HTTPが全てを飲み込む(前編)~HTTPの2層構造と、HTTP Semanticsとは何か?

今回は「HTTPが全てを飲み込む(前編)~HTTPの2層構造と、HTTP Semanticsとは何か?」についてご紹介します。

関連ワード (ホップ、先頭、小文字等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Webを構成する重要な要素の1つであるHTTPは、その最新仕様で2層構造となり、バージョンに関係なく使えるSemanticsと、特徴の異なる通信仕様を定めたHTTP/1.1、2、3に分割されました。

さらに現在では、HTTPの上にあらためてUDPやIP、イーサネットなどのプロトコルを実装する提案が行われており、まさにHTTPは通信の全てを飲み込む勢いで進化しつつあります。

こうしたHTTPの最新動向の解説が、大手CDNベンダのFastlyが2023年11月8日開催したイベント「Yamagoya 2023」で同社シニアプリンシパルエンジニアの奥一穂氏が行ったセッション「HTTPが全てを飲み込む」にて行われました。

本記事ではこのセッションをダイジェストで紹介していきます。記事は以下の3つに分かれています。

  • HTTPが全てを飲み込む(前編)~HTTPの2層構造と、HTTP Semanticsとは何か?
  • HTTPが全てを飲み込む(中編)~HTTPの上にIPやイーサネットが実装されて便利になること
  • HTTPが全てを飲み込む(後編)~アップロードのレジューム機能標準化など開発中の新機能

今お読みの記事は「HTTPが全てを飲み込む(前編)~HTTPの2層構造と、HTTP Semanticsとは何か?」です。

HTTPが全てを飲み込む

Fastly シニアプリンシパルエンジニア 奥一穂氏。

皆さん、こんにちは。今日は「HTTPが全てを飲み込む」というタイトルで、チェコ共和国のプラハから話をしたいと思ってます。

fig

なぜ私がプラハに来ているのかというと、IETFの総会に参加しているためです。

IETFは「Internet Engineering Task Force」といって、インターネットを管理しているIANA(Internet Assigned Numbers Authority)という団体の下部組織です。

インターネットで使われる通信プラットフォーム、TCPとかIPとかHTTPとか、そういったものを標準化している団体です。

この団体の118回目の総会が先週末から始まっています。まずハッカソンを2日間やって、通信プロトコルの実装や相互運用試験をやりました。

その後今週金曜日まで会議をやって、既存の仕様のメンテナンスであったり新しいものの開発であったり、そういうことをやっています。

fig

今日はそういった中で、HTTPを中心に今何が起きているのか、という話をさせていただきたいと思います。

HTTP Semanticsとは何か?

まず、HTTP Semanticsとは何か、について改めて整理したいと思います。

従来のHTTP/1.1に対して、2015年にHTTP/2をRFC7540という形で定義したときは、HTTP/1.1との差分を定義する形でした。

そして2022年の6月に新しいRFCが出まして、この中でHTTPの意味論、つまりSemanticsと、通信手段であるHTTP/1.1、2、3を分離しました。

具体的にSemanticsとは何か。これはRFC 9110のドキュメントの中で、「aspects of the protocl that are shared by all versions」つまり、プロトコルのバージョンに依存しない特性のことである、それを「Semantics」と呼ぶと定義されています。

fig

ではここで、4択クイズです。次のものはHTTP Semanticsに含まれるでしょうか?

まず「HTTメソッド」。これはSemanticsでしょうか、それとも各バージョン依存の機能でしょうか。

fig

難しいと思った人は、フィフティフィフティを言ってくれてもいいんですよ(笑)。

はい、そうですね、HTTPメソッドはどのHTTPバージョンでも使える、ですからSemanticsに含まれる機能です。

fig

では次、「ステータスコード」。これはSemanticsでしょうかそれとも各バージョンの機能でしょうか?

fig

もちろんこれもSemanticsに含まれます。HTTPステータスコードはどのバージョンでも使えます。

fig

では次、「Content-Type」はどうでしょう。

fig

もちろんどのバージョンでも使えますね、Semanticsに含まれています。

fig

では次、「Cache-Control」はSemanticsにに含まれているでしょうか? それともバージョン依存でしょうか。

fig

もちろんCache-ControlもSemanticsに含まれています。

fig

HTTP Cache-Controlは正確に言うと、HTTP Semanticsの上に乗っている機能といったら良いのかもしれないですね。

fig

では「Connection:close」、これはSemanticsに含まれているでしょうか?

fig

はい。これは含まれていません。Connection:closeというのは、HTTP/1.1専用のヘッダで、HTTP/1.1接続の終了を意味します。

fig

HTTP/2とHTTP/3では、GOAWAYフレームという別の方式を使って、接続の終了を宣言します。

では次、「Transfer-Encoding:chunked」。これはSemanticsに含まれるでしょうか?

fig

これも含まれません。

fig

では最後に、Content-Lengthはどうでしょう?

fig

Content-Lengthは、Semanticsに含まれています。Content-Lengthヘッダはボディのサイズを表します。HTTP/2でも3でも同じ機能を持ちます。

fig

もし、Content-Lengthが実際に受信したデータのサイズと違えば、それはボディが壊れているということです。受信者はボディが壊れてる以上HTTPメッセージを破棄すべきですが、ただ実際には先頭からストリーミングで処理していたりとかそういったことがあるかもしれないから、破棄できないこともありますね。

HTTP/1.1においては、Content-Lengthヘッダはたまたま違う目的のためにも使われます。それは次のHTTPメッセージの開始位置を特定するためにも使われる、ということです。

ただ、そういった特性があるからといって、Content-Lengthヘッダはバージョン依存なわけではなくて、あくまでもどのバージョンでもボディのサイズを表します。ですからContent-Lengthは、Semanticsに含まれています。

表を見てみましょう。

fig

ほとんどのヘッダはSemanticsです。一方で、keep-aliveであるとか、upgrade、transfer-encoding、こういったものはHTTP/1.1専用で、upgradeはHTTP/2以降では廃止され、またkeep-aliveやtransfer-encodingはHTTP/2や3では、フレームとFINという別の方式に切り替わっています。

Semanticsは維持されるが、通信プロトコルは変化する

でもここで「ほとんど」というのはちょっと曖昧ですよね。どういうことなんでしょうか?

これを考えるためにはまず、プロキシの動作に注目してみましょう。

こちらは私どもが使ってるh2oというHTTPプロキシの動作を表している概念図です。

fig

これはクライアントからHTTPリクエストを受け取ると、それがHTTP/1.1であれHTTP/2であれHTTP/3であれ、まず内部的なHTTP Semanticsの表現に変換し、そして次にこれをサーバーに送るときにHTTP/1.1、2、3のいずれかの方式でエンコードして送り出すという形になります。

HTTP/3で入ってきたリクエストがHTTP 1.1で出ていくかもしれません。

このようにSemanticsは維持されますが、通信プロトコルは変化します。ただ1つ例外があって、HTTP/1.1のヘッダ名における大文字小文字だけは、われわれは維持するようにしています。

なぜかというと、昔のアプリケーションで、HTTP/1.1で例えばContent-LengthヘッダのCは大文字じゃないと動かない。そういったアプリケーションがどうしてもあるので、互換性維持のために大文字小文字情報は維持するようにしています。

ですがHTTP/2と3ではヘッダは常に小文字で転送する規格になっていますので、このことを踏まえると、お客様のアプリケーションも全部小文字でも受け、動くようにしていくべきだ、と言えるかと思います。

ホップとエンドツーエンド

そしてFasltyの中でHTTPを中継しているのはh2oだけではありません。

例えばクライアントから入ってきたHTTP/3クエストを最初にh2oが受けて、それを別のh2oに転送され、次にvarnishに転送され、それがまたh2oに転送されて、またvarnishに転送され、最後にオリジンに届く、そういった複数のホップをポンポン飛んでいくということも実際に起こりますし、またその中で使われるHTTPのバージョンがそれぞれ違うこともあります。

fig

この1つ1つ飛んでいくことをホップ(hop)といい、それに対してリクエストを最初に発したクライアントと、リクエストを最終的に受け取ってレスポンスを作るオリジン、この2つの間の通信のことをエンドツーエンド(end-to-end)という呼び方をします。

fig

この図を見ていただければわかるように、HTTPのバージョンはホップごとに決まるものです。

また一部のHTTP/1.1.専用のヘッダでこれもホップごとの変化になるわけです。なぜならHTTPのバージョンがホップごとに決まるからです。

それに対して、メソッド、ステータス、多くのヘッダは、エンドツーエンドでHTTPのバージョンに関係なく使われるものとなっています。

HTTP Semanticsのまとめ

ということで、先ほどの表に戻ってくると、この「ほとんどのヘッダ」とは、実はエンドツーエンドで使えるヘッダのことである、ということが分かります。

それに対して、keep-alive、upgrade、transfer-encoding、これらはHTTP 1.1のホップバイホップの機能である。そういうふうに理解を整理すると良いでしょう。

fig

HTTP Semanticsのまとめです。

fig

HTTP SemanticsはHTTPバージョンに依存しない機能です。Semanticsはエンドツーエンドであり、ホップをまたいで使います。ただし、もちろんプロキシはリクエストを書き換えることはあります。

これに対してHTTP/1.1にはホップバイホップヘッダがあって、それでさまざまな制御を行っています。HTTP/2、3においては、ホップバイホップヘッダがない代わりに、フレームというものを使ってさまざまな制御を行っています。

新しいHTTPアプリケーションは、HTTP Semanticsの機能のみを使って書くべきです。そうすることで今後、HTTP/4や5が出てきたとしても互換性が確保されるからです。

≫中編に続く:HTTPの上にIPやイーサネットが実装されて便利になること

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
オンライン帰省で片付けも 親と揉めない声かけのコツとは
IT関連
2021-07-22 08:50
AR/VRヘッドセットの世界出荷台数、2021年は92.1%増–IDC Japan
IT関連
2022-04-07 15:33
AI与信管理サービスのアラームボックス、リコージャパンと協業開始
IT関連
2022-12-17 10:41
テレビ番組のネット同時配信権利手続きを簡素化 著作権法改正案を閣議決定
IT関連
2021-03-09 04:37
IBM、DSPMを手がけるイスラエルの新興企業Polar Securityを買収
IT関連
2023-05-18 07:39
第2回 リモートデスクトップの便利な使い方
IT関連
2023-06-08 05:47
JR東、新幹線や特急列車の「文字ニュース」を廃止 スマホやタブレットの普及受け
企業・業界動向
2021-03-06 13:27
生成型AIの悪用で高度化するサイバー攻撃–グーグルの最新レポート
IT関連
2023-11-14 06:33
「Firefox」、トラッキング防止の「包括的Cookie保護」をデフォルトで有効に
IT関連
2022-06-18 17:35
Azureを使ったクラウドネイティブ開発事例–マイクロソフトの取り組み
IT関連
2021-02-03 20:45
第5回:サプライチェーン強靭化のステップ
IT関連
2023-03-14 18:30
ThinkPad着想の「ThinkPhone」はビジネスユーザーに最適なスマートフォン
IT関連
2023-05-18 14:06
デザイン思考を養う“デジタルの遊び場”を生かす、中堅SIリンクレアの取り組み
IT関連
2022-10-29 14:04
ハイブリッドクラウド環境の管理に悩む企業に向けた解決策
IT関連
2023-03-09 02:25