都市などの空間シミュレーションをクラウドで–AWS、「SimSpace Weaver」を発表

今回は「都市などの空間シミュレーションをクラウドで–AWS、「SimSpace Weaver」を発表」についてご紹介します。

関連ワード (クラウド等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月29日、新たなサービスとして「AWS SimSpace Weaver」を発表した。ユーザーはこの新たなクラウドサービスを用いることで、都市規模の環境におけるさまざまな状況のシミュレーションをリアルタイムで実行できるようになる。

 AWSによると、都市計画のマネージャーや、イベントプランナーはSimSpace Weaverを利用することで、都市全体、あるいは国全体の規模で交通や公共交通、サプライチェーンのインフラといったもののシミュレーションを実行できるという。

 例えば都市計画担当者は、起こり得る自然災害のシミュレーションを実行し、それに対応するシステムをテストすることができる。またイベントプランナーは、大規模なスポーツイベントのシミュレーションを実行し、会場近くの交通状況に及ぼす影響を計り知ることができる。

 空間シミュレーションの実行は多くの場合、単一ハードウェア上での実行という制約に縛られている。AWSはコンピューティングにまつわるこの問題を解決するとしている。より多くの動的なエンティティー(実体)が相互に作用し合うという、規模の大きな世界をシミュレーションしようとする場合、今まで以上に大きなコンピューターが必要となるため、シミュレーションを生み出す開発者は世界の大きさと、その世界に作り出す独立したエンティティーの数に関するトレードオフを実行する必要があった。

 そういった環境をシミュレートする上で、人間や自動車といったさまざまな要素をモデル化する必要がある。そして、このような要素が世界の中で活動する際には、他のエンティティーとの相互作用を計算しなければならない。

 AWSは、SimSpace Weaverが大群衆のシミュレーションの他、自動車や人間をはじめとするさまざまな物体が存在するスマートシティーのシミュレーションに有効だとしている。

 SimSpace Weaverは「Amazon EC2」インスタンス上で動作し、100万を超える独立した動的エンティティーをサポートしている。そしてユーザーは、必要となるインスタンス数や、シミュレーションにおけるパーティション分割方法を指定することができる。SimSpace Weaverは、パーティション間でエンティティーを転送する際に自動的にリソースまわりの処理を実行する。

 AWSが公開したシミュレーション画像の例では、各行が1つのインスタンスを表現しており、それぞれのインスタンスは16のパーティションを取り扱っている。

 AWSのMarcia Villalba氏は発表の中で「SimSpace Weaverは、EC2インスタンスのプロビジョニングを取り扱うとともに、シミュレーションアプリケーションを起動し、シミュレーション終了後における環境の後始末を実行する」と記している。

 また同氏によると、「Unreal Engine 5」や「Unity」エンジンを用いて開発を行う場合には、SimSpace Weaverにあらかじめ用意されているプラグインをそのまま使用できるという。

 SimSpace Weaverは米国東部(オハイオ)と米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、アジアパシフィック(シンガポール)、アジアパシフィック(シドニー)、欧州(アイルランド)、欧州(フランクフルト)、欧州(ストックホルム)の各AWSリージョンで利用可能となっている。利用料金はEC2のインスタンスに課金される。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
スペースXの次世代超大型ロケットブースターが完成間近
宇宙
2021-03-21 02:50
【ロボットまとめ】Cyberdogの目をのぞきこめ、フィールド、フード、フルフィルメント
IT関連
2021-08-15 07:29
Asana、コロナ禍の分散した仕事環境を支援する機能強化
IT関連
2021-06-17 06:24
ドローンソリューションによる建設・電力・エネルギー業界DXを推進するテラドローンが15.1億円調達
ドローン
2021-02-17 06:27
Google、倫理的AIチームに代わる新チームとその黒人女性リーダーを発表
製品動向
2021-02-20 20:57
Elastic、AWSとの「Elasticsearch」に関する商標問題が解決したと発表。今後「Elasticsearch」を名乗るのはElasticのみに
AWS
2022-02-18 00:12
Epic Gamesが楽曲販売プラットフォームBandcampを買収、音楽分野へ進出
IT関連
2022-03-04 11:55
モバイル向けNoSQL「Firestore」で件数を数える「count()関数」、期限付きデータ「Time To Live」など新機能。Firebase Summit 2022
BaaS
2022-10-25 14:32
DNPが誤読の少ない音声合成AI開発 「行って」の読みなど判別可、企業向けに提供
ロボット・AI
2021-06-16 11:45
プログラミング言語RustにGoogle、Microsoft、AWSなどが開発とメンテの拠点を提供
ソフトウェア
2021-02-10 05:42
存在感増すGoogle Cloud、新たなビジネス基盤を作る手法として浸透
IT関連
2022-02-23 12:25
二要素認証の危殆化でハッキングされた暗号資産取引所Crypto.com、被害は約38.7億円以上に
IT関連
2022-01-22 12:41
中国におけるアップルのスマホ売上回復、ファーウェイは王座を失う
ハードウェア
2021-04-30 01:17
契約管理システム「LegalForceキャビネ」に類型振り分け機能–契約類型の確認作業を支援
IT関連
2022-09-15 06:32