日本HP社長が説く「AI PCがこれから求められる理由」とは

今回は「日本HP社長が説く「AI PCがこれから求められる理由」とは」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営、松岡功の「今週の明言」等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉を幾つか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、日本HP 代表取締役 社長執行役員の岡戸伸樹氏と、Salesforce SVP 製品マネジメント Sales Cloud担当のMaryAnn Patel氏の「明言」を紹介する。

 日本HPは先頃、今後の事業戦略について記者説明会を開いた。岡戸氏の冒頭の発言はその会見で、主力のPC事業において2024年は「AI PC」の市場を力強く立ち上げることを明言したものである。

 会見の内容については関連記事をご覧いただくとして、ここでは冒頭の発言に注目したい。

 岡戸氏は、2024年の日本HPについて「飛躍の年にしたい」と意欲を述べ、その原動力として2024年が「AI PC元年」になることを見据え、「AIが市場拡大を促進し、PCにとって新たな時代が始まる」と力を込めた(図1)。

 その上で、「PCはパーソナルコンピュータの略語だが、これからは『パーソナルコンパニオン』になる」と述べた。どういうことか。岡戸氏は次のように説明した。

 「これまでコンピュータのテクノロジーというのは、ちょっと分かりづらいものとして、後方に隠れているような存在だったが、生成AIをはじめとしたAIの出現によって、AIがテクノロジーを分かりやすくし、人がやることを支援してくれるコンパニオン(伴走者)の存在として、まさしく人に寄り添ってくれるようになる」

 これまでテクノロジーが後方に隠れていたかどうかは見方が分かれるかもしれないが、ユーザービリティーという観点からAIがテクノロジーを分かりやすくするという同氏の説明には、なるほどと思わされるものがあった。

 さらに、次のようにも話した。

 「今、AIを利用するとなると、ほとんどのツールがクラウド経由になる。ただ、これからAIがさまざまなシーンで使われるようになると、クラウド経由ではレイテンシー(遅延時間)などの問題が大きくなってくる。そうなると、エッジ側でAIの多くの処理を行うニーズが高まってくる。AI PCはまさしくそのニーズに応えるものになる。処理時間としては、クラウド経由よりもローカル(エッジ)の方が5倍ほど速くなる可能性がある。しかもコストにおいても、エッジAIを使うことでクラウド経由よりも最大8割削減できると、われわれは見ている。そう考えると、AIは今後、エッジでどんどん使われるようになっていく」

 そして、岡戸氏はその主役となり得るAI PCが「近いうちにPC市場の半数を占めることになる」との見方を示した。

 国内のPC市場は相変わらず、激戦区だ。MM総研の調査結果によると、2023年度上期(2023年4~9月)の出荷台数シェアは図2の通りだ。NEC・レノボ、日本HP、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)、デルがここ数年、激しいシェア争いを繰り広げているが、ブランド別で見ると「HP」がトップを争っているのは間違いない。

 岡戸氏はAI PCについて、「当社がこの新しい市場を開拓し、広げ、けん引していく」と力を込めた。「特需になるのではないか」との市場の見方もある中で、同社がどれほどの「飛躍」を見せるか。注目していきたい。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
環境負荷の小さな農業の普及を目指すオーガニック農産物流通の「坂ノ途中」が約8.3億円を調達
フードテック
2021-05-15 15:32
“高速なPython”に向けさらなる一歩–「Pyston 2.2」リリース
IT関連
2021-05-10 00:15
評価額2170億円を超えるMambu、バンキングサービスを強化するSaaSプラットフォームに約140億円を調達
IT関連
2021-02-05 11:42
ビジネスとITのスキル両立が鍵–これからのITプロフェッショナル
IT関連
2022-03-10 06:18
SAPジャパン、生成AIアプリの開発を支援する「SAP Build Code」「AI Foundation」など発表
IT関連
2023-11-30 01:19
パナソニックの情報システム部門改革–CIOが語る「PX」のいま
IT関連
2022-07-05 08:42
Splunk、日本で可観測性サービスの提供を本格化–新戦略を聞く
IT関連
2022-08-18 15:14
Technosoft Automotive、日本市場に参入–「Dynamics 365」ベースの自動車ディーラー向けシステムを提供
IT関連
2023-07-05 07:07
内向的な性格の人に向いている、IT分野の10の仕事
IT関連
2022-08-24 22:14
SNSで個人情報探る「特定代行屋」 犯罪のリスクも
IT関連
2021-02-07 01:14
韓国のRiiidはソフトバンクの支援を受けてAIベースの学習プラットフォームをグローバルに拡大する
EdTech
2021-05-26 21:42
都議会議員選挙で空き情報配信サービス「VACAN」を練馬区が導入、期日前投票所の混雑情報をリアルタイムに可視化
IoT
2021-06-16 21:02
日立製作所、AWS上で構築できる「超高速データベースエンジン」のベストプラクティス構成を提供
IT関連
2023-11-17 04:14
豊田中央研究所が36cm角実用サイズ人工光合成セルで世界最高の太陽光変換効率7.2%を実現
EnviroTech
2021-04-23 00:18