「ハッカーのサマーキャンプ」Black HatとDEF CONを体験–コロナ後初の大規模開催

今回は「「ハッカーのサマーキャンプ」Black HatとDEF CONを体験–コロナ後初の大規模開催」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 セキュリティの専門家がロシアによるウクライナ侵略戦争や、中国と台湾の間で高まっている軍事的緊張に端を発するサイバー攻撃についての懸念を表明していたかと思えば、ネバダ州ラスベガスにあるアレジアントスタジアムのパーティーの会場ではElijah Wood氏(そう、あの映画「ロード・オブ・ザ・リング」のフロドを演じた人物だ)がDJを務めていた。

 「Black Hat」と「DEF CON」にようこそ。この2つのセキュリティ/ハッキングカンファレンスは、業界から「ハッカーのサマーキャンプ」と呼ばれている。

 サイバーセキュリティのプロフェッショナルをはじめとする、さまざまな背景を有する人たち数万人が毎年、これらの併催されるイベントのためにラスベガス・ストリップに集結する。最新のサイバーセキュリティ技術と、そういった技術を突破するために利用されている創造的な手法についての知見を得るためだ。

 8月の初めから、まずBlack Hat、続いてDEF CONという順で開催された今回のイベントでは、ウクライナで繰り広げられている侵略戦争から、11月に実施される米国の中間選挙に至るまでの地政学的要素が大きく影を落としており、サイバー攻撃がわれわれの日常にまで広がってきていることを実感させられた。

 よりビジネス側に目を向けたテーマを取り扱うBlack Hatカンファレンスの講演に登壇した米サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)の元長官であるChris Krebs氏は、中国が台湾に侵攻するという状況を特に憂慮しており、参加企業に対して早急に影響を把握するよう促していた。

 その週の後半に開催された、ビジネスという観点に縛られていない若いプロフェッショナルを引きつけることで知られているDEF CONでは、誤った情報と、選挙におけるセキュリティについて、そして電動車いすのような修理の難しい医療機器を自らでハックし、修理する権利についてが、大きな話題となっていた。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
チケット販売のぴあ、ワクチン予約サービスを自治体向けに提供 「数十万件規模のアクセスにも耐えられる」
企業・業界動向
2021-05-14 14:51
iTunesカードの10%還元、コンビニ各社で 5月9日まで
くらテク
2021-04-27 15:29
バイデン政権の大規模インフラ法案の「悲惨な」修正提案を暗号資産コミュニティが非難
ブロックチェーン
2021-08-10 19:25
スウェーデンの電動航空機スタートアップHeart Aerospaceが200機を受注
モビリティ
2021-07-27 02:23
「Gmail」の統合型UI、全ユーザーに提供開始
IT関連
2022-07-30 04:14
ホンダ新事業創出プログラムIGINITION第1号のAshiraseが5000万円調達、視覚障がい者向け単独歩行ナビを2022年度製品化
パブリック / ダイバーシティ
2021-06-12 21:54
第一生命とCapex、対話AIアバターの概念実証を開始–顧客体験の向上を目指す
IT関連
2022-08-10 20:43
クアルコムが披露した次世代の5G、エッジAIロボティクスソリューション
IT関連
2022-05-17 12:24
みずほ銀で大規模システム障害 全店舗で窓口取引できず、ATMは通常通り
社会とIT
2021-08-21 09:08
スペースXが再利用Dragon宇宙船での宇宙飛行士の打ち上げに初成功
宇宙
2021-04-25 07:41
SnapchatのSnap、第4世代「Spectacles」を134gのARメガネに
アプリ・Web
2021-05-22 14:45
ロシア、YouTubeに「反ロシア」広告を止めるよう警告
IT関連
2022-03-20 18:48
2021年のランサムウェア被害と日本の傾向
IT関連
2022-04-15 05:31
セキュリティ管理者を悩ませる「脆弱性まつり」がもっと深刻になる理由
IT関連
2022-07-02 14:38