トライポッドワークス、モビリティーと建設向けIoTビジネスにフォーカスした理由

今回は「トライポッドワークス、モビリティーと建設向けIoTビジネスにフォーカスした理由」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営、デジタル岡目八目等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 IoTデバイスを活用したITサービスとセキュリティ関連ビジネスを展開するトライポッドワークスが、IoT活用のターゲットをモビリティーと建設に絞り込んで、事業拡大を図る方針を打ち出した。

 2005年に創業した同社は、ドローンなどを活用したIoTビジネスを模索してきたが、「マネタイズが難しい。新しい技術が出てくると、行政や大手企業などが実証実験(PoC)するが、時期尚早となり、ビジネスにならない」と同社 代表取締役社長の佐々木賢一氏は、行政や大手企業に振り回されてきたと話す。

 そうした中でも、幾つかビジネスに結び付く分野が見えてきた。それがモビリティーと建設だ。モビリティーは自動車にセンサーを取り付けて、データを収集・分析し、活用する。建設はIoTカメラによる映像の解析、活用になる。同氏は「そこにフォーカスし、それ以外はやらない」のだという。

 理由は、建設がモビリティーの1つであり、運輸もいわば人海戦術の業種ということにある。また、労働人口が減少する中で、人材の採用はますます難しくなっている業界でもある。両業界とも仕事が増える一方、ネット通販の利用拡大によって物流量が急増する運輸は、モノをどのように効率的に運ぶのかが喫緊の課題だ。建設においても、建物のメンテンナンスなど小規模な工事が増加している。しかし同氏によると、「自動化はまだ先のこと。省力化も限定的で、どうしても人が必要になる」という。

 さらに働き方改革を迫られており、その対応時間の猶予のない業種でもある。仕事量が増加するにもかかわらず、労働時間が限られ、かつ安全性の担保を求められる。これまでのようなスキルを持つ人材を雇えなくなれば、事故が起きる可能性が高まるかもしれない。そのため、「政府は働き方の制度を改革する一方、ITで生産性と安全性を上げる仕組みを後押ししている」のだと佐々木氏は説明し、加えて「同じPoCでも、この2つはビジネスにつながりはじめている」という。そこで、同社は建設や運輸の現場にセンサーを取り付けて、さまざまな情報を取得し、生産性と安全性の向上を図ることができるITサービスの共同開発を提案している。

 例えば、住友ゴム工業と共に、タイヤにIoTデバイスを組込んだバスやトラック向けのクラウドサービスを共同で開発、提供し始めているという。タイヤの空気圧や温度などを監視し、日々の点検作業を軽減する一方で安全性を向上させる。

 佐々木氏によると、「12輪ある大型トラックの点検は1台当たり15分かかる。それが10台、20台あればドライバーにも運転管理者にも負担がかかる」と指摘する。センサーからクラウドに空気圧だけではなく、摩耗や脱輪などと関係のあるデータを取得できれば、安全性はより増す。こうしたサービスの拡充や、タイヤの個体管理を実現できれば、新たなビジネスが生まれることも期待できるだろう。

 もう1つは、自動車用品販売を展開するオートバックスセブンと共同開発した、ドライバーのアルコール検査を遠隔地から行えるクラウドサービスだ。同氏によると、消費者らに車関連商品を店舗販売する同社にとって、企業間取引(B2B)へ進出する最初のITサービスになったという。社用車の管理サービスも共同で開発している。

 実は、これらクラウドサービスは、センサーとエッジサーバーからデータを集める車両向けIoTプラットフォームを応用したもので、タイヤにセンサーを付けたり、アルコール検査のセンサーを付けたりし、異なるアプリケーションに仕立てているという。「そして、その分野に強い企業と組んで、幅広くデリバリーするのが当社の戦略になる」と佐々木氏はいう。

 例えば、トライポッドワークスがタイヤにセンサーを安全に取り付けて、全国展開するノウハウも力もないだろう。だからこそ、住友ゴムやオートバックスと関係を深めるために資本提携をするという。出資は数%程度だが、先行投資型の同社にとって資金調達の有効手段の1つにもなっている。「機密性の高い関係をつくるためにも出資してもらう」と同氏は述べる。

 違う言い方をすると、「システムを作って終わりではない」ということ。レベニューをシェアする。もちろん、トライポッドワークスもシステム開発に投資し、その運用・維持費を負担するという。サービスを売る主体が協業企業、システム作りがトライポッドワークスという役割で、ビジネスを一体で展開する。つまり、同社はシステム開発を請け負っているわけではない。

 佐々木氏によると、ユーザーの成功や失敗とは関係なしに、収益になる受託開発のビジネスモデルは不自然で、「売れたら、当社がもうかる。売れなければ、当社は投資で終わる」。それが真のITサービスということだろう。

 日本オラクルで東北支社長を務めた佐々木氏が、東北出身らの優秀な技術者の受け皿として2005年に立ち上げたトライポッドワークスは、従業員約50人、売り上げ約14億円の規模になり、第3、第4のパートナーと仕掛ける時期が近づいているように思える。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
東京都水道局、都内26カ所にIoT流量監視装置を設置—日立システムズが支援
IT関連
2023-06-09 01:05
企業事務サービスWorkdayが従業員フィードバックのプラットフォームPeakonを約733億円で買収
ネットサービス
2021-02-01 17:03
5年保存できるポテチ、湖池屋が開発した理由
くらテク
2021-07-28 06:44
Chromeのバージョンが100に、ベータ版が公開。マルチスクリーン対応の新機能、Webサーバ側でのブラウザ判別処理にご注意
Chrome
2022-03-07 07:27
「Microsoft Excel」のXLLアドインを用いるフィッシング攻撃が急増
IT関連
2022-01-29 04:29
そごう・西武とRidgelinez、バーコードなどに依存しない単品在庫管理のデジタル化へ
IT関連
2023-08-09 01:06
Publickeyが関連記事の動的生成をPHPとJavaScriptとMovableTypeで実装した方法とは?
編集後記
2023-09-01 10:02
日経平均銘柄企業でなりすましメール対策の導入増加–ドメイン対応に課題
IT関連
2022-05-21 13:35
ServiceNowの製造業向けソリューション–「Single Systems of Action」で司令塔の役割を果たす
IT関連
2022-04-22 23:09
首輪型猫用ロギングデバイス「Catlog」が猫の食事バランスを見守る「Catlogフードケア」開始
ヘルステック
2021-05-25 19:06
[速報]文書のレイアウトやフォントはそのままAIで135カ国語に翻訳する「Translation Hub」、Google Cloudが発表。Google Cloud Next '22
Google Cloud
2022-10-12 08:23
米政府機関、ブラックベリー製品の脆弱性で注意喚起
IT関連
2021-08-18 01:33
ユーザーがクラウド事業者に求める役割は“競合”ではない–アカマイ
IT関連
2024-03-29 10:20
Spring Framework 6.0正式リリース、5年ぶりのメジャーバージョンアップ。Java 17以降に対応、ネイティブバイナリ化支援機能など
Java
2022-11-28 13:19