インテック、災害や障害に強い「最上級レジリエンス」のEDI基盤を提供開始

今回は「インテック、災害や障害に強い「最上級レジリエンス」のEDI基盤を提供開始」についてご紹介します。

関連ワード (ネットワーク等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 インテック(富山市)は5月14日、「最上級のレジリエンス」を実装したという新EDI(電子データ交換)サービス「EDIプラットフォームサービス」を発表した。同日から提供しており、システムの並列、分散、遠隔の稼働によって、万一の災害や障害でも「止まらないEDIサービス」を実現しているという。

 EDIプラットフォームサービスは、遠隔地の2拠点で常時並列稼働し、常時データを同期することで、災害時の目標復旧ポイント(RPO)を災害発生の直前に、災害時の目標復旧時間(RTO)を限りなくゼロにしているという。これには、同社独自の技術(特許取得:特許第6583975号)を活用しているとのことだ。

 また、無停止のメンテナンスも実現している。万一1つの拠点が被災などに遭っても運用を複数拠点にすることで、「止まらないEDIサービス」を可能にした。

 同サービスは、企業間で発生する受発注や出荷、返品、請求、支払いなどのデータ交換をワンストップで行うインターネットEDIで、マルチプロトコルにも対応する。同社の従来のEDIサービスでは、事業継続性のための災害復旧(DR)がオプションだったが、今回のサービスでは極めて高い可用性を標準的に備えているので、DRのオプションを採用する必要がないとしている。

 同社は、NTTグループでのPSTN網からIP網への移行に伴い、今後はインターネットEDIなどのサービス展開を推進して、企業顧客のEDI環境向上と顧客の本業での競争力強化を支援するとアピールする。EDIプラットフォームサービスの利用価格は個別見積もりで、従来サービスと同等程度になるとのこと。同社は2026年までに100社の新規利用を見込んでいる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「PUI PUI モルカー」初のスマホゲーム 7月中に配信へ
くらテク
2021-07-02 01:52
第1回:エンタープライズ適用が進むブロックチェーン
IT関連
2022-08-05 02:08
最大1億円をシード期スタートアップに投資、UTECが自由応募型事業化支援プログラムを開設・募集開始
VC / エンジェル
2021-05-19 19:10
大分三愛メディカルセンター、医療情報インフラを最適化–設置スペースは4分の1に
IT関連
2023-02-15 04:58
MS、「DALL-E 2」採用のデザインアプリ「Microsoft Designer」などを発表
IT関連
2022-10-14 03:01
セールスフォースに聞く、LGBTQ+の社員が「自分らしく」働ける職場づくり
IT関連
2022-05-17 19:18
リモートかハイブリッドの勤務を続ける企業は71%–働き方のトレンド調査
IT関連
2022-07-07 18:46
SaaS市場とセールスフォース、オラクル、SAPなど–主要クラウド動向2021年版(3)
IT関連
2021-04-05 06:49
変わりつつある働き方–ハイブリッドワークが定着の兆し
IT関連
2022-09-03 06:35
Kotlin 1.9.0リリース。生成されるWebAssemblyのサイズが10分の1、K2コンパイラがβ版に
Kotlin
2023-07-11 17:45
日立とニッセイ情報、ブロックチェーンによるデータ連携システムを共同検証
IT関連
2022-12-22 15:15
脆弱性管理クラウド「yamory」、ウェブアプリとクラウドインフラ向けに新機能
IT関連
2022-08-26 11:35
ミロク情報サービス、AIチャットサービスを開発–グループでの運用を拡大
IT関連
2023-11-17 21:28
従来型のオンプレミスのみをサポートするベンダーは市場から消滅しつつあり、ほとんどの日本企業にとって事態は相当に深刻。ガートナーが指摘
業務アプリケーション
2024-03-09 23:43