Puppeteer、テスト自動化の次世代標準「WebDriver BiDi」に対応開始。Firefoxもサポートへ

今回は「Puppeteer、テスト自動化の次世代標準「WebDriver BiDi」に対応開始。Firefoxもサポートへ」についてご紹介します。

関連ワード (双方向、機能、次世代標準等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Node.jsでヘッドレスブラウザを用いたテスト自動化のためのフレームワーク「Puppeteer」が、ブラウザ自動化の次世代標準である「WebDriver BiDi」(「BiDi」は双方向を表すため、読みは「ウェブドライバー バィディ」とのこと)への対応を開始しました。

Puppeteerは、ChromiumベースのWebブラウザに対してChrome DevTools Protocolを用いて通信することで、Webブラウザの操作を自動化するとともに、コンソールに表示される情報やログなどの収集、画面キャプチャなどの取得によって、テストの自動化を効率化してくれる機能を備えています。

このPuppeteerが、現在策定中の次世代標準の「WebDriver BiDi」に対応を開始しました。これにより、実験的に行われていたFirefoxのサポートもWebDriver BiDiにより本格的に開始されることになります。

WebDriver BiDiとは、次世代のテスト自動化標準

現在のテスト自動化のための標準として「WebDriver」がよく知られています。WebDriverは現在ほとんどのWebブラウザが実装しています。

しかしWebDriverは、Chrome DevTools Protocolが備えているような低レイヤのAPIを十分に備えておらず、またレンダリングが終了するタイミングが分からずテストスクリプト側でポーリングを行うなどテクニックが求められる場面がありました。

一方、Chrome DevTools ProtocolはWebSocketによる高速な双方向通信、コンソール上のメッセージを取得するなど低レイヤのAPIにも対応するなど、より柔軟かつ高度なテスト自動化を実現できました。しかし、ChromiumベースのWebブラウザでしか使えませんでした。

そこで、Chrome DevTools Protocolのような多くの優れた機能を備えつつ、WebDriverのように標準化されたクロスブラウザ対応のテスト自動化仕様として、現在W3Cで策定中なのが「WebDriver BiDi」です。

現時点でWebDriver BiDiは仕様策定中ですが、Webブラウザ側ではChromeとMicrosoft Edge、そしてFirefoxがWebDriver BiDiの対応を順調に進めています。

fig

WebDriver BiDi Working Groupは下記のように主要なブラウザベンダ、テストフレームワークの開発チームなどが参加しているため、事実上の業界標準になると見られます。

fig

PuppeteerのFirefoxサポートも本格化

そしてこのWebDriver BiDiを、テスト自動化フレームワークのPuppeteerが対応を開始したことが今回明らかになったわけです。

PuppeteerはこれまでChromiumベースのブラウザに加えて、Firefoxも実験的にサポートしていました。しかしFirefoxがChrome DevTools Protocolに対応していなかったため、サポートは限定的なものになっていました。

PuppeteerがWebDriver DiBiに対応し、FirefoxもWebDriver Bidiに対応することで、PuppeteerによるFirefoxサポートも今後本格的に行われることになります。

Puppeteer now talks to Firefox! But wait, didn't it already?

Let's dive into WebDriver BiDi, the new cross-browser protocol in Puppeteer and discover more!

https://t.co/am6npJW6Mq#testautomation #webdriverbidi pic.twitter.com/werSKoXW8C

— Chrome for Developers (@ChromiumDev) December 18, 2023

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「Linux 5.17」正式リリース–セキュリティ修正やドライバー改善など
IT関連
2022-03-24 16:33
NEC、AI活用してテレビ生放送の字幕を自動付与–日本テレビと共同で
IT関連
2023-06-23 20:56
AIチャットbotを200件のデータで構築 従来の60分の1に 「りんな」開発元が新技術
ロボット・AI
2021-01-26 18:52
新興国市場のファウンダーを資本、資源、人材と結びつけるケニアのPariti
VC / エンジェル
2021-03-09 08:15
みんなの銀行、セルフサービス分析ツールを全社展開–シームレスな銀行体験の創造に活用
IT関連
2022-03-25 03:26
ディスカウント販売は危険だ、取り扱いに注意
IT関連
2022-02-18 02:24
Blazor WebAssemblyとBlazor Serverが統合、フルスタックUIフレームワークに進化。サーバサイドレンダリングも可能に
.NET
2023-11-16 03:49
ニューノーマル時代における消費者との良好な関係性を築くポイントとは
IT関連
2021-04-09 18:17
「ChatGPT」を使ったアプリ開発–プロセスごとの活用方法とプロンプト例
IT関連
2023-08-31 00:41
コロナ禍で増加する不正ログイン 2021年に狙われる業界は? :「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点(1/2 ページ)
くわしく
2021-02-05 10:05
信州大とNEC、バスケチームの試合でデータ分析・活用を実証
IT関連
2023-01-12 05:22
DiscordがClubhouseのような音声イベント用チャンネルの提供を開始
ネットサービス
2021-04-02 05:29
AI予測でドラレコが警告「事故の危険性が高い地点です」
IT関連
2021-01-16 17:11
バイデン大統領が「国家の情報セキュリティ改善の大統領令」に署名、サイバーセキュリティ対策の近代化を打ち出す
セキュリティ
2021-05-15 22:47