RubyのJava実装「JRuby」、大口スポンサーのRed Hatが離脱で新たなスポンサーや寄付を募集。有償サポートも開始

今回は「RubyのJava実装「JRuby」、大口スポンサーのRed Hatが離脱で新たなスポンサーや寄付を募集。有償サポートも開始」についてご紹介します。

関連ワード (企業、専任、貢献等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Ruby言語のJavaによる実装である「JRuby」の開発者が、新たなスポンサーや寄付などを募集していることを明らかにしました。

これは長年にわたってJRubyの大口スポンサーであったRed Hatから、支援の停止の通知を受けたことがきっかけとなっています。

There’s big news in the JRuby world: tomorrow is JRuby’s Independence Day! Developer @headius has committed to fighting for JRuby users and he needs your help. Read his post to the JRuby Blog and follow your heart. JRuby needs you! https://t.co/HtAUvbWmi7

— JRuby Dev Team (@jruby) July 3, 2024

JRubyの主要な開発者であるCharles Oliver Nutter氏がJRubyのブログに投稿した記事「The JRuby Blog : Independence Day」で、次のように状況を説明しました。

We recently received notice that after 12 years of support, JRuby funding at Red Hat would conclude. Recent reorganization has changed priorities, and unfortunately there’s no place for ongoing sponsorship of projects like JRuby. As of July 4, 2024, my employment at Red Hat will end, and by the end of this month there will be no salaried employees dedicated to JRuby.

私たちは最近、12年にわたってサポートをしてくれていたRed Hatから、JRubyへの資金提供を終了する旨の通知を受け取りました。同社の最近の組織再編によって優先順位が変わり、残念ながらJRubyのようなプロジェクトへの継続的なスポンサーシップを行う余地がなくなってしまったとのことです。 2024年7月4日をもって私のRed Hatでの雇用は終了し、今月末にはJRuby専任として給与を受け取る従業員はいなくなります。

そしてこのブログ記事のタイトルが「Independence Day」(独立記念日)とあるように、「I’m not giving up without a fight. It is still my goal to build the most scalable, most stable, best-possible Ruby runtime for the JVM.」(私はまだあきらめていません。もっともスケーラブルで安定した可能性を持つJVMランタイムのためのRubyを作るという目標をまだ持っています)として、今後もRubyの最新バージョンであるRuby 3.4のフルサポート、Rails 7.1のサポートなどをこれからリリースするJRuby 10で実現するとしてます。

GitHubスポンサーと有償サポートを開始

そのためにCharles Oliver Nutter氏はGitHubスポンサーのページを開設。多くの企業や個人にスポンサーになってほしいとの呼びかけを開始しています。

ちなみに最初のスポンサーは、Shopifyだったとのことです。Shopifyは自社サービスをRailsで構築していることで知られており、このところRubyコミュニティへの貢献が目立っている印象です。

fig

Charles Oliver Nutter氏はまた、初めてJRubyの有償サポートを行うことも発表しました。同氏がそのために設立した「Headius Enterprises」に直接連絡できる「JRuby Support by Headius」プラン、メールでサポートなどを受けられる「JRuby Pro Support」プラン、優先的なバグ対応などを得られる「JRuby Enterprise Support」の3つが用意されています。

こうした新たなスポンサーやサポートユーザーの獲得による資金的援助が得られることを期待したいところです。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
会計自動化スタートアップのGeorgesが44億円調達、ブランドも「Indy」に変更
ネットサービス
2021-01-24 02:27
5Gを利用して家庭に広帯域無線インターネットを提供するWeLinkが約192億円調達
ハードウェア
2021-02-26 13:59
日本オラクル、「MySQL HeatWave Lakehouse」を国内向けに説明–2023年前半に一般提供へ
IT関連
2022-12-18 13:11
Odys Aviation(旧Craft Aerospace)が「吹き出し翼」を採用するユニークなVTOL旅客機で14.3億円調達
IT関連
2022-02-13 05:57
食料品店従業員の腰を守る外骨格のパイロット試験を経てVerve Motionが約16.5億円調達
ロボティクス
2021-07-17 12:08
IT資産やインフラに対する可視性はどれほどか–Flexera調査
IT関連
2021-07-03 17:19
パナソニック コネクトが戦略的投資を続行するBlue Yonder
IT関連
2023-11-02 05:55
Facebookユーザー5億人超の情報がハッカーフォーラムに流出との報道
IT関連
2021-04-05 12:31
都内でも“国立”は再開 緊急事態宣言の対応割れた博物館、美術館
くらテク
2021-05-11 04:20
社員一人ひとりがしっかりと成長して顧客の期待に応える–テラスカイ・佐藤社長
IT関連
2023-01-06 13:25
アフリカ、ラテンアメリカ、インドなどの新興市場では決済、融資、ネオバンクがフィンテック業界を掌握
フィンテック
2021-05-25 03:25
Flutter 3.7正式リリース。スクリーンサイズにUIレイアウトが自動対応、GPU活用による高速描画エンジン「Impeller」がプレビューに
Dart
2023-01-30 08:09
インド最高裁がFutureとRelianceの3740億円の取引を停止する判決、アマゾンを支持
その他
2021-08-09 12:23
パロアルトネットワークス、深層学習採用の次世代ファイアウォールを投入
IT関連
2022-03-24 02:45