JavaScriptランタイム「Bun v0.5」登場。MySQLやPostgreSQLのデータベース接続対応、新機能「Workspaces」、Bun.dnsなど搭載

今回は「JavaScriptランタイム「Bun v0.5」登場。MySQLやPostgreSQLのデータベース接続対応、新機能「Workspaces」、Bun.dnsなど搭載」についてご紹介します。

関連ワード (互換性、最初、追加等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


サーバサイドで実行可能なJavaScriptランタイム「Bun」の最新バージョン「Bun v0.5」がリリースされました。

Introducing Bun v0.5

– bun install workspaces && bun install bugfixes
– postgres, mysql, redis & more DB-related npm pkgs work in bun now
– Bun.dns && some of node:dns, node:net, & node:tls
– new WebSocket supports headers
– HTTP client proxy supporthttps://t.co/TMoXr781QP

— Jarred Sumner (@jarredsumner) January 18, 2023

BunはNode.jsやDenoといったJavaScriptランタイムの競合と位置づけられているオープンソースのソフトウェアです。

JavaScriptエンジンにはSafariに搭載されているJavaScriptCoreを採用。Node.jsとの互換性を実現するためにNode.jsの主要なAPIやNode.jsのモジュール依存関係解決アルゴリズムも実装し、内蔵するnpmクライアントにより高速にnpmパッケージを読み込んで利用できるようになっています。

さらにバンドラ、トランスパイラ、タスクランナーなどの機能が最初から統合されており、TypeScript/JSXトランスパイラによってTypeScriptファイルをそのまま読み込んで実行できるなど、JavaScriptランタイムとして先行するNode.jsのエコシステムやDenoの利点を取り込みつつ、さらに機能を発展させています。

その上で、開発言語としてZigを採用し、メモリ管理などを含む低レイヤでの実装を実現することで、他のJavaScriptランタイムと比較して高速な動作を実現していると説明されています。

PostgreSQLやMySQLとの接続もサポート

Bun v0.5では「node:dns」や「node:tls」などによるソケット通信をサポート。これによりNode.jsとの互換性が向上し、npmとして実装されたデータベースドライバなどが動作するようになりました。

具体的にはPostgres.jsによるPostgreSQLとの接続やmysql2によるMySQLとの接続、Node.js clientによるRedisとの接続などが可能になっています。

複雑なソフトウェアを簡単にする新機能Workspaces

新機能として、package.jsonのなかでWorkspacesと呼ばれる機能が使えるようになりました。

「Workspaces make it easy to develop complex software as a monorepo consisting of several independent packages. 」(ワークスペースを利用することで、複雑なソフトウェアを複数の独立したパッケージからなるモノレポとして簡単に開発することができます)と説明されており、コードを複数の部品に分解できること、そして依存性の重複を避けることなどが可能になるとのことです。

Workspacesには今後、名前を付けられるようになる予定。

またドメイン名を解決するBun.dnsおよびNode.jsとの互換性のためのnode:dnsなどの機能も追加されています。

その他詳しい情報については「Bun v0.5」をご覧ください。また、Bun v0.5のリリースの2日後にはBun v0.5.1が早くも登場しています。

Bun v0.5.1

– bun install now supports aliasing package.json dependencies
– fixed buffer encoding regression
– fetch() wasn't wired up to $HTTP_PROXY, now it is
– const f = require; f("a") didn't work
+ couple more bugfixeshttps://t.co/1NIBbdnXvV

— Jarred Sumner (@jarredsumner) January 20, 2023

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
マイクロソフトがRubrikに出資、ランサムウェア対策などで連携へ
IT関連
2021-08-19 23:45
Metaの監督委員会、FacebookとInstagramに「晒し」からユーザーを守る規定強化を要請
IT関連
2022-02-10 11:35
協和キリン、人事管理SaaS「SAP SuccessFactors」を導入–グローバル人事システム基盤を構築
IT関連
2022-06-07 05:42
M1搭載の薄い「iMac」登場 Touch ID付きMagic Keyboardも
企業・業界動向
2021-04-22 18:29
ふくおかFGのみんなの銀行が事業発表–勘定系は国内初のパブリッククラウド採用
IT関連
2021-01-15 09:42
“ソフトクリームを巻いて手渡す”ロボット実用化 人が触れずに提供
ロボット・AI
2021-07-29 18:57
昭和電工、量子アニーリングで半導体材料の配合を探索
IT関連
2022-02-12 21:31
配当利回り4.5%、PER5.2倍でも日本製鉄への投資に前向きになれない4つの理由
IT関連
2021-08-19 06:11
「DXコンサルティングエコシステム」を推進するデルの思惑とは
IT関連
2021-04-09 04:54
Microsoft Teamsの個人向け無償提供がスタート 最大300人で最長24時間まで無料に
ネットトピック
2021-05-19 15:03
迫るIEサポート終了、企業はどう対応すべきか
IT関連
2022-02-17 16:33
1回の接種で済むジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナワクチンは米国で3月に配布開始の見込み
バイオテック
2021-01-31 07:56
フジロック、生配信は盛況も「自宅フジロック最高」とはならない理由 (1/2 ページ)
くらテク
2021-08-21 04:00
「PUI PUI モルカー」カフェ4都市で開催 “渋滞モルカー寿司”やグッズ販売など
くらテク
2021-08-19 10:36