「コンピューティングパワーは不足しつつある」–IBMの答えはAI向け新チップ「AIU」

今回は「「コンピューティングパワーは不足しつつある」–IBMの答えはAI向け新チップ「AIU」」についてご紹介します。

関連ワード (経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 最近の話題の過熱ぶりを見ると、まるで人工知能(AI)があらゆるところにすでに入り込んでいるかのようだ。だが現実には、AIを支える技術はまだ発展途上の段階にある。実際、多くのAIの応用事例では、AI用に設計されたチップではなく、汎用のCPUやゲーム用に設計されたGPUが使用されている。IBM、Intel、Googleなどの大手IT企業や、スタートアップやベンチャーキャピタルが、AIワークロード用の新しいチップの設計に慌ただしく投資しているのは、このミスマッチを解消するためだ。

 この分野に対する企業の投資は、技術が向上するに従って確実に増えていくとみられている。Gartnerによれば、2021年のAIチップ市場の総売上高は340億ドル(約5兆円)以上に達しており、2026年には860億ドル(約13兆円)規模にまで拡大するという。さらに同社は、データセンターに置かれているサーバーのうちAIワークロード用のアクセラレーターを備えているのは、2020年時点で3%未満だったが、2026年には15%以上になると予想している。

 このような状況の中、IBM Researchは、AIに特化したプロトタイプチップである「Artificial Intelligence Unit」(AIU)を発表した。

 IBMは、AIUに関するプレスリリースで、「コンピューティングパワーは不足しつつある。これは、AIモデルの規模が指数関数的に大規模化している一方で、そうした巨大なモデルをトレーニングし、クラウドのサーバーやスマートフォンやセンサーなどのエッジデバイスで実行するためのハードウェアの進歩が、その勢いについて行けていないからだ」と述べている。

 AIUは、IBM ResearchのAI Hardware Centerが開発した、エンタープライズAIの深層学習モデルの実行に特化して設計された、初めての完全なSoC(システムオンチップ)だ。

 IBMは、「従来のコンピューティングの処理装置」(つまりCPU)は、深層学習が登場する前に設計されたものだと指摘している。CPUは汎用のアプリケーションには向いているが、超並列処理が必要な深層学習モデルのトレーニングや実装にはあまり向いていない。

 IBM ResearchのAIコンピューティング担当ディレクターであるJeff Burns氏は、米ZDNetの取材に対して、「AIが今後、非常に長期間にわたって、ITソリューションの原動力となることは確実だ」と述べた。「AIは、コンピューティングを取り巻く環境や、こうした複雑な企業のITインフラやソリューションに、非常に広く拡散した形で浸透していくだろう」

 Burns氏は、IBMにとって最も合理的なのは、普遍的に効果を発揮できる完全なソリューションを構築することであり、それができれば、「これらの機能をさまざまなコンピューティングプラットフォームに組み込み、企業のAIに対する非常に幅広い要求に対応することができる」と話した。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ベルファストの現状と展望について8人の投資家、創業者、経営者に聞く、サイバーセキュリティとフィンテックが旋風を巻き起こす
VC / エンジェル
2021-06-15 18:01
「AI倫理は経営課題に」–日本IBMがAI倫理の実践で調査
IT関連
2022-06-10 13:12
「Apache Log4j」の脆弱性、発覚から数時間で悪用される–Mandiant報告
IT関連
2022-03-12 23:15
ネット通販で悪質“お試し商法”急増か 背景に巣ごもり需要 消費者庁、規制強化へ
IT関連
2021-03-29 05:11
カプコン情報流出、いまだ被害確定できず 20年4〜12月期決算は最高益
IT関連
2021-02-02 01:46
ゼロトラストは経営戦略で進める–ゼットスケーラー金田代表
IT関連
2022-02-11 16:08
サイバーレジリエンスを高めるための5つのステップ
IT関連
2022-06-07 20:10
CI/CDパイプラインをポータブルにする「Dagger」登場/マイクロソフト、「Windows 365 Boot」発表/JavaScriptの高速フォーマッター「Rome Formatter」ほか、2022年4月の人気記事
編集後記
2022-05-02 16:22
AWS、「IoT TwinMaker」、新「Aurora Serverless」のGAなど–AWS Summit
IT関連
2022-04-24 19:14
データ保護のクラウド活用では日本が世界をリード–ヴィーム調査
IT関連
2022-02-26 06:10
“説明可能なAI”の教科書、日本語訳を公開 「AIに何ができ、何ができないか」理解の手引きに
ロボット・AI
2021-05-19 09:42
北九州市建設局、工事現場にビデオ通話アプリを導入–遠隔支援で業務効率化を図る
IT関連
2022-07-09 14:48
自宅から離れた好きな場所にホーム(オフィス)環境を提供するAnyplaceが6.1億円調達
IT関連
2022-03-02 20:17
コロナワクチン接種、自治体の8割が11月までに完了か JX通信社調べ
ネットトピック
2021-07-28 16:47