フロントエンドにおけるフィーチャーフラグ標準化のための「OpenFeature Web SDK v1」がリリース。CNCFから

今回は「フロントエンドにおけるフィーチャーフラグ標準化のための「OpenFeature Web SDK v1」がリリース。CNCFから」についてご紹介します。

関連ワード (個別、展開、普及等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


ソフトウェアの機能追加や変更を行う際に、いきなり全ユーザーに新機能や変更を展開するのではなく、展開する範囲や時期をコントロールするための仕組みとして「フィーチャーフラグ」がしばしば用いられます。

例えば、最初は少数のユーザーにのみフィーチャーフラグをオンにすることで試験的に新機能を試し、問題がなければ全ユーザーに拡大する、といった場合などに用いられます。

クラウドネイティブの普及や推進のための団体「Cloud Native Computing Foundation」(CNCF)は、このフィーチャーフラグAPIの標準化を目指す「OpenFeature」プロジェクトを進めています。

フィーチャーフラグ標準化の目的は、フラグの集中管理

標準化が必要な理由は、フィーチャーフラグを集中管理のためです。

フィーチャーフラグを活用したソフトウェアが大型化して多くのフィーチャーフラグが設定され、さらにフィーチャーフラグが何種類ものソフトウェアで実装されるようになると、どのフィーチャーフラグがオンになっているのか、どのフィーチャーフラグで試験しているのかなどが分かりにくくなります。

そこで、フィーチャーフラグ全体を1つのダッシュボードなどで管理することが望まれます。そのためのAPIを標準化することがOpenFeatureプロジェクトの狙いです。

参考:フィーチャーフラグAPIの標準化を目指す「OpenFeature」がCloud Native Computing Foundationのインキュベーティングプロジェクトに昇格

同プロジェクトはこれまで主に、サーバサイドにおけるフィーチャーフラグの標準化に取り組んでいましたが、今回新たにWebアプリケーションのフロントエンド側におけるフィーチャーフラグの標準化を目指すソフトウェア「OpenFeature Web SDK v1」をリリースしました。

このSDKはWebのフロントエンドアプリケーションにおいてフィーチャーフラグを管理するためのベンダニュートラルなSDKであり、またこのSDKを元にReactに対応した「OpenFeature React SDK」も用意されています。

NEWS: @OpenFeature announces the 1.0 version of its Web SDK at #KubeCon + #CloudNativeCon Europe ?? https://t.co/3c2CkJbFYY pic.twitter.com/UqMTil1PWf

— CNCF (@CloudNativeFdn) March 19, 2024

OpenFeatureプロジェクトは、すでにリリースしているサーバサイドのフィーチャーフラグ管理用のソフトウェアと、今回のフロントエンド用SDKによって、Webアプリケーションのスタック全体に渡り、一貫したフィーチャーフラグの体験を開発者に提供できるとしています。

フロントエンドのフラグを管理する仕組みを搭載

OpenFeature Web SDKでは、フィーチャーフラグを集中管理するダッシュボードから見てネットワークの向こう側にあるPCやモバイルデバイスで動作しているフロントエンドのフラグを管理するための仕組みが組み込まれています。

具体的には、低速なネットワークを考慮したキャッシング機能や同期機能、高い耐障害性、フラグ値が古くなったことをアプリケーションに通知するためのイベントやコールバックの仕組みも用意されています。

今後はAngular、Vue、Svelteなどのフレームワークに個別に対応したSDK、Spotifyから寄贈されたOpenFeature Android SDK、OpenFeature iOS SDKなどもリリースしていくとしています。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Snapが同社のARグラスに技術を提供するWaveOpticsを545億円以上で買収
VR / AR / MR
2021-05-24 14:37
モンテール、基幹システムを超高速開発手法で刷新–業務部門の要望反映で操作性を向上
IT関連
2023-01-26 02:31
ヴイエムウェア、「CloudHealth」と「vRealize」をアップデート–マルチクラウド管理の支援を強化へ
IT関連
2021-03-19 14:36
第2回:オブザーバビリティが示す「共通指標」「共通言語」
IT関連
2023-12-07 09:18
経営基盤ソリューション「SuperStream-NX」、インボイス制度に対応
IT関連
2022-05-27 05:42
自宅でペットを観察しながら飼い主が医師と病状などを話し合えるプラットフォームThe Vetsが約46.1億調達
IT関連
2022-01-29 13:23
Yazawa Ventures、女性起業家向けインキュベーションプログラム「アントレジェネレーター」採択企業発表
IT関連
2022-01-19 00:01
AWS、「Amazon EKS Anywhere」のNutanix対応を発表。ハイパーコンバージド上でAmazon EKS Anywhere互換を実現
AWS
2022-12-23 19:57
NEC、マーケティング企業のCCIとAI活用の広告考査支援を実証実験
IT関連
2023-07-05 00:55
ウェルネス産業向け会員管理・予約・決済SaaSのhacomonoが20億円のシリーズB調達、エンジニア・デザイナーなど採用強化
IT関連
2022-03-03 15:47
インパーバ、小売業界のセキュリティトレンドを解説–“転売ボット”に注意
IT関連
2022-11-20 23:15
「Linux」でブラウザーを使わずにファイルをダウンロードするには
IT関連
2024-01-12 19:19
インフラ構成ツールの「Pulumi 3.0」正式リリース。APIでPulumiを呼び出し可能、クラウドのアップデートに即時対応など
Pulumi
2021-04-22 21:45
SBIホールディングス、AWSとの提携拡大–新生銀行などのクラウド化を加速
IT関連
2022-12-17 05:31