鴻池運輸、Salesforce製品で海上輸出入業務をデジタル化

今回は「鴻池運輸、Salesforce製品で海上輸出入業務をデジタル化」についてご紹介します。

関連ワード (マーケティング等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 大阪市に拠点を置く鴻池運輸は、同社が提供する「デジタルフォワーディングプラットフォーム」のシステム基盤として、Salesforce製品を採用した。セールスフォース・ジャパン(Salesforce)が6月16日に発表した。

 デジタルフォワーディングとは、貿易事務や輸送手配に付随して発生する専門業務「フォワーディング」をデジタル化したもの。デジタルフォワーディングプラットフォームは、海上輸出入業務を支援する鴻池運輸のサービス「KBX(ケービーエックス)」で提供されている。

 鴻池運輸は、2022年に策定した中期経営計画(2023年3月期~2025年3月期)の重点事項「技術の活用とDXならびに協業による挑戦」の一環として、デジタルフォワーディングプラットフォームを構築し、KBXの提供を開始した。業務プロセスや情報を一元化することで、生産性や利益率の向上および持続的な事業成長を目指している。鴻池運輸の従業員が試験的にシステム基盤を開発したところ、Salesforce製品を活用するとスクラッチ開発と比べて生産性が大幅に向上したことから、採用に至ったという。

 鴻池運輸は、従業員同士や顧客、パートナー企業との情報共有を支援する「Salesforce Experience Cloud」や、アプリの開発や実行を可能にする基盤「Salesforce Lightning Platform」など、複数のSalesforce製品を採用。豊富な標準機能を活用し、複雑な手配や多くの書類が伴う国際物流業務において、情報の一元管理と拡張性を確保するプラットフォームを構築した。デジタルフォワーディングプラットフォームは、顧客、輸送/物流作業などにおけるパートナー企業、自社をつなぎ、それぞれのポータルを構築している。

 顧客向けポータルでは、それまで電話やメール、ファクシミリなどで行っていた煩雑な手続きをデジタル化し、顧客の利便性を向上させた。パートナー企業向けポータルでは、輸出入における一連の業務をデジタル化し、国際物流業務を効率化させた。また、鴻池運輸はデジタルフォワーディングプラットフォームの構築に伴い、社内業務の標準化・自動化などのデジタル化に着手し、業務負荷の軽減と生産性の向上を図る。

 鴻池運輸は今後、同プラットフォームにおいて業務アプリの構築を一層進める。またSalesforceと共に、新規顧客・案件の獲得に向けた営業・マーケティング活動の効率化・高度化に取り組むことを検討しているという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Wi-Fi対応の「Raspberry Pi Pico W」が登場、価格は6ドル
IT関連
2022-07-02 19:17
食品ロス削減のフードシェアリングTABETEが1.1億円のシリーズA調達、開発体制や新規店舗・新規ユーザー獲得を強化
IT関連
2022-02-02 04:07
NGINX開発者のIgor Sysoev氏が引退を発表。F5とNGINXから退任
Nginx
2022-01-24 04:32
ワークデイ、財務管理クラウドサービスの国内提供を開始
IT関連
2021-07-08 13:13
マイクロソフト、デジタルスキルのプログラムなど拡大–これまでに3000万人支援
IT関連
2021-03-31 13:47
AirPods Maxはヘッドバンドも簡単に交換可能 実際に試してみた
-
2021-01-21 16:24
あと払いサービスのPaidy、脆弱性管理ツール「Snyk」導入–脆弱性の平均修理時間73%減
IT関連
2022-03-23 23:47
「Windows 11」新プレビュー版、2種類のビルドがBetaチャネルに
IT関連
2022-07-09 10:11
東京ガス、日本たばこからソフトウェア事業を取得–DXビジネスを強化
IT関連
2021-07-09 21:20
飲食店向けの予約・注文・顧客管理システムなどのトレタが総額20.3億円調達、プロダクト開発・人材採用を強化
IT関連
2022-02-17 20:05
サステナビリティーとガバナンスをITで支援–オープンテキスト・反町社長
IT関連
2022-01-19 09:10
NTT東、業務フロー全体の自動化で「Pega Platform」を採用–既存RPAとの連携が可能に
IT関連
2022-06-07 13:35
オトナルとアドエラ、視覚と聴覚に訴求した「pDOOH×⾳声広告」を提供開始
IT関連
2022-07-17 12:06
元の働き方には戻らない–新たなモデルをどう実現するべきか
IT関連
2021-03-03 23:07