Arm版「Windows」再び–マイクロソフトはサプライズを起こせるか

今回は「Arm版「Windows」再び–マイクロソフトはサプライズを起こせるか」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Microsoftの初代「Surface RT」タブレットは、ハードウェアの発表としては、まれに見る大きなサプライズだった。このArmベースのタブレットが登場したのは、Appleの「iPad」発売からわずか2年後のことだ。南カリフォルニアで開催されたそのドラマチックな発表イベントは、筆者がそれまで見たことがなかったほど、IT業界の報道陣を驚かせた。

 ただ悲しいことに、初代Surfaceは「少なすぎ、遅すぎる」の典型例だった。あるいは、早すぎたのかもしれない。そのハードウェア技術の冴えは見事だったものの、エコシステムは最初から望み薄で、アプリ不足と「Windows 8」の間に合わせのインターフェースは残念だった。Microsoftはこの製品で巨額の損失を出し、評判を取り戻すのに何年もかかった。

 普通なら、Armプロセッサー版のWindowsは、もうこりごりだと思うはずだ。

 しかし、どうやらそうでもないのかもしれない。前最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏は、Microsoftの競争に対するアプローチについて、「長期的で、粘り強く、パートナー中心主義だ。(中略)私たちは後戻りはしない。ただひたすらに前に進み続ける。粘り強く、粘り強く、粘り強く」と誇らしげに説明していたものだ。

 筆者は、米連邦取引委員会(FTC)がMicrosoftのActivision Blizzard買収を阻止しようとして行った手続きの中で不注意にも公になってしまったMicrosoftの社外秘文書を読んで、その発言を思い起こした。その文書の中では、Microsoftの経営陣が、AppleやAmazonやGoogleとの競争における「カスタムチップ」開発の必要性について膨大な時間とエネルギーを費やして議論していた。

 次の部分を読めばそれがよく理解できる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
クラウド型会計ソフト、約4割の経営者が「よく知らない」–マネーフォワード調査
IT関連
2022-06-19 11:34
91歳のラストサムライ、「ネットサムライ」に転身しコロナ禍乗り切る
IT関連
2021-01-14 16:26
北朝鮮のハッキング集団「Lazarus」、攻撃初期の手口など–NCC Group分析
IT関連
2022-05-12 13:49
NVIDIAを攻撃のハッキンググループLapsus$、「イーサリアムのマイニング制限回避ツールを1億円以上で買い取れ」と脅迫か
IT関連
2022-03-04 12:06
マイクロソフト、クラウドベースの大規模なビジネスメール詐欺活動を阻止
IT関連
2021-06-17 20:41
NTT、「IOWN1.0」スタート–大容量データを低遅延で伝送する技術を商用化
IT関連
2022-11-17 22:12
ゲーム業界のデータベース事情。大量のシャーディングで複雑化する負荷分散、メンテナンスで止めないとスケールアップ・ダウンができないなどの課題。解決方法は?[PR]
MySQL
2023-11-14 23:14
医療事務のソラスト、従業員エクスペリエンス管理ソリューションを導入
IT関連
2022-11-16 21:51
ダイフク、世界規模での企業文化の醸成へ–従業員エンゲージメントの向上を目指す
IT関連
2022-05-19 02:53
EUの主管プライバシー規制当局が行動監視に基づくターゲティング広告の禁止を求める
IT関連
2021-02-27 08:52
東芝デジタルソリューションズと三井住友海上、保険契約者向け雹災アラートを実証実験
IT関連
2023-06-29 06:24
「鬼滅の刃トミカ」に第2弾 義勇は「スープラ」、煉獄「GT-R」、しのぶはテントウ虫こと「スバル360」
くらテク
2021-05-11 13:20
Miso Robotics、AI搭載コーヒーシステム「CookRight Coffee」発表–分量、鮮度、温度を監視
IT関連
2022-04-15 01:44
LINEヤフーで約44万件の情報漏えい、韓国経由で不正アクセス
IT関連
2023-11-29 11:40