AI生成コンテンツの安全性向上へ–マイクロソフトが複数のツールを発表

今回は「AI生成コンテンツの安全性向上へ–マイクロソフトが複数のツールを発表」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 さまざまな専門家、倫理学者、そして政府までもが人工知能(AI)ツールの開発と利用における安全性の向上を推進する中、Microsoftは開発者会議「Build」で、AIコンテンツの安全性に関する新たな諸策を発表した。

 同社が責任あるAIを目指す一連のアップデートとして発表したものの中には、プレビュー提供が開始された「Azure AI Content Safety」がある。これはAIやユーザーによる有害なコンテンツを検出するものだ。

 「Microsoft Designer」と「Bing Image Creator」では、今後予定されているメディアの起源に関するアップデートを通じて、画像や動画がAIによって生成されたものかどうかを判断する機能が提供される。これを実現するために用いられる暗号化手法では、作成に関するメタデータを利用して、AIが生成したメディアにフラグを立てられるという。

 Microsoftのパートナーグループ製品マネージャーを務めるSarah Bird氏は、基礎技術のための責任あるAIを率いている。

 Bird氏の説明によると、開発者らは、これらのツールが正確で意図した通りの結果を確実に生成するようにする責任を担う。反対に、偏向や性差別、人種差別、憎悪、暴力などの要素を含む結果の生成を回避する責任もあるとした。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
RPAテクノロジーズとNTT東、AI-OCRの新ブランド「BizRobo! OCR with AI inside」提供
IT関連
2021-02-15 06:54
Microsoft、バーチャル「Build 2021」を5月19日から48時間、無料で開催へ
企業・業界動向
2021-04-06 18:17
日本電波工業、「RISE with SAP」を採用
IT関連
2022-11-25 18:57
「macOS」でアプリをコマンドラインから閉じるには
IT関連
2024-04-21 22:27
インテルのゲルシンガーCEO、チップ生産がアジアに偏重していると指摘
IT関連
2021-03-26 12:34
API利用の価値を訴求–MuleSoft Japanが事業方針
IT関連
2021-04-21 23:25
環境に応じ植物の根の長さを変化させる遺伝子制御因子を特定、植物工場や都市型農業の生産性向上への貢献に期待
IT関連
2022-02-16 03:30
アップルに続きグーグルもGoogle Playへの「セーフティ」セクション追加を予告
ソフトウェア
2021-05-09 11:27
無線ライブ配信に対応したミラーレス一眼、パナソニック「GH5 II」登場 撮影の時間制限なし
くらテク
2021-05-27 18:59
マイクロソフト、新たに2つの「Copilot」を発表–顧客サービスやセールス業務をAIが支援
IT関連
2023-11-17 12:06
日立とハピネスプラネット、チーム自動作成機能で社内コミュニケーションを改善
IT関連
2022-08-11 05:27
岡山大学と両備システムズ、早期胃がんの深達度を判定するAIを開発
IT関連
2024-04-26 22:48
社会を支えるマルチクラウド–仮想化に始まるテクノロジーの基礎知識
IT関連
2022-06-22 10:05
「Opera」ブラウザー、iOS版でもAIチャットボット「Aria」が利用可能に
IT関連
2023-08-18 19:42