「Linux」でSSH鍵認証をセットアップするには–ログインの安全性を高める

今回は「「Linux」でSSH鍵認証をセットアップするには–ログインの安全性を高める」についてご紹介します。

関連ワード (Linuxノウハウ、特集・解説等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 「Secure Shell」(SSH)は、リモートの「Linux」マシンにアクセスするためのデファクトスタンダードのプロトコルだ。SSHはずっと前にtelnetに取って代わっており、リモートログイン用の新たなセキュリティ層を追加した。これは、多くの人が強く求めていた機能だった。

 ただし、SSHのデフォルト設定は、自らのシステムのセキュリティについて深く懸念しているユーザーにとって、必ずしも最適なものではない。初期状態では、SSHは従来のユーザー名とパスワードによるログインを使用する。これでもtelnetを使用する場合に比べるとはるかに安全だが、インターネット上でパスワードを入力して送信することに変わりはない。

 何者かがそのパスワードを傍受した場合、あなたのマシンにアクセスすることが可能になる(ただし、あなたのユーザー名も知っている必要がある)。

 これよりもはるかに優れた方法がある。SSH鍵認証だ。鍵認証では、ユーザー名とパスワードによる認証ではなく、鍵ペアを使用する。これがなぜ重要なのだろうか。鍵認証によってセキュリティが強化される最大の理由は、一致する鍵ペアを持っていない限り、それらのサーバーにアクセスできないことだ(それらのサーバーで、SSH鍵認証が適切に設定されている必要がある)。

 SSH鍵認証の仕組みは、以下の通りだ。

 適切に設定した後は、一致する秘密鍵を持っていなければ、サーバーへのリモートアクセスが許可されなくなる。秘密鍵がなければ、アクセスできない。その秘密鍵を他者に知られない限り、安全を維持することが可能だ。

 では、どのように設定を実行すればいいのだろうか。本記事では、その手順を紹介する。

 SSH鍵認証のセットアップには、少なくとも2台のLinuxマシンが必要だ。1つはログイン先のマシンで、もう1つはログイン元のマシンだ。ここでは、デスクトップに「Pop!_OS」を、リモートサーバーに「Ubuntu Server」を使用して、説明を進める。とはいえ、この手順はほぼすべてのLinuxディストリビューションで同じように機能するはずだ。それらのマシンに加えて、sudo権限を持つユーザーも必要だ。さらに、ローカルマシンとリモートマシンの両方で同じユーザー名を使用している必要がある。

 必要なものは以上である。それでは、SSHのセットアップに移ろう。

 デスクトップOSで、ターミナルウィンドウを開く。

 ターミナルウィンドウで、以下のコマンドを実行してSSH鍵ペアを生成する。

 最初に、鍵を保存したい場所を尋ねられる。デフォルトの場所に保存するのが得策なので、プロンプトが表示されたら「Enter」キーを押してほしい。次に、鍵ペアのパスワードを入力して確認するよう求められる。このパスワードは強力で一意のものにする必要がある。空のパスワードは安全ではないので、使用しないでほしい。

 このステップは少し複雑だ。公開鍵をリモートサーバーに送信する必要がある。そのためには、サーバーのIPアドレスを知っている必要がある。サーバーにログインして、ip aコマンドを実行すると、そのサーバーのIPアドレスを取得できる。IPアドレスが表示されるはずだ。その情報を入手したら、デスクトップに戻って、以下のコマンドを実行し、公開鍵をサーバーに送信する。

 SERVERはリモートサーバーのIPアドレスだ。

 リモートサーバーのユーザーのパスワードを入力するよう求められる。認証に成功すると、公開鍵がコピーされ、SSH鍵認証の準備が整う。これで、リモートサーバーへのログインを試みると、ユーザーパスワードではなく、SSH鍵パスワードの入力を求められるようになった。

 鍵をコピーしたら、リモートマシンにログインする。ここでは、SSH経由の接続だけを許可するようにSSHサーバーを設定する。これを実行する前に、注意しておくべきことがある。この設定が完了すると、マシン上でSSH鍵認証をセットアップしたユーザー以外は、アクセスを許可されなくなる。したがって、そのリモートサーバーへのログインに使用するすべてのデスクトップマシンからSSH鍵をコピーしておく必要がある。

 それが完了したら、以下のコマンドを実行して、リモートサーバー上のSSHデーモン設定ファイルを開く。

 そのファイルで、以下の行を探す。

 その行を以下のように変更する。

 ファイルを保存して閉じる。以下のコマンドでSSHを再起動する。

 これで、SSH鍵認証以外の方法では、そのマシンにリモート接続できなくなった。一致する鍵ペアを持たないマシンは、アクセスを拒否される。

 おめでとう。Linuxサーバーに新たなセキュリティ層を追加する作業は、これで完了だ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ガーミンがスマートウォッチ連動の「Garmin Connect」アプリに「妊娠トラッキング」機能追加
フェムテック
2021-02-17 16:27
McAfee、法人向け事業を40億ドルで売却 個人向けに特化
セキュリティ
2021-03-10 17:38
Amazon.com、巣ごもり需要による大幅増収増益で過去最高に
企業・業界動向
2021-02-04 01:16
IBMはレガシーを捨てクラウドとAIに集中するも結果を出せず売上減
ネットサービス
2021-01-23 05:15
マイクロソフト、「Azure Blockchain Service」を2021年9月に終了
IT関連
2021-05-13 23:51
【ロボットまとめ】Cyberdogの目をのぞきこめ、フィールド、フード、フルフィルメント
IT関連
2021-08-15 07:29
歌うように話すロボット「チャーリー」、ヤマハが発売 ボカロ技術の活用で
くらテク
2021-03-26 21:30
ミレニアル世代が熱狂?NFTを使ったコレクターズアイテムへの投資が今アツいワケ
ブロックチェーン
2021-06-15 14:42
Twitter、世界的指導者アカウントの取り扱いについてのアンケートを開始
アプリ・Web
2021-03-22 09:45
J:COM MOBILE、月20GBで2480円の新料金プラン 5G対応は夏以降
企業・業界動向
2021-01-29 22:14
常石造船、RPA導入で年7000時間以上の業務時間を削減へ
IT関連
2021-06-19 23:14
LegalForce、契約審査プラットフォームの自社基準レビューをアップデート
IT関連
2022-06-17 12:59
4月テレワーク実施率19.2%で低下、「蔓延防止重点措置は影響しない」
IT関連
2021-04-24 10:30
中央省庁の情報をまとめた政府統一Webサイト、4月にβ版公開へ
企業・業界動向
2021-03-06 18:29