パナソニックHD、AIモデルの弱点克服で多現場展開を効率化する技術を開発

今回は「パナソニックHD、AIモデルの弱点克服で多現場展開を効率化する技術を開発」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 パナソニック ホールディングスは、AIモデルが見落としたデータに着目することで、少ない学習データでも高精度なAIモデルの横展開を可能にする技術を開発した。

 この技術は、画像認識AI開発において、AIモデルが見落としたデータも考慮できるアルゴリズムで構成され、「AIが見落としてしまう可能性(検出不能性)」を考慮した「FNPM(偽陰性予測モジュール)」を統合している。車載カメラのベンチマークデータセットでの評価実験では、新環境データのうちわずか5%の画像にラベル付けするだけで、全データにラベル付けした場合と同等の認識性能を確認したという。

 画像認識AIの現場導入は、個別開発から開発済みモデルの横展開による効率化へとシフトしているが、撮影条件の違いによる認識性能低下が課題だった。通常、認識性能向上には新環境での大量の教師データが必要で、コストと時間がかかる。

 そこで注目されているのが、「アクティブドメイン適応法」で、AIが学習に効果的なデータを選出し、少量のラベル付けで全データにラベル付けした場合と同等の効果を得る手法だ。

 しかし、この手法では、未検出の物体(偽陰性エラー)の増加が精度低下の要因となることが判明した。そこで、今回開発した技術では、各画像の検出不能性を評価するFNPMを導入し、未検出物体を含むAIモデルにとって「予測結果に自信がない」画像を優先的に選出できるようにした。

 同社は、この技術をサプライチェーンマネジメント、サーベイランス、車載センシングなどの分野におけるAIモデルの多現場展開に活用していく考えだ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
CISA、「既知の悪用された脆弱性カタログ」に1週間で75件追加
IT関連
2022-05-31 11:23
JR東日本、時速360キロの新幹線から5Gで8K映像伝送などに成功
IT関連
2021-01-28 16:51
イオンカード「ときめきポイント」が「WAON POINT」に変更 1ポイント単位で使用可能
ネットトピック
2021-07-09 11:29
「いまだかつてない方法でデータを捉え、知見を導き出す」–日本オラクル
IT関連
2024-02-10 19:10
トランプ派のためのSNS「Gettr」は早くも混乱状態
ネットサービス
2021-07-08 05:03
AIのターニングポイント?–AIの世界は大手クラウドが支配するのか
IT関連
2022-04-19 14:22
組織ごとのセキュリティ対策では困難な時代に–トレンドマイクロが総括
IT関連
2024-01-11 23:59
フォルクスワーゲン金融子会社、「Exadata Cloud@Customer」を導入
IT関連
2023-05-04 21:18
「Windows 10 21H1」、さらなるデバイスを自動アップデートの対象に
IT関連
2021-06-25 18:26
【コラム】DAOに未来を任せられるか?今のところは無理だ
IT関連
2022-02-09 21:59
アクティオと大成建設、山岳トンネル工事の設備を監視する新システム
IT関連
2022-05-14 17:18
小さな企業でも突然のシステム障害に迅速に対処できるようにするStackPulseが29億円調達
ネットサービス
2021-01-21 15:05
Apple、価格表示を「税込」に変更 4月1日からの「総額表示」の義務付けに対応
IT関連
2021-03-31 14:00
「監督官庁からの天下りは人的わいろ」 SBG孫社長、“会食問題”など業界内の官民癒着を批判
企業・業界動向
2021-05-13 20:10