァ」まもなく興収50億円 来場者特典にキャラが増えた「シン・ポスター」のカード
くらテク
2021-03-23 08:37
インド当局がグーグルに対し印スマートTV市場での独禁法調査を命令
ハードウェア
2021-06-24 15:13
エンド・ツー・エンド暗号化対応Googleドキュメント対抗テキストエディター「Skiff」が4.2億円調達
ソフトウェア
2021-05-28 07:21
Facebookのアカウント認証、スマートフォンでも物理キー利用可能に
アプリ・Web
2021-03-20 22:58
賃貸の敷金に代わる保険商品を販売するRhinoが98.5億円を調達
その他
2021-01-28 18:57
旭化成と日本IBM、プラスチック資源循環プロジェクトを開始
IT関連
2021-05-26 12:07
「メタバースコンティニュアム」が到来する世界で企業はいかに戦うか–アクセンチュア
IT関連
2022-03-23 22:23
ボートのナビゲーションにiPhone登場時のような革新もたらす「Orca」
モビリティ
2021-03-22 07:51
Epic GamesがアーティストコミュニティのArtStationを買収、直ちに手数料を12%に引き下げ
ゲーム / eSports
2021-05-05 09:32
SolarWindsハッキング、中国の脅威グループが「SUPERNOVA」マルウェア展開に関与か
IT関連
2021-03-10 19:59
「ピープルアナリティクス」の認知度は4割弱–6割超の企業が成果につながらず
IT関連
2022-06-30 14:11
ファン内蔵テック系マスクの真価は? Philips「ブリーズマスク」を2週間使ってみた (1/2 ページ)
くわしく
2021-02-15 15:43
Verdagyの新技術がCO2を排出しない水素製造を加速させる
IT関連
2022-02-28 21:31