東武鉄道、機械学習で特急券の需要を予測–通常より600人以上の利用増に

今回は「東武鉄道、機械学習で特急券の需要を予測–通常より600人以上の利用増に」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 東武鉄道は、機械学習と外部データで特急券の需要予測を実証し、通常より600人以上の利用増につながる成果を確認した。2024年5月に本番導入する予定だという。実証に協力したDATAFLUCTが発表した。

 東武鉄道は、私鉄として国内第2位、関東では最大の路線網を持ち、東京と栃木県の日光や鬼怒川温泉などの観光地を結ぶ「スペーシアX」などの特急列車を多数運行している。繁忙期には満席になることが多く、運行本数や車両を増やして輸送力を増強できるものの、過去の実績や担当者の推計による運行計画だけでは需要と供給にギャップが生じるケースがあるという。

 このため、より精度の高い需要を予測できるようDATAFLUCTが提供する「Perswell」を用い、6~9月に最大14週間後の特急券需要を30分単位で予測する実証実験を行った。実証では、特急券の発売数などのデータと、気象や新型コロナウイルス感染症の重症者数、地域イベントなどの外部データを組み合わせ、機械学習で2~14週間後の特急利用者の潜在需要数を30分単位で予測した。

 その結果、1日当たり50~60本の特急列車の需要について、増便などの判断に実用的に利用できる精度の予測結果を得たとする。通常3両編成で運行する特急列車では、2倍の6両編成にして運行することで、通常より600人以上多くの利用者を輸送することができたという。

 東武鉄道は、今回の実証成果を踏まえて2024年5月に予測システムを本番導入する予定とし、現在開発を進める。スペーシアXを含む列車の運行計画での活用を目指すとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
準天頂起動衛星みちびき利用、車椅子ユーザー向け介助システム「B-SOS」と視覚障害者向け歩行ナビ「あしらせ」実証実験
IT関連
2022-02-16 09:53
「Windows 11」、マイクロソフト社内のアップグレードプロセスはいかに
IT関連
2022-05-03 10:22
ランサムウェア攻撃、2021年は2倍以上に増加–SonicWallレポート
IT関連
2022-02-19 04:27
IT企業の目指すヒントは総合商社にあり
IT関連
2021-02-12 19:37
契約審査「LegalForce」、自動レビュー機能がプライバシーポリシーに対応
IT関連
2024-02-01 21:26
ガートナー、2022年のデータとアナリティクスのトップトレンドを発表
IT関連
2022-04-07 17:37
服を着たまま全身採寸が可能なBodygram、スマホ写真2枚で体脂肪率や筋肉量の計測実現
ヘルステック
2021-06-08 08:28
協和キリン海外子会社がERP基盤を構築、アバナードが支援
IT関連
2023-06-15 03:24
シスコ、脆弱性管理プラットフォームのKenna Securityを買収へ
IT関連
2021-05-17 09:30
井筒まい泉、「とんかつ まい泉」にCX管理ツール導入–アンケート活用で感情を定量化
IT関連
2023-05-11 01:49
DNPと三菱UFJ銀行、分散型ID技術と事業化検証に向け基本合意
IT関連
2023-03-31 17:08
データは秘密のままで医療AIの改善を目指す「MedPerf」
IT関連
2023-08-02 18:30
Facebookの「イベント」、Googleカレンダーへの転送が可能に DTPで
アプリ・Web
2021-08-11 00:46
New Relic、「Service Level Management」提供–システムのサービスレベル管理を容易に
IT関連
2022-05-19 16:50