デュポンとVCはリチウム採掘が電動化が進む未来に向けての超重要な投資先だと考える

デュポンとVCはリチウム採掘が電動化が進む未来に向けての超重要な投資先だと考える サムネイル

今回は「デュポンとVCはリチウム採掘が電動化が進む未来に向けての超重要な投資先だと考える」についてご紹介します。

関連ワード (DuPont、バッテリー、リサイクル、リチウム等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


「採掘(マイニング)」は、テック業界では数年前から暗号資産と同義になっている。ビットコインは5万ドル(約5万3000円)の壁に穴を空け、GPUとASICは分散型暗号資産の恩恵に賭けて、世界中でハッシュ関数のシェア獲得合戦を繰り広げている。その興奮は、皮肉なことにベンチャー投資資金と起業家の思考をマイニング1.0(実際の鉱物資源の採取)に引き戻そうとする力に油を注いでいる。

関連記事:ビットコインが初めて5万ドルの壁を突破、Coinbaseの直接上場が迫る

中でも注目を集めるターゲットはリチウムだ。スマートフォンや電気自動車のバッテリー、さらには現代生活の利便性や産業の重要な部分を担うほぼすべての電気製品に欠かせない素材だ。中国は、自国のリチウムの採掘業とバッテリーの製造業が現在のところ世界をリードしていると考えている。それは、長年にわたるリチウムの供給統制と、世界の需要に応えるための大量生産能力の拡大を推進してきたおおかげ。だが米中関係の緊張が高まり、また世界がますます基盤システムの電動化を進めるようになるにつれいぇ、企業は別のサプライヤーを競って求めるようになった。

DuPont(デュポン)が抽出技術の実用化を推し進めているのは、そのためでもある。

水のろ過と浄化サービスを提供するDuPont Water Slutions(デュポン・ウォーター・ソリューションズ)は、リチウム採掘技術の開発と再生可能エネルギー事業を行うVulcan Energy Resources(バルカン・エナジー・リリソーセズ)と手を組み、リチウムの新しい直接抽出方式の試験を行うことにした。

現在、リチウムの採掘方法は、どう控えめにいっても環境に悪い。毒性の化学薬品を大量に使用し、水資源の汚染を拡大している。ドイツのアッパーライン渓谷で準備中のこの新しい合弁事業では、DuPontのリチウム直接抽出製品とろ過に関する専門知識を活かして、リチウムの採掘と精製を環境にやさしいかたちで行うものだと、同社は話している。

バルカンの業務執行取締役であるFrancis Wedin(フランシス・ウェディン)博士は、声明の中でこう述べている。「大きなスケールで製造されるDuPontの多様な製品群は、持続可能な方法でブラインからリチウムを抽出する方式への高い適応性を示しています」。

DuPontでは、この技術を鉱業全体に押し広げ、吸着剤、ナノろ過技術、逆浸透フィルター、イオン交換樹脂、限外ろ過、閉回路逆浸透などの同社のポートフォリオにある製品を広範な顧客グループに利用してもらおうと考えている。

DuPontがリチウム採掘事業に本格的に乗り出したことで、独自のリチウム抽出技術を開発したLilac Solutions(ライラック・ソリューションズ)などのスタートアップは、激しい競争に捲き込まれることになるだろう。Lilacは、カリフォルニアで最も環境汚染が深刻なソルトン湖でリチウムブラインの鉱床(プール)の開発を行うため、オーストラリアのControlled Thermal Resources(コントロールド・サーマル・リソーシズ)と提携した。

2020年はオークランドのスタートアップが、Breakthrough Energy Ventures(この人たちはどこにでも顔を出す)、MIT傘下の投資会社The Engine(ジ・エンジン)、設立当初からのUber(ウーバー)の投資家Chris Sacca(クリス・サッカ)氏の比較的新しい気候変動に特化した投資会社Lowercarbon Capital(ローワーカーボン・キャピタル)の主導による2000万ドル(約21億円)の投資を獲得したと発表している。

Lilacの他にも、ソフトウェアによって抽出企業の事業が効率化されるのにともない、ベンチャー投資金(暗号資産ではない)が、マイニングビジネスに流れ込んでいる。注目を集めた投資先には、ハイテク技術で鉱床を探し出すKoBold Minerals(コボンルド・ミネラルズ)がある(これもまたBreakthrough Energy Venturesのポートフォリオ企業)。この会社は、ビッグデータと機械学習を活用して有望な鉱床の選定を支援する。また、宇宙から衛星を使って鉱床探索を行うLunasonde(ルナゾンデ)もそうだ。

この他のリチウム問題のソリューションも、投資家たちの関心を集めている。バッテリー技術に投資するVolta Energy Technologies(ボルタ・エナジー・テクノロジーズ)の創設者であり最高責任者のJeff Chamberlain(ジェフ・チャンバーレイン)氏は、もう1つのソリューションを「都市鉱山」に見いだしている。つまり、使用済みリチウムイオンバッテリーのリサイクルだ。鉛蓄電池は、何十年も前から部品のリサイクルが行われてきた。チャンバーレイン氏は、リチウムイオンのサプライチェーンも、今ある資源の再利用がより効率的に行われるよう進化することを期待している。

チャンバーレイン氏の考えが正しいことを実証しようとする企業も数多い。米国時間2月16日、特別買収目的会社(SPAC)を通じて株式公開を果たしたLi-Cycle(リサイクル)もその1つだ。同社の評価額は、この時点で16億7000万ドル(約1770億円)と見積もられている。

一方、非公開またはベンチャー投資家が支援するスタートアップも、別のリサイクルソリューションを開発している。マサチューセッツのウースター工科大学からスピンアウトしたBattery Resourcers(バッテリー・リソーサーズ)は、回収したスクラップから新しい陰極材料を作り出すことに特化している。シンガポールのGreen Li-ion(グリーン・リアイオン)もまた、リチウムイオンバッテリーのの陰極を製造するリサイクル工場を開設しよううとしている。2016年に元Tesla(テスラ)の幹部によって創設されたスウェーデンのバッテリースタートアップNorthvolt(ノースボルト)は、すでにリサイクルの実験工場を稼働させている。

もう1つ、J.B. Straubel(ジェイ・ビー・ストローブル)氏がネバダに創設したスタートアップRedwood Materials(レッドウッド・マテリアルズ)もある。これは、Amazon(アマゾン)のClimate Pledge Fund(気候誓約基金)を通じて資金援助を受けた最初の企業の1つだ。

「究極的には、石からリチウムを抽出しなければならないことはないのです。ブラインプールや都市鉱山からもリチウムは採れます」とチャンバーレイン氏は話す。これは「マイニング1.0バージョン2」といえる。だがまさにそれが、気候の未来を確実に安定させたいと私たちが願ったとき、この世界が投資すべき分野だ。

関連記事:アマゾンとパナソニックが注目するバッテリーリサイクルスタートアップRedwood Materials

画像クレジット:SeppFriedhuber / Getty Images


【原文】

“Mining” has become synonymous with crypto the past few years in the tech industry, what with Bitcoin piercing the $50,000 barrier and GPUs and ASICs worldwide scrambling to hash functions in a bid for distributed crypto manna. That excitement belies an increasingly energetic push though to bring VC dollars and entrepreneurial acumen back to Mining 1.0 — actual meatspace resource extraction.

One of the key target resources is lithium, a critical component for smartphones, electric vehicle batteries and nearly every other electric tool of modern convenience and industrial import. China through its mining companies and battery manufacturers is currently in the lead, thanks to a years-long push to control both the supply of lithium and develop massive new manufacturing capacity to meet global demand. As tensions rise between China and the United States however, companies are racing to find alternative supplies as the world transitions to more electric-based infrastructure systems.

That’s one reason why DuPont is making a push to prove out its extraction technologies.

The water filtration and purification service provider DuPont Water Solutions has teamed up with Vulcan Energy Resources, a developer of lithium mining and renewable energy projects, to test a new process for direct lithium extraction.

Current processes for mining lithium are bad for the environment (to put it mildly), involving heavy use of toxic chemicals and increasingly scarce water resources. This new joint project, which is being developed in the Upper Rhine Valley of Germany, would tap DuPont’s direct lithium extraction products and filtration expertise to mine and refine lithium in a more environmentally friendly way, the company said.

Dr. Francis Wedin, managing director of Vulcan, said in a statement that “DuPont’s diverse set of products, which can be manufactured at scale, are likely to be well-suited to sustainably extract the lithium from the brine.”

DuPont is hoping to push the technology out across the mining industry and make its portfolio of sorbents, nanofiltration technologies, reverse osmosis filters, ion exchange resins, ultrafiltration and close-circuit reverse osmosis products available to a wider group of customers.

A push by DuPont to become more involved in the lithium-mining business will heighten competition for startups like Lilac Solutions, which has developed its own technology for lithium extraction. The company has partnered with an Australian company, Controlled Thermal Resources, to develop lithium brine deposits in the Salton Sea, which is among California’s most blighted environmental disasters.

Last year, the Oakland-based startup announced a $20 million investment led by Breakthrough Energy Ventures (those folks are everywhere), the MIT-affiliated investment firm The Engine and early Uber investor Chris Sacca’s relatively new climate-focused fund, Lowercarbon Capital.

Outside Lilac, there’s been a stream of VC dollars flowing into the (non-crypto) mining business as software helps extraction companies operate more efficiently. Notable investments include high-tech prospectors like KoBold Minerals (another Breakthrough Energy Ventures portfolio company), which uses big data and machine learning to help pick better targets for mines, and Lunasonde, which prospects from space using satellites.

Other solutions to the lithium problem are attracting investor attention, too. For Jeff Chamberlain, the founder and chief executive of the battery technology investment firm Volta Energy Technologies, an alternative may be found in “urban mining,” or the recycling of used lithium-ion batteries.  For decades, lead-acid batteries have been recycled for their component materials, and Chamberlain expects that the lithium-ion supply chain will evolve to support more efficient reuse of existing materials as well.

There’s a slew of companies trying to prove Chamberlain right. They include businesses like Li-Cycle, which yesterday announced that it would go public through a special purpose acquisition company (SPAC) in a deal that would value the company at $1.67 billion.

Meanwhile, privately-held and venture-backed startups are developing other recycling solutions. Battery Resourcers, a spinout from Massachusetts’ Worcester Polytechnic Institute, is focused on making cathode power converters from recycled scrap. Singapore-based Green Li-ion is another company that’s opening a recycling plant for lithium-ion battery cathodes, and Northvolt, a Swedish battery startup that was founded by former Tesla executives in 2016, already has an experimental recycling plant up and running.

Finally there’s J.B. Straubel’s Nevada-based startup Redwood Materials, which was one of the first companies to receive funding from Amazon through its Climate Pledge Fund.

“Ultimately we won’t have to extract lithium out of rock. We can extract lithium from pools and using urban mining,” said Chamberlain. Call it Mining 1.0, Version 2 — but it’s just the kind of investment our world needs if we are going to secure a better climate future.

(文:Jonathan Shieber, Danny Crichton、翻訳:金井哲夫)

バッテリー基礎知識|AUTOBACS.COM

バッテリーはエンジンの始動やエアコン・カーナビなどを動かすために無くてはならない大切なパーツです。最近のクルマは電気を使うパーツが増えているため、バッテリーの重要性と負担はますます高まっています。 バッテリーには同じ構造でも車両にあわせたさまざまなサイズ・容量があります。

価格.com - カーバッテリー | 通販・価格比較・製品情報

カーバッテリーを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!

バッテリー・バッテリー充電器 - 通販 | Amazon.co.jp

自動車用バッテリー、バイク用バッテリー、バッテリー充電器の販売は、オンライン通販Amazon.co.jp。 配送料無料(一部除く)。自動車用バッテリー、バイク用バッテリーからバッテリー充電器まで。Panasonic(パナソニック)、BOSCH(ボッシュ)ほか、国内外の有名ブランドが種類豊富。Amazonモバイルスマートフォン用アプリもご利用いただけます。

車のバッテリー - 通販 | Amazon.co.jp

車のバッテリーの販売は、オンライン通販Amazon.co.jp。 配送料無料(一部除く)。Panasonic(パナソニック)、BOSCH(ボッシュ)ほか、GSユアサ(ジーエスユアサ)ほか国内外の有名ブランドが種類豊富。Amazonモバイルスマートフォン用アプリもご利用いただけます。

車・バイク用バッテリーならジーエス・ユアサ バッテリー

自動車用バッテリー国内シェアNo1・バイク用バッテリーグローバルシェアNo1のジーエス・ユアサのバッテリー。世界19カ国37拠点でバッテリーを提供し、車やバイクの他にも農機・建機・ウォータークラフト・スノーモービルなどさまざまな二次電池を取り扱っています。

パナソニックカーバッテリー | Panasonic

動画コンテンツ バッテリーに関する 様々な動画が満載。詳しく見る 詳しく見る サウンドクオリティ カオスの性能は、 カーオーディオの音質まで 変えてしまう。詳しく見る 詳しく見る カオスの歴史 商品の変遷から、 様々な賞を受賞してきた

バッテリー一覧(製品情報)|ジーエス・ユアサ バッテリー - GS …

バッテリー一覧ページです。自動車用バッテリー国内シェアNo1・バイク用バッテリーグローバルシェアNo1のジーエス・ユアサのバッテリー。世界19カ国37拠点でバッテリーを提供し、車やバイクの他にも農機・建機・ウォータークラフト・スノーモービルなどさまざまな二次電池を取り扱っています。

バッテリー - Wikipedia

バッテリー (小説) - あさのあつこ の小説、およびそれを原作とした派生作品。. マーチングバンド の中で、 マーチングスネアドラム 、 マルチタム 、 マーチングバスドラム 、 マーチングシンバル などフィールド上を動く 打楽器 の総称。. 楽譜 において、2音間の トレモロ のこと。. ヘヴィメタル・バンド、 メタリカ の曲。. アルバム『 メタル・マスター 』に収録 ...

カーバッテリーの種類と外径寸法・品番の見方 【通販 ...

バッテリー交換の際は、性能の数値は大きくしても問題なく、逆に容量がアップしいい影響を与えますが、他の数値や記号を変えると車に装着できなくなることがあります。

車のバッテリーの寿命の見極め方、交換時期の判断方法 [カー ...

車のバッテリーの寿命を判断するには、専用のテスターを使う方法が確実ですが、日頃の運転パターンや車のコンディションからもバッテリー劣化の度合いを測ることができます。車のバッテリーの一般的な寿命や、交換時期の判断方法などを解説します。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
2021年に押さえておきたい8つのアナリティクス業界トレンド
IT関連
2021-01-25 22:03
現場状況を遠隔地と共有可能な「コネクテッドワーカーソリューション」のフェアリーデバイセズが10.2億円調達
ネットサービス
2021-02-26 09:33
Linuxとオープンソースが火星の空を飛ぶ–火星ヘリコプター「Ingenuity」
IT関連
2021-02-26 22:43
SPACE WALKERがプレシードエクステンションラウンド総額として1.4億円を調達
宇宙
2021-01-26 19:29
機械学習のベストプラクティスを磨く基礎知識が身につく、『Rによる機械学習[第3版]』発売
IT関連
2021-02-10 08:20
アバターロボットでカップヌードルミュージアム見学
IT関連
2021-02-16 16:11
インテル、経営トップ交代へ–元CTOのP・ゲルシンガー氏が新CEOに
IT関連
2021-01-15 20:16
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-01-15 20:16
今週の記事ランキング(2021.2.21〜2.25)
IT関連
2021-02-27 06:34
めん類、丼もの、点心を作ってくれるYo-Kai Expressの家庭用スマート自動調理器「Takumi」
ハードウェア
2021-01-14 19:55
NSAが社内ネットワークでのDoHの利用に警告
IT関連
2021-01-19 16:49
「デイリーポータルZ」4月から東急メディア傘下に 林編集長「これからの展開にご期待ください」
ネットトピック
2021-02-26 00:04
コロナ禍で著しく変化した「インサイドセールス/オンラインセールス カオスマップ2021」が公開
ネットサービス
2021-01-27 01:22
Azureを使ったクラウドネイティブ開発事例–マイクロソフトの取り組み
IT関連
2021-02-03 20:45
ウェブブラウザーだけでXR空間を構築できる「STYLY」を手がけるPsychic VR Labが9億円調達
VR / AR / MR
2021-02-27 20:54
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-02-27 20:54