「Windows 11」、初の大型アップデート–生産性向上、セキュリティなどの新機能

今回は「「Windows 11」、初の大型アップデート–生産性向上、セキュリティなどの新機能」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Microsoftは米国時間9月20日、「Windows 11」初のメジャーアップデートをリリースした。今回のアップデートには、生産性、アクセシビリティ、セキュリティなどに関する新機能が含まれている。

 Windows 11の最新アップデートでは、「スタート」メニューと「クイック設定」での検索が高速化し、精度が向上した。ウィジェットパネル上に表示されるローカルニュースと時事ニュースも、よりユーザーに適したものになるという。10月には、「エクスプローラー」に長年待ち望まれていたタブ機能が追加される予定だ。

 Windows 11は、マルチタスクを実行するユーザーや、より高度な整理機能を求めるユーザーに向けた機能を公開した。今回のアップデートでは、開いているウィンドウをデスクトップ上にきれいに並べる「スナップレイアウト」が、タッチナビゲーションの改善や、「Microsoft Edge」ブラウザーの複数のタブをスナップする機能によって、より多用途になっている。

 気が散るのを最小限に抑えるため、今回のアップデートでは、「フォーカスセッション」と「応答不可モード」が導入された。Microsoftによると、フォーカスセッションを開始すると、自動的に応答不可モードに設定される。これにより、通知音が無効化され、タスクバー内のバッジとタスクバーのアプリの通知がオフになる。フォーカスセッションは、集中力を高め、休憩を取るのを忘れないようにするタイマーを備えた「クロック」アプリと統合されている。

 Windows 11に内蔵された画面読み上げ機能の「ナレーター」は、より自然な音声になり、テキスト読み上げの品質が向上している。

 さらに、ライブキャプション機能は、これまで個々のアプリで利用できたが、新たにシステム全体で使えるようになる。システム全体のライブキャプションは、デフォルトでは画面上部のカメラの下に表示されるが、キャプションの場所を画面下部や別のフローティングウィンドウに切り替えることもできる。また、対面での会話も、音声をマイクから取り込み、書き起こせるようになった。

 Microsoftによると、「スマートアプリコントロール」は、Windows 11でアプリをダウンロードする際の信頼性を向上させることを意図しているという。このツールは、信頼されていないアプリや署名されていないアプリをブロックする。こうしたアプリは、マルウェアや攻撃ツールと関連していることが多い。アプリが安全かどうかを予測するスマートアプリコントロールは、「Windows Defender Application Control」で使用されているのと同じ人工知能(AI)をベースに構築されており、個人ユーザーでも法人ユーザーでも利用できる。

 強化された「Microsoft Defender SmartScreen」では、ユーザーが悪意のあるアプリやハッキングされたウェブサイトにMicrosoftの認証情報を入力しようとする際に検知し、警告ページを表示して注意を促すという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ショッピング体験の視覚化を進めるShopifyがARスタートアップPrimerを買収
ネットサービス
2021-06-13 12:08
IBM、攻撃者の視点から弱点を見付けるセキュリティ企業Randoriを買収へ
IT関連
2022-06-09 12:23
インプレス創設30周年おめでとうございます。記念の30年史がわずか110円で買えるのも御社らしい素晴らしさです
業界動向
2022-04-13 22:09
Salesforce Functionsがベータ公開、Salesforceプラットフォームでサーバレスを提供
Salesforce.com
2021-06-30 00:12
バイデン大統領、FacebookなどのSNSはコロナの誤情報で「人々を殺している」と発言
アプリ・Web
2021-07-20 04:23
IT運用のソフトウェア工学的アプローチ–SREとは?
IT関連
2022-03-17 03:55
DXプロジェクトの軌道修正–問題に対処するための5つのヒント
IT関連
2022-09-08 09:16
ピルのオンライン診察アプリの「ネクイノ」が法人向け健康経営支援プログラム「For Women’s 保健室」開始
フェムテック
2021-04-24 09:03
TikTokが欧州で消費者、子どもの安全、プライバシーに関する訴えを受ける
ネットサービス
2021-03-08 00:47
ミニアプリ構築のエボラニが2020~2021年度「国内チャットボット・ミニアプリ業界カオスマップ」公開
ネットサービス
2021-02-04 10:10
東芝、“お手盛り調査”許されず AIでメール約78万件調査
IT関連
2021-06-16 18:39
GMOインターネットがサイバーセキュリティ事業に本格参入、イエラエセキュリティを子会社化
IT関連
2022-01-25 04:13
サイバー攻撃情報を350組織で共有 東京五輪・パラへ態勢強化
IT関連
2021-07-10 19:40
Istioが新たな仕組み「Ambient Mesh」を発表。サイドカーなしでサービスメッシュを実現
Istio
2022-09-12 05:37