インテル、第13世代「Core」発表–性能が最大41%向上

今回は「インテル、第13世代「Core」発表–性能が最大41%向上」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 新世代のプロセッサーが、必ずしも新境地を開拓するとは限らない。Intelの第12世代プロセッサーは、高性能コア(Pコア)と高効率コア(Eコア)という2種類のCPUコアを搭載する、ハイブリッドコアアーキテクチャー「Alder Lake」を採用するものだった。Intelは、新たに発表した第13世代の「Raptor Lake」アーキテクチャーにおいて、2つの注目すべき方法で第12世代チップを改良している。1つは、Eコアの数を2倍にしたこと、もう1つは、入力電圧をより効率的にクロック周波数に対応させることで、ノートPCのような幅広い処理能力を実現可能にしたことである。

 このデスクトッププロセッサーのボックス版は米国時間10月20日に販売が開始される。デスクトップPC「Alienware Aurora R15」など、これを搭載するシステムは2022年内に登場する予定だ。

 Intelは、最上位モデルの「Core i9-13900K」が従来の最上位製品と比較して、シングルスレッド性能は15%、マルチスレッド性能は41%向上したとしている。また、Core i9-13900Kでは、5.8GHzのターボ時最大クロック周波数も実現されている。同社の最高経営責任者(CEO)を務めるPat Gelsinger氏は、9月27日から開催されている「Intel Innovation」カンファレンスで、2023年には6GHzを達成する見込みだと述べたが、現時点で既にそれに近い性能が実現されている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
中小企業向けERPプラットフォームの独xentralがTiger Globalなどから82.2億円のシリーズB調達
ソフトウェア
2021-08-19 08:50
「鬼滅の刃」が浅草でイベント 老舗店舗のコラボ商品登場、会場は“炭治郎カラー”にライトアップ
くらテク
2021-07-10 14:09
環境に応じ植物の根の長さを変化させる遺伝子制御因子を特定、植物工場や都市型農業の生産性向上への貢献に期待
IT関連
2022-02-16 03:30
「匿名」フィンテックスタートアップMillionsが3.2億円調達、Twitterで現金をプレゼント中
フィンテック
2021-02-15 13:41
岐阜市、「Azure Peering Service」導入でIT基盤を刷新–2023年に本格稼動へ
IT関連
2022-01-30 06:58
Twitterセレブアカウント乗っ取り犯の18歳、懲役3年に
アプリ・Web
2021-03-18 18:09
空飛ぶクルマ・eVTOLのテトラが新機種Mk-5の7月末予約販売開始を発表、開発と人材育成で福島県南相馬市と連携協定
モビリティ
2021-07-09 02:41
星が瞬く「ホームスター」夏に登場 川のせせらぎに虫の声 流星もリアルになって「見つけにくい」
くらテク
2021-05-20 01:38
大阪府が取り組む“子供の居場所づくり” プログラミング教育やeスポーツの場としても活用
IT関連
2021-07-17 16:22
LINE、災害情報を配信するサービス開始 「Yahoo!防災速報」と連携
最近の注目ニュース
2021-03-05 01:54
AIを利用したリアルタイム音声文字起こしサービスOtter.aiがGoogle Meetでも利用可能に
ネットサービス
2021-01-23 18:40
映画製作者が直接、作品をAmazonプライムビデオやApple TVなどのチャンネルで配信可能にするFilmhub
IT関連
2022-02-08 01:27
10分で満充電にできるEVバッテリー交換のAmpleがENEOSと日本国内での交換インフラ展開、運営で提携
モビリティ
2021-06-17 18:10
シスコ日本法人社長が語った「パートナー施策」での意気込みとは
IT関連
2022-08-06 04:39