日立建機、リアルタイムデジタルツインを開発–建設機械の自律操作に

今回は「日立建機、リアルタイムデジタルツインを開発–建設機械の自律操作に」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 日立建機とアプトポッド、ユニキャストは、建設現場の環境をリアルタイムにデジタル空間に再現する「リアルタイムデジタルツイン基盤」を開発したと発表した。建設機械の自律操作などを目指すとしている。

 日立建機によると、建設業界では少子高齢化と労働力不足により、自律型建設機械の開発に期待が寄せられている。同社は、人と機械の協働および安全性と生産性を両立する「協調安全」の施工現場実現を目指し、機械やセンシングで収集した情報、データに基づいて人への注意喚起や建設機械の制御を行い、現場全体の安全と生産性の高い施工に取り組んでいるという。

 このため日立建機は、2020年8月に自律型建設機械向けシステムプラットフォーム「ZCORE(ズィーコア)」を開発。2023年5月にアプトポッドに出資し、業務提携契約も締結して、デジタルツインによる施工現場全体の可視化と建設機械の自律運転を行うシステムを開発してきた。

 今回発表したリアルタイムデジタルツイン基盤は、日立建機の自律型建設機械と建設現場に設置されたLiDARやカメラなどによるセンサーシステムから収集するデータをIoT基盤経由で処理し、地形情報や建設機械の状態情報をデジタル空間上に3次元でリアルタイムに再現する。建設機械の位置と稼働情報、作業員の位置や生体情報、作業の進展による地形の変化など現場状況を仮想空間に再現して、遠隔地から人の個々の作業内容の調整や、現場で稼働する複数の建設機械の制御が行え、人と機械が共存する安全性の高い施工現場を実現するとしている。

 この開発では、日立建機が自律型の油圧ショベルとホイールローダーの提供および現場をデジタルツイン化するための要件定義、建設機械から収集したデータの通信制御、アプトポッドがIoT基盤「intdash」およびデータ収集に関するクラウドと3D空間表示アプリケーションの開発、ユニキャストがLiDARのデータから現場地形を3Dデータ化するソフトウェア開発をそれぞれ担当した。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
NVIDIAのGPUを使って生細胞の3Dシミュレーションを作成–イリノイ大学
IT関連
2022-01-25 12:58
「Snowflake Data Superheroes」選出の3人がデータ活用事例を披露
IT関連
2023-03-29 14:01
「Visual Studio 2022 for Mac」の正式リリース近づく。macOSネイティブUI搭載、Apple M1プロセッサ対応、サーバレスアプリ開発対応など新機能
.NET
2022-04-19 16:50
セキュアワークス、脅威対策基盤をさらに拡大–OT領域への展開も
IT関連
2023-10-26 05:13
「Linux」に音楽再生アプリ「Qmmp」「Clementine」をインストールするには
IT関連
2024-02-23 00:17
日本プラスト、人的資本経営の強化に向けて組織改善ツールを導入
IT関連
2023-05-12 02:53
サイバーレジリエンスを高めるための5つのステップ
IT関連
2022-06-07 20:10
凸版印刷とインフィック、センシングとAIで介護業務を支援–異常行動を検知
IT関連
2021-01-21 09:05
トランスコスモス、Google Cloud Contact Center AI を実装
IT関連
2021-08-05 20:45
コロナ患者191人分の氏名が埼玉県の公式ページで一時閲覧できる状態に 県が謝罪
社会とIT
2021-01-27 16:18
AIは気候変動よりも深刻な問題–AIの先駆者G・ヒントン氏が警鐘
IT関連
2023-05-10 09:12
日本IBM、現実とデジタルが融合する11業種のITアーキテクチャーを発表
IT関連
2022-07-16 00:02
「Linuxの父」トーバルズ氏が語ったリモートワーク、Rust導入、Linuxへの愛
IT関連
2022-06-29 11:32
「企業の共通課題が見えてきた」–オラクルのクラウド営業部隊が語る、現在地点
IT関連
2022-10-04 05:38