タニウム、「Autonomous」がエンドポイント管理の次なる一手に

今回は「タニウム、「Autonomous」がエンドポイント管理の次なる一手に」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 タニウムは11月22日に記者説明会を開催し、年次イベント「Tanium CONVERGE 2023」のハイライトを同社 アジア太平洋日本地域バイスプレジデント(VP)技術担当 兼 日本法人 最高技術責任者の小松康ニ氏が紹介した。

 同イベントは、米国時間11月13~16日にテキサス州で開催された。初日に行われた基調講演では、タニウム 最高経営責任者(CEO)のDan Streetman氏が、コンバージドエンドポイント管理(XEM)プラットフォーム「Tanium XEM Platform」の方向性や顧客事例を紹介。2日目は、最高技術責任者(CTO)のMatt Quinn氏が、製品アップデートを説明したという。

 Streetman氏は、Tanium XEM Platformについて「サイバーハイジーンやサイバーレジリエンスを含め、あらゆる機能のエンドポイントを“可視化”し、必要な“対処”を迅速に行う。また、インシデントが発生した場合には、素早く“修復”する。こうした3つの観点で、エンドポイントにまつわる機能をワンストップで提供する。これは今までと変わらない」と話した。

 またキーワードとして、タニウムは「サイロを壊していく」とした。小松氏によると、国内外問わず多くの企業において社内の各チームで違うツールを運用しているため、異なるデータを見て話しがかみ合わないケースが少なくないという。Tanium XEM Platformは、このようなチーム間でのサイロをなくし、全ての要素をワンストップで提供できるとしている。

 同プラットフォームの方向性についてStreetman氏は、「リアルタイム」「シームレス」「オートノマス」の3つをキーワードとして挙げた。同氏は特に「オートノマス」が重要なキーワードになるとし、2日目の基調講演でQuinn氏が、「自律型エンドポイント管理」(Autonomous Endpoint Management:AEM)のロードマップを披露した。

 AEMは、リアルタイムのエンドポイントデータとAIを組み合わせることで、一般的な運用タスクを自動化し、脅威や脆弱(ぜいじゃく)性をより的確に特定する。具体的には、自律的な洞察、ワークフロー、修復を実行するという。

 自律的な洞察では、IT資産の重要性に基づいてリスクの特定や優先順位付けを行い、自律的な脆弱性の修正につながるアクションをオペレーターに推奨することで、生産性向上を支援する。

 自律的なワークフローでは、ITシステムがどのように構成されているのか、さまざまなエンドポイントやシステムがどのように関連しているのかを把握するために、オペレーターによる運用のアクションを学習し、コンテキストベースのワークフローを自動的に生成する。

 自律的な修復では、信頼性の高いレスポンスモデルを作成し、介入することなくその後のアクションを取ることができる。ただし、監視とレポートにより、自律性のレベルを選択できるとしている。

 また、同イベントでは、「Microsoft Security Copilot」との連携を発表した。この連携により、Microsoft Security Copilotからエンドポイントの情報の可視化、是正措置、インシデントレスポンスを、Taniumの検索機能「Question」を通して実施できるようになる。これにより、インシデントレスポンス業務やITオペレーション業務の効率化に貢献できるとしている。

 製品のアップデートとしては、プラットフォームにおける可視化の機能を3倍高速にするなど、コア機能を進化させた。また、OT(製造技術)環境における可視化機能の搭載などを発表したという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
大塚商会、20年通期は減収減益–コロナ禍も「大戦略II」で打開へ
IT関連
2021-02-02 21:11
サムスンGalaxy S21 Ultraレビュー、カメラの洗練もすばらしいが2.1万円の価格引き下げにも注目
ハードウェア
2021-01-24 11:36
Apple、4K Intel iMacの販売を終了
IT関連
2021-04-23 18:14
ソニーがロシアでPlayStation Storeとゲーム機販売を停止
IT関連
2022-03-11 17:44
バイデン大統領の民主主義サミットのコミットメント拡大にはパートナーシップが鍵となる
IT関連
2022-02-15 02:08
パナソニックHD、AIモデル学習時のデータ構築コストを削減する新技術
IT関連
2023-05-25 01:05
テレビ番組のネット同時配信権利手続きを簡素化 著作権法改正案を閣議決定
IT関連
2021-03-09 04:37
完全招待制のプロ人材マッチングサービス「WUUZY」が2500万円を調達、正式リリースも発表
シェアリングエコノミー
2021-03-02 18:16
ジョブ型から「優れた経営者」は育つのか–富士通の人事部門トップに聞いてみた
IT関連
2022-04-01 12:33
生成AI連動型広告の時代が来る–日本再参入のMicrosoft広告トップに聞く
IT関連
2023-07-06 22:17
写真で見る国産初稼働の超伝導量子コンピューター
IT関連
2023-03-29 10:15
日本IBM、虎ノ門に新オフィス–枠を超えた共創にアクセル
IT関連
2024-02-01 00:36
2022年はインフレ、地政学的混乱、為替変動などによりPC出荷が前年比で10%近く下落。中国ゼロコロナ政策の影響も大。ガートナーの予測
業界動向
2022-07-06 02:54
経営者を迅速にスキルアップさせるスコット・ギャロウェイ教授のオンラインスクール「Section4」が約32億円調達
EdTech
2021-05-07 02:57