「GNOME」ベースの「Linux」でDNSサーバーを変更するには

今回は「「GNOME」ベースの「Linux」でDNSサーバーを変更するには」についてご紹介します。

関連ワード (Linuxノウハウ、特集・解説等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ほとんどの環境では、インターネットサービスプロバイダー(ISP)がDNSをすでに設定しており、ユーザーのネットワークのルーター/モデム(192.168.1.254など)を指すようになっているはずだ。これは完全に妥当なセットアップであり、何の問題もなく機能する可能性が高い。

 しかし、本当にそうなのだろうか。

 ネットワークの接続速度が思っていたほど高速ではないと感じることもあるかもしれない。ウェブブラウザーを開いて、google.comで何かを検索するたびに、結果が表示されるまでに時間がかかる、という人もいるはずだ。

 あるいは、標準のDNSサーバーが暗号化されていないことに気づいた人もいるかもしれない。つまり、あなたのウェブトラフィックを閲覧できる人間がいる場合、自分が何を検索しているのかを知られてしまうおそれがある。

 それは、(控え目に言っても)プライバシーの侵害だ。ハッキングの前段階と言ってもいい。

 速度とセキュリティを向上させるには、非常に簡単な変更を実行するだけでいい。それは、別のDNSサーバーを使用することだ。例えば、GoogleとCloudflareはいずれも暗号化された非常に高速なDNSサーバーを提供している。個人的には、Cloudflareの方が好みである(CloudflareのDNSサーバーの方がGoogleのDNSサーバーよりも少しだけ高速だと常々感じているからだ)。

 筆者の目標は、個人的に使用しているさまざまなOS(およびデスクトップ環境)でDNSサーバーを変更する手順を説明していくことだ。今回は、GNOMEデスクトップでの変更手順を解説する。「Ubuntu」ベースと「Fedora」ベースのどちらのディストリビューションでGNOMEデスクトップを使用していても構わない。GNOMEはどのディストリビューションでもGNOMEであるからだ。

 それでは、実際に変更を実行してみよう。

 必要なもの:必要なのは、正常に動作するGNOMEデスクトップ環境だけだ。もちろん、そのデスクトップはインターネットに接続されている必要がある(接続されていない場合は、DNSサーバーを設定する必要はない)。ここでは、最新バージョンのGNOMEを搭載したFedora 39を使って説明を進める。

 GNOMEデスクトップにログインした後、画面右上のネットワークアイコンをクリックすると、「Wired Quick Settings」(有線クイック設定)タイルが表示される。その項目をクリックして展開し、「Wired Settings」(有線設定)をクリックする。無線接続を使用している場合は、「Wireless Settings」(無線設定)と表示される。

 表示されたウィンドウで、有線接続に関連付けられた歯車アイコンをクリックする。

 次のウィンドウで、「IPv4」タブをクリックした後、DNSに関連付けられたオン/オフスライダーをクリックしてオフにする。次に、使用したいプライマリーDNSサーバーとセカンダリーDNSサーバーを(カンマで区切って)入力する。例えば、CloudflareのDNSを使用する場合は、「1.1.1.1,1.0.0.1」となる。GoogleのDNSサーバーを使用したい場合は、「8.8.8.8」と「8.8.4.4」だ。入力が完了したら、「Apply」(適用)をクリックして保存し、ウィンドウを閉じる。

 「Network Settings」(ネットワークの設定)ウィンドウに戻って、オン/オフスライダーをクリックしてオンにし、変更を有効にする。スライダーがすでにオンの位置にある場合は、一旦オフにしてから、再びオンにする。これで、新しいDNSサーバーに接続され、DNSクエリーの速度とセキュリティが少し向上するはずだ。

 おめでとう。今後どこかのタイミングで「KDE Plasma」デスクトップでDNSサーバーを変更する手順も紹介できればと思う。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Slack、AI活用の新機能「Slack AI」「Slack lists」を発表
IT関連
2023-09-08 04:53
「Zoom連携アプリ」と「Zoom Events」リリース
IT関連
2021-07-26 00:20
InstagramなどFacebookのサービスが約1時間ダウン 「技術的な問題で」
アプリ・Web
2021-03-21 03:20
DX推進で“専門組織”が必要な理由–「あらゆる情報が見えず、DX疲れ」
IT関連
2022-04-20 06:50
試験監督ソフトのProctorioを大学生が提訴「批判を抑えるために著作権法を乱用した」
EdTech
2021-04-26 21:07
マイクロソフト、Windows Server 2012のサポート終了対応支援策を開始
IT関連
2021-08-17 04:22
「Raspberry Pi 5」登場、CPUなどが大幅強化
IT関連
2023-09-30 00:19
グーグルの「Bard」を試す–今のところ「ChatGPT」の方が優秀か
IT関連
2023-03-30 12:38
期限の制約なく無料で使えるクラウド「Free Tier」主要サービスまとめ。2022年版
AWS
2022-07-20 21:35
エイベックス、中国bilibiliとライセンス契約 J-POPのMVを提供 日本の大手レーベルで初
企業・業界動向
2021-01-14 21:35
APIをプロダクト化する「ノーコード」企業Blobrがプレシードで1.5億円を調達
ソフトウェア
2021-01-24 09:37
誰でも簡単にAI分析が使えるSaaS「datagusto」が8500万円を調達、創業者「自動調理器のようなツール」
人工知能・AI
2021-05-25 04:26
NTT Comら4社、データセンターの運用保守業務おけるロボット活用の有効性を実証
IT関連
2023-09-28 19:43
オラクル、「MySQL HeatWave Lakehouse」の一般提供を開始
IT関連
2023-07-27 12:39