ウイングアークとスマートバリュー、自治体向けの公共施設予約システムを提供

今回は「ウイングアークとスマートバリュー、自治体向けの公共施設予約システムを提供」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ウイングアーク1stとスマートバリューは4月30日、自治体向け公共施設予約システム「ラクリザ」の提供を開始した。

 ラクリザは スムーズな予約を可能にするクラウド型予約システムで、施設の利用者/管理者双方のニーズに対応している。また政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)で認証済みのクラウド基盤で提供している。

 利用者は手元のスマートフォンから空き状況を確認でき、いつでも施設予約が可能となる。直感的に操作可能なシンプルなデザインを追求し、誰もが使いやすいユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス(UI/UX)を実現した。

 一方、施設管理者は運用体系や予約条件を任意に設定できるようになり、リアルタイムに予約状況や統計情報の把握ができる。データ収集から蓄積、分析、可視化、さらには報告に至るまで、データ活用を効率化する一連の機能を1つのプラットフォームで提供している。

 両社は、2022年11月から北九州市において、体育館を対象にした公共施設予約システムの試験導入を行い、調査を進めてきた。その結果、実際に調査アンケート回答者の73%を占める高齢者層のうち、85%がラクリザの使用に対してポジティブな満足度を示しているという。

 体育館の運用については、会議室等のシンプルな全面予約と違い、先着予約だけではなく抽選予約に対応が必要となる。また競技ごとに必要な広さが変動することもあり、さらに安全に配慮して隣接して実施できない競技を設定する必要も出てくる。そのため会議室などのシンプルな全面予約と違い、複雑な運用体系へのシステム対応が求められていたという。

 調査では、自治体が管理する公共施設の利用に当たり、市民は窓口での手続きが煩雑、あるいは予約受付が施設の開館時間に限られていることなどにより不便を感じていることが明らかになった。一方、施設管理者にとっても、施設ごとに細かく異なるルールの適用や、利用状況の集計などの業務が大きな負担となり、効率的な施設運営の課題が浮き彫りとなっていた。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Spotifyが独占公開とオリジナルのポッドキャストに自動文字起こし機能を追加
ネットサービス
2021-05-20 00:04
オリエ、次期情報系基盤に「Exadata Cloud@Customer」を採用
IT関連
2023-03-30 06:29
犬の肉球から心電図測定 AIがその場で心臓病を解析
ロボット・AI
2021-06-12 22:25
新「nasne」の価格決定にデータサイエンス活用 従来は「勘、経験、度胸で決定」
DX
2021-06-24 06:34
Electron代替を目指す軽量なフレームワーク「Tauri v2」β版リリース。iOS/Android対応など
HTML/CSS
2024-02-06 16:05
机を叩いた音と振動で入力するリストバンド「Acustico」 Facebookなど開発 :Innovative Tech
トップニュース
2021-02-04 02:18
AIモデルで地中の埋設物を高精度に探査–富士通らが開発
IT関連
2022-05-25 14:17
Customer.ioのホームページから学ぶコンバージョン率の改善方法
IT関連
2022-01-26 06:06
第11回(最終回):連載のふりかえり、アジャイルのこれから
IT関連
2023-11-08 16:18
商社の山善、自社負担でCO2排出算定アプリを販売店に展開
IT関連
2022-07-02 13:33
変化を味方につけた企業が勝者になる–日本リミニストリート・脇阪社長
IT関連
2024-01-06 15:53
インテル、かつて買収したアルテラを母体とするFPGA部門の分社化を発表、株式上場を目指す
FPGA
2023-10-05 03:10
身代金5億円?–サイバー攻撃の脅威と米国ETFの投資戦略
IT関連
2021-07-16 13:53
第50回:列伝10人目「森の中の副業型ひとり情シス」
IT関連
2022-09-23 15:07