NGINX、商用版の重要な機能をオープンソースで無料化、オートスケールやCI/CDフックなどフルスタック化など、今後の発展についてコミットを発表

今回は「NGINX、商用版の重要な機能をオープンソースで無料化、オートスケールやCI/CDフックなどフルスタック化など、今後の発展についてコミットを発表」についてご紹介します。

関連ワード (一揃、拡張、移植等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


オープンソースのWebサーバ「NGINX」(エンジンエックス)の開発元であるF5 Networksは、オンラインイベント「F5 NGINX Sprint 2022」を開催中です。

そこでNGINX開発チームは、今後のNGIXの発展に向けて、ソースコードをMercurialからGitHubへ移行すること、有償版の機能をオープンソースへ移植して無料で利用可能にすること、単なるWebサーバ機能だけでなくCI/CD機能などを拡張することなど、3つの約束を発表しました。

GM of #NGINX @rwhiteley0 has just announced three #opensource promises that will come to life during #NGINXSprint 2022. Read more on how we're getting back to our open source roots https://t.co/4rVxitx5cU pic.twitter.com/1cTu2mAGSs

— NGINX (@nginx) August 23, 2022

NGINXは、オリジナルの開発者であるIgor Sysoev(イーゴリ・シソエフ)氏がロシアの首都モスクワに住んでいたことなどにより、ロシアの首都モスクワを中心に開発が行われていました。

しかしロシアのウクライナへの武力侵攻に反対する西側諸国による厳しい経済制裁下で、今後の開発体制がどうなっていくのか、その先行きが心配されていた5月に、F5によって開発チームがモスクワから移転されグローバル化したことが発表されています。

今回の3つの約束は、これを踏まえて今後さらなるNGINXの発展を開発チームがコミットするものといえます。3つの約束の要約を紹介しましょう。

Promise #1: Modernize Our Approach, Presence, and Community Management
(約束その1:アプローチ、プレゼンス、コミュニティマネジメントのモダナイズ)

  • ソースコード管理をMercurialからGitHubへ移行する
  • コミュニティとの対話を強化する
  • SlackにNGINX Communityチャンネルを追加し、開発チームが常駐して質問に答える

Promise #2: Optimize Our Developer Experience
(約束その2:開発者体験の最適化)

  • インストールやドキュメントを改善し、コミュニティフォーラムを充実させることで、開発者体験を刷新していく
  • 無料のNGINX Open Source版によるSaaSを提供する
  • DNSサービスディスカバリなど有償版の重要な機能をオープンソースに移植し無料化する

Promise #3: Extend the Power and Capabilities of NGINX
(約束その3:NGINXのパワーと能力の拡張)

  • フルスタックのNGINXアプリケーションを提供したい
  • 具体的には分散トレーシング、ロギング、オートスケーリング、セキュリティ、CI/CDフックなど一揃いのNGINX環境を開発していく

高速なWebサーバやプロキシは、Webアプリケーションの開発実行基盤として、あるいは分散アプリケーションの足回りとして、より広範囲で重要な役割を担おうとしています。

今回の3つの約束は、NGINXがそうした重要な役割を積極的に担うソフトウェアであり続けたいとする意志の表明ではないかと思われます。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
従業員の幸福度を高める–経営陣に求められる価値観の変化への対応
IT関連
2022-05-28 12:49
グーグルの脆弱性報奨金プログラム、2021年の支払額は約10億円
IT関連
2022-02-16 06:23
民間商業宇宙ステーションの実現を目指すAxiom Spaceが約138億円を調達
宇宙
2021-02-18 04:48
トヨタ販売店9社、顧客情報を無断登録 3318人分のID発行
社会とIT
2021-08-20 00:49
サイトビジットの電子契約サービスが「freeeサイン」に名称変更、個人事業主専用スタータープランも開始
IT関連
2022-03-10 08:57
空中親機ドローンと子機水中ドローンを合体させた世界初の「水空合体ドローン」が開発、2022年度の商用化目指す
ドローン
2021-06-11 09:54
Dellが「APEX」サービスを拡大、マルチクラウド戦略を強化
IT関連
2022-01-21 02:50
暗号資産取引所「Coinbase」日本参入 信頼性訴求でユーザー獲得狙う
企業・業界動向
2021-08-20 14:07
開始まで1年4カ月–インボイス制度対応で気を付けたい3つの落とし穴:freee解説
IT関連
2022-06-02 17:16
JCBら、メタバース/ゲーム世界でのデジタルデータの安全な流通・販売に向けた共同プロジェクトを開始
IT関連
2022-08-26 00:58
極域の観測網構築に向けた、安価な汎用ドローンによる高精度気象観測を実現
IT関連
2022-01-26 19:16
シミック、医薬品の安全性監視業務に「Oracle Argus Cloud Service」導入–レンタル事業も開始
IT関連
2022-07-13 09:10
保育園・幼稚園の成長と経営を支援するマーケットプレイスをWinnieが提供
IT関連
2022-03-08 08:47
マイクロセグメンテーションの概念と仕組み
IT関連
2022-05-10 17:44